<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ブラジル2列目のすごさ

コンフェデ決勝戦はカカーの2点目で勝負ついた。

アドリアーノの「ここで打つかい!」というタイミングの妙。
カカーのトラップと同時のワンステップシュート。
そしてロナウジーニョの足首だけのシュート

とにかく今朝のブラジル、いやはやコンフェデでのブラジルはこの3人のトリオがすべてといってよいだろう。
アドリアーノはニアのすきまなんかないところでも打ってくる桁外れのシュート力ではあるが、2列目からの、このふたりの「上がり」は、もはや、どこの国も止められない。

サッカーの基本である止める,蹴るをほんときちんとやっているのがこのふたりではないだろうか。
だけど、ただ止めるだけではだめで、足許30センチからはずれない。どんな強いボールが来ても。そして瞬間的にシュートやパスに入る。
0.2秒ぐらいの間に。これがすごいのである。
だからシュートやパスも大振りしていない。
カカーは「ちょん」。
ロナウジーニョは「ウン!」ぐらいの感覚だ。だからキーパーは動けない。
シュートを打ったのがキーパー見えないんじゃないかい。

日本のFWで第1人者といわれている高原なんぞはさあ打つぞ打つぞとこちらが思っても打たないで切り返し、その間にバックにつめられ、シュートのコースはなくなっている。
コースが空いたとしても、腰が落ちているので明治の大砲よろしくおもいきりバーの上をふかしてくれる。
切り返しをしなくて打ったとしても、とにかく振り回すので、ゴール横を通り過ぎていく。
いつも観客は「あ〜〜〜〜〜〜あっ! またかよ!」である

ロナウジーニョは足首だけの振り
高原はモモから下おもいきり振り回し
これじゃあ枠はずすのは道理だべさ。
高原にシュートの打ち方教えてあげる人はいないのかい。

この2週間はけっこうサッカーTV三昧で楽しめたし、子供達に教えるのに、いいヒントをワールドユースとコンフェデでもらうことができたずらよ!

それから、オフサイドの改正を今朝の試合から使ったのかな。
なんか、とっても大変な事になったような気がするし、もし自分がラインズマンだったらもう、やりたくないだいね。難しすぎるし、ボールに触るまで旗上げれないのは相当なストレスがかかるぞ。
by gsfc_aoshima | 2005-06-30 06:13 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

ルール改正

2005年度のルール改正があり、7月2日のJリーグから採用される。
特にオフサイドに関しては、ラインズマンの旗の上げるタイミングが難しくなるようだな。
頭悪い奴は、これからラインズマン出来ないぞ!
オフサイドの定義やらをみつけてきたので紹介しよう。

この定義の中でNO12もオフサイドになるのは、ほんまかいなと思うのだが。 
けっこう、オラ達も間違った認識で通ってきてしまった例がいっぱいある。
それから、足や手が出ていてもオフサイドにはならないという事で、観客もこのあたりをしっかり頭にたたみこまんと、勘違いしたブーイングをするようになる。
ボールに触らなければ、ほとんどオフサイドにならないのだから、ほんと、ラインズマンは大変だ。
観客はそこまでルールブック見ている人はいないだろうし、オンサイドを「オフサイド」と叫ぶ人達が7月いっぱい、いや半年ぐらいはいるだどろうな。

全体的な
競技規則の改正をみると、交代人数は6名までとなっているが、これは画期的ダラよ。
今は、交代は3人までがJリーグを含めた国際試合の取り決めだもんな。
ワールドカップで、もちろん、そうなるということだと、監督の交代の判断が試合の勝ち負けを相当左右させるということだな。
ジーコの場合、交代がいまいち、物足りないんで、ちょっと心配でもある。

Jr.ユースなんか20名登録で全員交代できるし、何回でも出たり入ったり、バスケットみたいに既になっている。
これの方が、選手に無理させなくて済むんで、ケガの予防や、最小限のケアで済む場合もある。

どんどん、点が入るようなルール改正になってきているのは明らかで、そのうちオフサイドも、ペラルティエリア以外はなくなってくるような画期的なルール改正になるかもな。
スリリングな試合とは得点の応酬だと思うんで、このぐらいの大改正をしてほしいずら!。
by gsfc_aoshima | 2005-06-29 06:16 | 世界のサッカー | Trackback(1) | Comments(1)

最初の戦いは新井SCだ。結果は4−1で勝利する。
左サイドの大きなFW31番と32番をよく押さえたDFをまず讃えたい。
FWもよく走り回って、相手をかく乱し、得点を重ねた。
b0005596_5455625.jpg
b0005596_5461568.jpg
b0005596_5503660.jpg
b0005596_5505223.jpg
b0005596_5511742.jpg
b0005596_5513146.jpg
b0005596_552556.jpg
b0005596_5523629.jpg
b0005596_5524692.jpg
b0005596_553152.jpg
b0005596_5532443.jpg
b0005596_5535744.jpg

