<   2005年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

徳永と兵藤

きのうはふたりと半日一緒にいた。
ていうか、オラに付き合ってもらったといったほうがいい。
マリノスの練習に参加しての最終日に昼飯食おうと誘った次第である。

うちの中学生が練習していたので、グランドに寄った。
b0005596_712155.jpg

こういう顔ってとってもいいなあ。
こんなに嬉しそうな顔っていいじゃない。
b0005596_735580.jpg

こういう出会いがあって、その選手のプレーを見たら、サッカー好きになるし、本人もうまくなる。
会ってすぐの写真、たぶん2分も経ってないだろうがなんでみんなにこにこなんだろう。
徳永も兵藤もにこにこでとってもいい。
マリノスのグランド入り口でファンの方がふたりを撮っていたがこんな雰囲気ではなかった。
やっぱり、サッカーやってるもの同士って分かり合えるなにかがあるのかな。
全員すばらしい笑顔でいいずらよ
b0005596_7362824.jpg

まあ、これは付け足しみたいなもんですな。

その後、石川監督もいっしょに千代崎町の李園に行くが、まあその時の事は、次の機会にするだいね。
えらく、喜んでくれた事だけは間違いない。

それから、こういう明るい笑顔が絶えない日常があると、ぜったいへんなこどもにはならないなというのをこの写真で感じた。
こんどはふたりにグランドで一緒にボールを蹴ってもらおう。
もっとサッカー好きになるし、うまくなる。
by gsfc_aoshima | 2005-07-31 07:13 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

ザスパの賢持社長

 ザスパの賢持社長が辞任されたとの報道有り。
記者会見の内容はチーム公式サイトから抜粋すると以下のようだ。


「昨年から何度か辞任することを考えておりましたが、2期連続の赤字という事もあり、来季のことを考慮致しますと、今この時期に辞任するのが最善と決意いたしました。
大西GM、植木前総監督、奥野前監督と作ったザスパ草津の理念、コンセプトは不変と思っております。
このクラブは皆様に支えられながらやっていかなければならないクラブです。
ちょっとでもザスパ草津に関心を持っていただくところから始まって、ちょっと見に来てもらえたら、そして最終的に皆さんの手で日本屈指のクラブに育てていただけるようお願い申し上げます。」                                         
                                                                                                    以上

とっても残念だ。昔から知ってるだけに、余計だ。
草津の温泉組合から相談を受け、今は鹿島にいる奥野を監督にして、立ち上げたのはいつだったか、忘れた。
原田武男(Vファーレン長崎)の代理人をしていたので、東京の事務所にも寄らしてもらった事がある。
若いのに頑張ってるなという感じがした。
ザスパの創設と、選手の雇用関係では温泉組合とうまくタイアップして成功した。
同じような事は水戸の創設期に石山社長がやってたのも覚えている。
チームに金がないから、とりあえずの最低限のオマンマ食べれる就職口を斡旋するのである。
ザスパの場合、ちいさな町だけに、資金的な面と、観客の増加という枠組みの中でなかなか苦労があったのかな。
練習は草津でしても、試合会場は前橋近辺だし、選手も前橋から今後もはいってくるだろう。
そういったジレンマやらプレッシャーもあったのかな。

とにかく、ユニクロやら、その他の企業さんをスポンサーに引っ張ってきたのは賢持社長だし、彼がいなかったらこのチームは立ち上がれなかったのも事実である。

彼も、どちらかといえば企業人ではない。代理人の仕事が主だ。
そういった創世記の人間から、企業としてどうこれから発展するかという時,冷静にバトンタッチを考えたのかもしれない

いろんな、サッカーに関する情報もはいってくるた立場にいるんで、どうぞ頑張ってくださいなとオラは切に願っていますという事で。ハイ!
by gsfc_aoshima | 2005-07-30 07:21 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

国見のふたり+1


昼間はすこぶる暑い。夏真っ盛りである。
でもことしの夏はちょっと違うんだな。

週1で強い地震がある。
昨夜もけっこう揺れた。

それから朝晩がぼちぼち涼しくて9時頃からグイ〜〜〜〜ンと温度上昇。
夕方6時頃から下降して熱帯夜にならないのである。

先週は咳がひどくて寝れなかった。
今週はその咳もやっと納まったと思ったらだ。TVの前で、うつ伏せになって座布団に顔をつけたら、気がついた時には、最早朝方3時になっている。
だいたい、10秒ぐらいで寝ちゃっているんでないのかな!

もちろん、窓は閉めないで開けっぴろげでちょっとばっかし不用心だがエアコンもいらない涼しさなんで快適な夏の夜である。

そういう意味ではちょっとばっかしおかしな夏だと思っている。
朝、6時半というのにだ、蝉の声もゼンゼン聞こえないし、鳥の声もしない。
し〜んとしている夏の朝だぞ。

うん?耳も悪くなったんじゃアないのかって!
悪いのは頭と嗅覚だけだ。
まだ耳は大丈夫だと思う。
味覚はニオイがわからなくなってから、どんどん鈍くなってるなあ。
みそ汁の味がわからなくなってきた。
白みそも赤みそも区別ができない。
まあ、オラの脳みそもぐじゅぐじゅでもうあかんけんど、地球もちょっとバランス崩しているかもな。

そんな真夏の真っ昼間、マリノスの練習グランドに行ってきた。
家から10分ぐらいなんですぐそばといってよいが、近すぎて最近はご無沙汰だった。
見に行ったわけは、徳永と兵藤がマリノスの練習に参加しているからである。
ふたりは、ユニバーシアードのメンバーに選ばれている。
大学がオフに入っているので、大会に向けての調整のようだが、徳永は来シーズンの下見もあるのかな。
いろんなチームの練習に参加しているようだ。

オラが行った時には全体練習は既に終り、ふたりは軽くランニングしていた。
池田フィジカルコーチもいたんで一応あいさつする。

この現役ふたりとは最終の土曜日の練習後にいっしょに食事をすることになった。
Vファーレン長崎の原田武男君は彼らの大先輩にあたる。
オラとこの大先輩がよく食べにいった中華料理屋に連れて行こうと思っている。
兵藤はともかく徳永はめちゃんこ食べそうだな。
まあ、せっかくのヨコハマなんでユニバーの壮行会でもやってやるか!

そういえば、おんなじ国見の平山のニュースが飛び込んできた。
オランダのフェイノールトの練習に参加するという。
そのまま、入団の可能性もあるようだが、それはそれでいいことじゃあないかい。
インターナショナルでとってもいいと思う。
絶対、ドイツをねらっているというのがわかるぞ。

巷では徳永争奪戦があるようだが、オラの一押しでもある徳永もグローバルに考えたらいいかもな。
そこらへんも土曜日に聞いてみるか!
by gsfc_aoshima | 2005-07-29 07:50 | 大学サッカー | Trackback | Comments(0)

トップチームコブラ

うちのトップチームコブラが頑張っている。
神奈川県リーグの2部なんだが、Aブロックに所属している。

神奈川県の社会人リーグは日本サッカー協会での登録になっており,頂点はJリーグである。
Jに上がるには神奈川県3部に登録したところから始まる。
完全なピラミッドになっており、とにかく3部が一番熾烈である。
全部でチーム数は180ちかくあり、ここを抜け出すのが容易ではないんである。
16ブロックもあり、ここで上位2チームにまず、はいらんと話にならない。

ここでぶち抜けで1位になってもその後におもいもよらない仕掛けが待っている。
32チームによるトーナメントがあるんだ。ここで3試合勝たなければならない。
そうすると4チームが2部に自動昇格する。
競争率45倍だぞ。たいへんなこんずら!