次の試合は帷子FCだが、帷子は新井に2−1で勝ったので、GSFは引き分け以上で優勝が決まるんで、相手をなめちゃったのか、5−1で完敗だった。
前半、開始1分で入れられ、2分で入れ返す。
4分でまた入れられる。
7分、13分と左サイドからいいボールを入れられ、絵に描いたような失点を重ねる。
帷子の見事な攻撃に写真を撮ることもせず、プレーに見入る。
後半、1点を返すもまた左CKから入れられ万事休すだった。
子供達は後半頑張ったが、ゴールまでは遠かった。
最初の5分でこどもたちもプツッと切れちゃったのかな。

b0005596_652440.jpg
b0005596_65415.jpg
b0005596_655718.jpg
b0005596_662627.jpg
b0005596_664476.jpg
b0005596_66561.jpg

結果は惜しくも優勝は逃したものの、子供達がいい思い出を作ってくれたと思う。
夏合宿でさらにパワーアップして秋の国際ちびっ子で結果を出してくれたらうれしいな。
ヘッディングの練習をガンガンやったらいいと思う。
ヘッディングは練習したら短期間でうまくなる。もっとレベルアップが可能だと思うずら。
by gsfc_aoshima | 2005-06-28 05:54 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

試合前から「優勝か」なんて書いてるようでは謙虚じゃない。
案の定、勝てなかった。
育英もGSFC4年生も。

育英の試合は観ていないのでわからないが、2−3で桐生第1だそうな。
前商が負けてもう楽に行けるかなと思ったが、やってみないとほんとわからんなあサッカーは。
暑さもあるだろうし、連戦の疲れもあるだろうが、相手にも同じ条件なんで、いいわけは出来ない。
試合の流れの中で、選手の気持の中に焦りや、おごりがあったのだろうか。
「運も実力のうち」というが運をひきこむ力も大一番の試合では必要になってくる。
「たら、れば」を可能にする力が必要になるんである。

メンバー構成でもちょっとした、たった一人の変更でもリズムを崩す事がある。
勝ったときはそのメンバーで次も行くというのがどうも原則なんだろうが、そんなもんかなあ。
育英の決勝戦のメンバーはどうだったのかな。

勝者の桐生第一には、祝服を送りたい。
育英は気持切り替えて、プリンスリーグで勝ち上がって全日本ユースの代表になってほしいな。

GSの4年生は最後の帷子戦で完敗した。
圧倒的な強さだった予選リーグや決勝リーグの新井戦に比べて、この試合、別のチームになっちゃった。
残念な結果に終わり、2位だったが、子供達は最後までよく走り回って頑張ったと思う。
悪いのは、前日に「優勝だ!」なんて書いてしまったオラしかいないだら。すみませんでした。
b0005596_68997.jpg

by gsfc_aoshima | 2005-06-27 06:06 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

昨日はほんとに真夏日で午後4時頃でもけっこう空気が暑い!

午前中の境木中学との練習試合はそんな暑い中、行なわれた。
学年ごとに3試合をする。
1年生もシュートパスをつないでいいサッカーをやっていた。
b0005596_5514253.jpg
b0005596_552481.jpg
b0005596_5523731.jpg
b0005596_5532192.jpg

先週、フェイントの練習をくりかえし、やらしたが、けっこう新しい技をつかっている子もいたりして気持がいいずら。写真にあるように、1年生はまだまだ手足は細く、行動もかわいいもんだが、これが2年生になると変わってくる。
からだも大きくなるが、気持もけっこう揺れ動く時期でもある。
2年の夏から、3年の9月頃までが要注意なんである。

しゃべらなくなる。
髪の毛がすこし明るい色になる子がいる。
「なんかおかしいぞ、その色は!]「地毛です。染めてませんから」
こんなやりとりが毎年かわされる。
うちのチームは茶髪は退部だと決めている。ほんとだぞ!

うるさいぐらいがみがみ声をかける。
いじわる爺さんでおおいにけっこうだ!。

境木中学との練習試合は創部以来初めてだと思っていたんだが、どうも2、3回やっているようで、ちょっとばっかしぼけてきているのかなあ。
というよりも症状ひどい。
まあ、こんなことは日常茶飯事なんで気にもしてないだら。

今日は全国的に高校インターハイの決勝がおこなわれる。今日で全部の県で決まる。
笠原のいる前橋育英は、桐生第1との決勝戦だ。
レギュラーで頑張ってくれているので、ぜひとも全国に行ってほしいだに!

4年生の保土ヶ谷大会は決勝リーグだ。
こちらもぜひとも頑張って頂戴!。

両方とも見たいんだが、今日は4年生の応援にする。
11時から育英の試合だが、優勝の連絡を聞いて、保土ヶ谷大会に乗り込むぞ。
by gsfc_aoshima | 2005-06-26 05:49 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

町のクラブと部活の関係

今朝、これからJr.ユースの練習試合だ。
相手は、境木中学サッカー部とである。
小学校ではGSFCでプレーしていて、中学では部活でやる子もいるし、中学に入っても、うちのクラブでやる子もいる。
境木中学にはうちのクラブの子の大半が行くので、子供達はどっちにするか大いに悩む事になる
まあ、直助的にはこっちでやってもらいたいんだが、それもこれも、親御さんを含めての判断だから、強制はできないのである。

昨年度はひとりもJr.ユースに上がってこなかったが、今年度は6人が入部してくれた。
GSからの持ち上がりがないときはなぜか、ほかのジュニアのチームから入部してくれる。
ありがたいこんでもある。

ということは、うちにこない年代は部活が多いし、うちに大勢来たときは、部活が寂しくなるという事で、ちょっとばっかし、微妙な関係でもある。
練習がないときは、先生のご好意で部活の練習にも参加させてもらっているようでもあるし、グランドも空いてるときは使わせてもらっているんだから、恩恵を被っているのはこちらなのは間違いない。

うちのJr.ユースが出来て、15年近くなるが、練習試合をするのは、初めてだ。
いろんな、いきがかり上、ここまでかかったてしまったということで、これからはもう少し、壁をなくしていきたいな。
勝手に壁作ったのはオラ達かもしれんし、きちんとした対応も必要だなということで、朝から反省しておりますだら。
こういうのを世間では「雪解け」というんかいな。
by gsfc_aoshima | 2005-06-25 07:30 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(1)

TV視聴率が関東で11.9%だそうで、これってすごくない!
27時半というか、3時半というか、未明というか、とにかく普段は99%は熟睡中なんだから。
オラだって、4時半には起床だけんど、3時半はつらいだいね。
4時半に起きて、たまに散歩するけど100軒中1軒も起きてないもんね。

サッカーも国民的なスポーツになったというか、まあじいさん、ばあさんが見ているのでもなく、普段遅くまで起きてる若い衆が寝ないで起きてて、そのまま、ブラジル戦に突入したということなのかいな。
前の日もワールドユースもあったし、こちらの視聴率はまあ、たいしたことはないだろうが、それでも、けっこう連ちゃんの人も多いようだ。

頭ん中がサッカーだらけの甥ら達にはなんともはや、うれしいことで先人のサッカー関係者も大いにお喜びの事でしょうな。

1990年6月28日にワールドカップイタリア大会に出発した。
ほんの15年前である。準々決勝から決勝まで、見るツアーなんだが、全体を通して、大会を観に行ったアホな人間なんぞはせいぜい300人ぐらいなもんじゃあないだろうか。
もちろん衛星中継もあったし、ほとんどの試合のビデオもとってある。
視聴率は1%もはるかおよびでないだろうな。

ここでの1%と11%はあんまり差がないように感じるが11倍だからな。
100万人と1100万人では相当な差だもんな。
全国世帯数がわからんのでなんともいえんが、けっこうな家庭であの時間に騒いでいたということだ。

夜、スカパーでリプレーしていたのでもう一回みてしまった。何度見ても飽きない試合かもな。
分かった事がある。

ジョルジーニョはただただ凄い!
1、細身だと思っていたが、フィジカルめちゃめちゃ強くて倒れない。
1点目も左サイドで加地をからだ入れて強引にぬいてドリブルしていた。
胸板も相当あついし、はんぱじゃないずら。
2、キックはもはや神の領域かも
2点目のシュートは足の振りが見えない。振ってないといった方が当たっているかも。
足首だけで振っている。あり得ない!
ジュニアやJr.ユースのこどもたちにキックの仕方でよく言うのは「ひざから下を使って振れ。ももは動かさないイメージだぞ」
サイドキックも速いし、正確だー速いといってもめちゃめちゃ速くて超正確といったほうが当たっているだらよ。
ミスがないのだ。
パスミスを比較すると
ジョルジーニョ  3%
中田10%
中村15%
小笠原20%
三都主30%
こんな感じずら!