トーナメントがあるのは1月なんで、まず、グランド状態が悪い。
審判のかたがたも、もうひとつでもあり、選手はめちゃめちゃ高ぶってるし、ベンチもそれ以上にハイテンションなんでどうしてもすべった、ころんだの試合になりがちで、PKやら、警告、退場、はたまたベンチの監督さんやらの退場なんかもあったりでとんでもない試合の連続である。
うちのコブラも2年連続でここのトーナメントでアウトになっての3年目にやっと上がれた。
だから2部にあがって今シーズンが2期めである。


2部は24チーム、1部は10チームである。
ここの昇格は関東リーグと連動しているので厄介である。
関東に昇格がなければ1部の2チームが自動降格で下りてきて,2部の上位2チームが自動昇格する。
ブロック2位同士が戦って3位を決め,1部の8位と入れ替え戦がある
ということは、ブロック2位が最低必須条件でもある。

関東リーグ2部から神奈川のチームが1チーム落っこちてくると,入れ替え戦もなくなってしまうんで、これもなかなか大変でもある。
いま、コブラはブロック3位に位置しているんでなんとかまだ射程圏内ではあるし、とにかく混戦なんでなにがあるかわからないのがこのリーグ戦だ。
どんなドラマの結末がまっているかは、選手達の頑張り如何ずら。

このところ,チームもやっと落ち着いてきたんで、夏の一段落の前の,今週末の試合が大きな鍵を握っている。
先週は用事があって見に行けなかったが、なんとか応援に行きたいと思っている。
ひとつ終れば,またひとつが始まったり、はたまたダブルブッキングやら、トリプルブッキング有りやで大変なこんずらよ!

とにかく、Jに続く道のりは蜘蛛の糸をよじのぼるようなもので,地獄の3部に一旦落ちようなもんなら、最早,再び上がってこれるのは大変なことであるのは間違いない!
by gsfc_aoshima | 2005-07-28 06:24 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

誕生日だった。その2

昨日は誕生日だった。
オラではない。オラはその前の日だ。
孫のだ。2歳になった。
25日に生まれる予定だったが、1日ずれた。
もし、オラがだいぶ前にくたばっていたら、「直助のうまれかわりだいね!」といわれただろう。
残念だがなかなかくたばらんぞ。
意地悪爺さん目指しているんだもんでよ。

一応、キッズには誘っている。英才教育はやっぱり大事だからな。
とりあえず、なでしこジャパンを目指してもらいたいもんだが、どうもスポーツは
興味がうすいようで、ままごと遊びのほうに情熱を傾けているようだ。
ちょうど1年前の写真だが出しちゃおう
b0005596_6565911.jpg

今は、言葉をいろいろしゃべるようになってきた。
オラのことは「直助さん」とは呼べないので「ナオジぃ」と呼ばせている。
オラがではない。むすめがそう呼ばせている。
ふざけんな! 
「さん」をつけろ!

先週、土曜日はJr.ユースの祝勝会があった。
春季リーグのブロック1位になったんで、少し盛り上がった次第。
あんまり、というかほとんど勝ったことがないんで、こういう時でもないと祝勝会なんて出来ないわけでして。
常勝チームだと、関東大会に出場とか全国大会に決定でないと祝勝会なんぞはやりません。

ブロック1位なんて世間的にはゼンゼン評価の対象にもならんわけではありますが、オラ達にはこれも大変重要な、歴史的快挙!、チームの歴史に燦然と輝く勲章となったわけでして。
大祝勝会は当たり前。

本来ですと、創立以来の各コーチやら、事務局やらをもご招待しての、一流ホテル,さしあたって、みなとみらいのランドマークあたりでやらねばいかんのですが、時間もないという事で、
東戸塚駅前の西武はす向かいで、高級飲食店が各階に入っているお店で開催した。
お店のご配慮で高級焼き肉を特別限定で出してもらう。
もう肉なんか食べたくないというまで食べさせてやってほしいというこちら側の要望をお店側も理解いただいて,「食べ放題でいいですよ」という事みたいだった。
b0005596_727415.jpg

ありがたいこんである。
b0005596_7194331.jpg

もちろん、中学生であるからして,アルコールは無し。
このふたりもアルコールで酔っているわけではない。こんな高級店は入ったことがないようで興奮しております
b0005596_723991.jpg

こちらは、当然グビグビなわけではあります。
b0005596_7241445.jpg

高級肉ばかりではどうかと思い,ライスを追加しましたら、これがまた大好評でして。ハイ!
b0005596_729563.jpg

最後は全員で記念写真ということになったわけではあるが、なにせ人数多く入りきりません。
残念なのは,関東地方を襲った震度5強の地震のため、この会場に来れなかった選手もでたのが甚だ残念ではありました。

一同大満足ではありましたが、こういった機会もなかなかないということ、これで散会というわけにもいかないという意見が大多数を占めましたので,同ビル内にあります超高級会員制クラブKARAOKEハウスにまいりまして、午前様までお世話になりましたことご報告申し上げます。
勿論,中学生は、1次の祝勝会が終わりまして散会させております。

なお、こちらの高級クラブ内でのお写真は一応,個人情報にも引っかかるし、VIP様も多数参加されましたので控えさせていただきます。
こういった時間がまたとれればいいなというのが参加者の大方の声でした事もあわせてご報告申し上げます。
by gsfc_aoshima | 2005-07-27 07:21 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

誕生日だった

きのうはオラの誕生日だった。
もう歳は忘れてしまった。

けっしてジジくさくもない。
はでなシャツもよく似合う。
安いもの着ても高くみせる着こなしもうまい。
昔は似合わなかったジーパンもなかなかだ。
かつては上から下までメンズニコルできめていた。
もちろん靴もだ。
靴だけは職人気質のおっさんのいる個人の店はやめた方がいい。
重いだけだ!
それから、髪はカラーリングしていることも付け加えておこう。

ニコルの店主であるおばさんとはなんかの縁で仲良くなった。
2年ほど前、店も自宅もなくなって自殺でもしちゃったのかなと思っていたが
先週、偶然東急ホテルの喫茶店でであった。
元気だった。なんにもなくなったといってたが、すっきりした顔していた。
女性は偉大だなと思った。男だとこうはいかない。毎日中央線のどこかで飛び込んでいる。

話をオラの事に戻そう
マイカルが本牧に出来たときはマイカル探検隊と称してみんなと連れ立った。
マイカルも探検隊を繰り出していた頃の面影はなくなっちまった。
ユニクロが出来てからはユニクロ探検隊。ただし
ユニクロ探検隊は金曜日と決めている

おいしい店も知っている。
中華街はあえて行かない。。悲しい事に観光料理屋街になっちまった。
中華街からちょっと離れたところにうまい店がある。
安くてうまい蒸し鳥は絶品だぞ。

日本そばのうまいとこはあまりない。しいてあげると
長野県川上村五光牧場の吉沢さんのつくる素人のそばがオラが食べた中では一番だ。
つなぎは水だけだ。
これだけでも評価の対象になる。
そば屋のプロでも水だけではボロボロになる。
立ち食いそばなんぞはメリケン粉がほとんどで、つなぎがそば粉みたいなもんだ。
「うわさを聞きました」といえばただで食べさせてくれるはずだ。
今年はぜっていオラも習う事にしますだ。

からおけは得意ではない。ひとの唄をにこにこ聞いている。
どうしてもいうことであれば、多少控えめに「北の猟場」をうたうことにしている。
アンコールがあった時は断れない性格なんで「花の首飾り」をうたう。
ときどき「スーダラ節」の時もある。
そういえば高校時代、クレージーキャッツの巡業に押し掛け弟子入り志願したら、
付き人だった小松政夫に断られたなあ。
実家には植木等のレコードが恥ずかしながら、ほとんどあるぞ。

それ以上はなかなか歌えないので、瞬間芸というか、自分ではほとんど覚えていないが
ピーナッツを鼻鉄砲でとばす芸とか、野菜スティクを鼻にアレンジしたり、海苔をお歯黒にして皆さんに喜んでもらっている。
もうひとりの自分がいる。
なかなかこの歳でできるひとは少ないらしい。

体力はなぜだか最近どんどん向上している。
だからシニアの全日本があれば狙いたいぐらいである。
多少肉離れをしやすい体質になっているがスタミナは問題ない。
問題あるとすればナイターの試合はだめだな。夜8時には眠いんだから。
早朝サッカーならだれにも負けんずら。

昨日から今日にかけては誕生日だったので特別眠くない。うれしくてかな。
まだ、だれからも誕生日プレゼントはもらってないが、べつに寂しくはない。
いろんな人との出会いで十分満足しているから、どうちゅうことはないだらよ。

なんか、とりとめもない話になっちまったが、
とにかく元気だけは人一倍だな。
両親に感謝である。
サッカーに感謝である。
 
by gsfc_aoshima | 2005-07-26 00:46 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

高校野球花盛り

高校生が頑張っている。
サッカーは高校選手権の1次予選がもうスタートだ。
インターハイの全国大会もまだ始まってないのによお!

昨日、Jr.ユースの練習行く前に、TVをつけたら、高校野球をやっていた。
神奈川大会の準々決勝で東海大相模VS桐蔭学園の試合だった。
甲子園では絶対見れない好カードなんだな。
2−5の桐蔭学園リードの7回からだった。
7回裏に東海、角主将の2点タイムリーで同点に追いつく。
角といえば、巨人にいたサイドスローで鼻の脇にイボがあったあの角投手の息子さんだ。
たしか中学から高校に上がるとき、なんかのマスコミで読んだ記憶があった。
キャプテンやってるんではないかい。頑張ってんルンダンアと実感。
オヤジは凄い選手でもこどもは、どっちかというとオヤジほどハングリーではないんでなかなか親子鷹とはいかないのが最近のプロ野球ではなかろうか。
この角選手はちょっと覚えておこう。

8回に桐蔭が4点入れたら、東海がその裏に4点入れてまた同点にする。
凄い試合で自分のサッカーの練習に行けなくなる。
画面に釘付けになっちゃったずら!

9回、10回と東海のサヨナラの場面があるも桐蔭ががんばるんだなあ
なかなか点にならなくて決着がつかない。
まだベスト8なのにどちらか負けちゃって終っちゃうのかいと思うと切ない試合だ。

延長12回が終って、サッカーの練習に行く事にする。
どうなったのかいなと気になったら13回の東海のサヨナラで終止符が打たれたとの新聞記事だった。
ひさしぶりに高校野球を見たんだが、なかなかいいなあという実感。
昔は、神奈川大会の決勝なんていうのを横浜スタジアムに足を運んだもんだ
オラは決して野球が嫌いなわけでもなく、最近ご無沙汰しているだけでして、ハイ!

これでも小学生の頃は野球少年で毎日三角野球をやってたし、中学時代は応援団長で野球部に付いて廻ったもんだ。
高校の応援団のやり方を研究すべく、名門、静岡高校の応援やら、掛川西高の試合を見に行ったもんである。
ちょっとばっかし、中学時代を思い出した。

オラの高校は野球が弱く、今年も2回戦コールド負けだった。
甲子園に応援に行く機会はあるんだろうか。
母校の応援に来年は行ってみようかと思った。
もちろん、県予選の1回戦だけんど。

勝ッセ勝ッセバンナン(磐南)!
勝ッセ勝ッセバンナン(磐南)!

けっこうアツいもんがあるなあ。
来年が楽しみになってきたぞい
by gsfc_aoshima | 2005-07-25 06:25 | その他 | Trackback | Comments(0)

保土ヶ谷大会Lの部予選リーグ

昨夜は朝方2時まで飲んでしまい、更新が遅れる。
だいたい、夜は8時か9時には寝てんだから、2時なんてはもう起きだす時間である。
久しぶりにというか、1年ぶりというか朝9時まで寝てしまった。
時差ぼけみたいで体が重いずらよ。
それにしても、咳き込みながらカラオケやるのもけっこうかったるいもんがある。


保土ヶ谷大会は毎年8月末に予選リーグと決勝リーグが続けて行なわれる。
今年は芝生のグランド=長阪谷公園グランドがいちにち取れたというんで、1ヶ月、間があく変則的な大会になった。
でも、昨日は涼しくてゲームをやるにはとってもいい状態で試合が出来た。

区内12チームを4ブロックに分けて行なわれる。
今回、うちからは2チームが出場した。6年と5年の単独チームだ。
予想ではAチームはなんとか勝ち抜けるだろう。Bチームは対戦相手からするとちょっと厳しいかなという予想だった。
なんてったって、この時期の1年はけっこうからだの差が出始める頃である。
秋になったらもっとすごくなって、年明け頃にはびっくりするぐらいでっかくなる子もいる。

結果は,GS A6−0坂本、GS A1-1桜ヶ丘、GS B0−7藤塚、GS B1−5帷子
Aチームはやっとこさ及第点、Bはよく1点取ったな。こんな感想だ。

午後から、仕事がはいっていたので、Bの試合を見る事が出来なかったのが残念だ。
Aチームはうちの特長でもあるサイドからの切り崩しのパターンが随所に見られ、見事な攻撃だったと思う。
バックも真ん中のふたりのバランスがよく、坂本戦は1本のシュートを打たせなかったし、桜ヶ丘戦も最初で最後のうたれた1本が入ってしまったという具合で、よく守っていた。
からだが大きいのがいるわけではないが、ちいさいのが粘っこくからだをはるプレーは好感が持てた。

夏休みは合宿を兼ねた森孝慈杯に出場し、そのあと保土ヶ谷大会の決勝リーグがあるわけだが、サイドのふたりをいかした攻撃を徹底したら、おおいに楽しみになってきそうな気がするだいね。
それにしてもだ。江成が左足ワントラップで相手をかわしてその体勢のまま、左足での右へながしたロビングと大森がこれを受けてドリブルシュートの5点めは気持よかったなあ。

b0005596_10255316.jpg
b0005596_1026884.jpg
b0005596_1026513.jpg

by gsfc_aoshima | 2005-07-24 10:32 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

春のシーズンがやっと終る

Jr.ユースの春のシーズンがやっと終った。
5月初旬から合計なんとなんと14試合の公式戦。
全日本ユースの7試合と春季リーグの7試合で、まあよくやってくれたもんずら。
選手も大変だが、スタッフも大変で、審判はあるわ、本部はあるわ、自分のチームの事前練習を見ないといけんし、モチベーションも高めさせねばいけんし、そりゃあまあ大変なこんである。
さらに、試合にいかない、残留部隊の面倒も見ないといかんし、とにかく公式戦の連続はスタッフも大変だ。
選手達はこれだけ試合が続くと、なにがなんだか分からなくなってきて、集中力がきれてしまうもんだが、今年の連中はよくやったと感心している。

うちのチームは3年生の最終的な出来上がりを8月末の高円宮から秋のリーグに置いている。
春ではない。
夏から秋にサッカーに集中させている。
ここで頑張せる意味なんだが、どうも中学生ってふわふわしていて、ちょっとしたことで違う方向に行きやすいのである。
それもこっちが目をちょっと離したスキにである。
だから、夏の過ごし方がとっても大事だと思う。
サッカーに集中させれば、ほかの事に目がいく時間的余裕がないからだ。

夏から秋にかけて、うまく彼らをのせる事が出来れば、街をふらついたり、コンビニに深夜たむろする輩が出る事はない。
しっかり勉強に切り替えがきく状態にもっていける。
だいたい、勉強やるからサッカー辞めますなんて言う中学3年生で、格段に偏差値があがったなんて聞いた事はないしよ。
なにせ、サッカーばっかり教えるだけならとっても簡単だが、横道にそれそうなギリギリの奴らに、げんこつ食らわせるのもオラの仕事になってるんでこっちのほうがちょっとばっかし、大変かな。

今年は、春季リーグの戦い方がとってもうまくいき、最後まで集中できてブロック1位という結果が出せた。
出来過ぎである。
こんなに春から頑張ると秋が大丈夫かいなとちょっとばっかし心配なんだが、ここは素直に
喜ぶ事にしよう。
というわけで、今夜は祝勝会を兼ね、高円宮杯に向けて英気を養うという意味で、スタッフ、選手、ご父兄で大いに盛り上がる事になった。

けっこなこんだいね。今夜もぐびぐびずらよ

それから、夏といえば恒例のジュニアの保土ヶ谷大会(5、6年生)予選リーグが今日、開催される。
うちからは5年生と、6年生の2チームが出場だ。
5年生はなんとか3位パートぐらい、6年生は1位パートに入ってほしいな。
今朝の天気は夏とは思えないぐらい、涼しいから、いっぱい走ってほしいな。
そうすりゃあ、結果はおのずから出るはずだ。

もうひとつ、全高校生の目標でもある高校選手権神奈川大会の1次予選が今日から始まる。
1月までの長丁場だが、今日で高校サッカーのユニホームを脱ぐ選手が出るのもこの大会である。
ユニホームを脱ぎたくない若者の死にものぐるいの真剣勝負だ。

アアア〜〜〜〜〜〜やっぱサッカーはやめられねえだいね!
by gsfc_aoshima | 2005-07-23 08:15 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

横浜トリエンナーレ2005

9月28日より12月18日まで横浜トリエンナーレ2005というイベントが開催される。
昨夜はそのイベントの横浜市の担当部長さんとご縁があっていっぱいやった。

今回は2回めだそうで、3年に1度のイベントだとか。けっこう気合いが入っていた。
横浜は山下埠頭の一角で行なわれ、内外のアート作家が延べ80名ほどが参加するとの事。
中学生以下は無料だそうで、まあオラが先頭立って子供達を連れてこようと思っている。

サッカーばっかりやってるのが能じゃないずら。
たまには、こういった芸術も見る事も大事なこんだでよぉ。
勉強とスポーツだけじゃあ、やっぱりだめで、ここに芸術を組み合わせると、光の3原色みたいなもんで、バランスがとれてくる。
ひとは、こういったバランスがとれてこそ、力を発揮できるんでそういった子供達を育てたいのがオラ達のひそやかな夢でもある。

中田ヒデみたいなのを生み出したいのはやまやまだけんど、岡本太郎みたいなのもいいなと思っている。少しでも感性に響けばいい。
なんでも一流なのはみれば感動するんで、どう感じ取ってくれるかは各自の自由だ。
おらはただここに引率するのが役目だな。

だけど、ちょっとばっかし、物足りないイベントだなとおもうのは、オラが知ってるアート作家はだれもいないのである。

「たけしのなんでもピカソ」に出てくるような人はいるのかな。
たけしとジョイントなんぞしたらいいかもなとか。
倉庫での綾戸智絵やら、「ピアノのあのおばあさん」なんていったけ、そうそうふじ子ヘミングやら、出てきたらいいなあ。
淀川工業高校やら習志野高校の吹奏楽部なんぞも参加してくれたら高校生も集まるぞ!

なんか一工夫の味付けがあったらもっと盛り上がると思うのは、おいらの思い上がりかな
by gsfc_aoshima | 2005-07-22 07:01 | その他 | Trackback | Comments(0)