その他日本選手で感じた事。
柳沢がよくみるといいじゃん。裏から出てくるのがうまいなあ!
このぐらいかな。

もう1回見てみようと思っている。
by gsfc_aoshima | 2005-06-24 07:47 | 日本代表 | Trackback(1) | Comments(0)

二日続けての3時半起床。
いつもの起床時間より1時間早いだけなんで、まあドウチュうこともなし。

昨夜はロスタイムでの失点でワールドユースは8強には入れなかったのであるが、予選リーグを通じて、まあベストのゲームをしたかなとも思う。

今朝はなにせブラジルとのガチンコ試合なんでけっこう楽しみにしていた。
出ないといっていたロナウジーニョやらカカーやらアドリアーノなんぞが出てきたので、正直驚いたし、最初はけっこうガチンコだったんだが。

2−1になった時、もうブラジルは引き分けでもいいわけで、さっさと、アドリアーノとかカーをさげやがった。
そしたら、緊張感のなくなったこと甚だしい。日本もそれにつられて停滞気味のサッカーになっちゃって後半は前半にくらべ、ほんと盛り上がりに欠けた試合になった。
最後の3分だけかいなあ。

ずるずる下がってしまう悪い癖が日本のDFにみられて2点ともそれを象徴するような失点だった。
ペナルティエリアで勝負したら絶対不利なのに、ロナウジーニョに田中は絡めなかった。
格の違いをみせつけられたというか、田中自身が思い切ってガツンと行かれなかったのが最初の失点だったと思う。
ロナウジーニョに一発かます選手が90分通してやったのは中田ひとりだった。
まあ、世界NO1のプレーヤーにかますなんて芸当は今の日本代表では中田だけなのもうなずける気がする。
だから、2点とも彼にやられてしまった。

三都主も母国ブラジル相手ではコンプレックスがあるのか本来のプレーがほとんど出来ていないのも目についた。
2点目の失点もロナウジーニョにからだごといってないもんな。
ほとんど打たれてからスライディングしたようなもんだずら。

こうした失点をみると、中澤のいないのがほんと致命的だった。
あの中澤のふてぶてしさはロナウジーニュ相手でもきちんとこなすような気もするのである。

結果的に2−2で日本にとっては俊輔の独り舞台なようなゲームではあったが、直助的には、頭から大黒を使ってもらいたかった。
玉田もJではぜんぜん結果が出ていないし、鈴木があの場面で出てきたのもよくわからんのである。鈴木は最近の日本代表でもパフォーマンスは落ちてるし、Jでも得点に絡めていない。

ましてや、中田浩二を入れてヒデを上がらせたのも理解できないのである。
途中から、ポジションの変更をしていい結果が出たためしがないのがサッカーだ。
試合中にこねくり回すのは監督の迷いそのものなんだから。
もし中田ヒデをボランチからあげるのであれば最初からだろうし、そのときは遠藤やら稲本やらがボランチでいっぱい余っているわけなんだから。

名古屋に入った藤田俊哉みたいなのがいたらなあと実感したし、柳沢が決して悪くなかったんだから、もし替えるとしたなら、アツと三都主の交代だらよ。

ジーコは鹿島上がりなんで鹿島の選手を使いたい気持もわかるんだが、ちょっと偏り過ぎだとおもうのは直助だけかいな。

その他では通訳の鈴木さんはほんとジーコの云った言葉を正確に伝えているか、試合後のインタビュウーでもなんか相当はげしく意訳しているというか、自分で変えているのか、そんな気がするぞ。

また、セルジオ越後氏はあいかわらずのジーコ批判で、これはこれで大事な事も云っているんでいいんだが、ほんとジーコが大嫌いなんだな。
引き分けてもボロクソだし、もしこの試合勝っていたとしても、このままではドイツは戦えないぐらいなことはもちろん云うんだろうな!
負けてたら、もうジーコでは無理といったのは間違いない。「解任だぁ!」とうれしそうにいうんだろうな。

ただ、越後さんがいうように、この試合、ブラジルの2点は防げたということからすると、引き分けたと喜んでないで、まだまだだと思った方がいいかもな!  
新しい、若い血を入れ込まないと今日は良くても1年後のドイツはないとオラも思うだに!
b0005596_658118.jpg
b0005596_6583552.jpg
b0005596_6585555.jpg

by gsfc_aoshima | 2005-06-23 06:57 | 日本代表 | Trackback(1) | Comments(2)

保土ヶ谷大会その2

藤塚戦が終ったあと、後ろの選手はサイドに展開するようアドバイスした。

2試合目は坂本sc戦だ。
結果は8−0かな。得点は浜田2、小田原1、外川3、古江1、大谷1


この試合でまんべんなく点を入れたのが評価できる。
サイドの2人、特に外川にボールが出た時にいいチャンスが生まれたと思う。
最初の試合も感じたのだが、外川のよいところは、ファースタッチできちんとボールコントロールが出来るとこである。
からだは小さいし、見た目ひよわではあるが、きちんと止めれたりする事がどれだけ大事かというのが外川君がいいお手本だ。
ファーストタッチで次のプレーが容易に出来るし、結果的に大量点に繋がることにもなっていた。

また、この試合はサイドによくボールが配給されていたのもよかったとおもう。
印象的なシーンは浜田が真ん中から突破し、相手に詰められたら、すかさずサイドの外川にパスし、折り返しを浜田がダイレクトでシュート決まったところなんぞはぎくっとするほど、いかったずら!

初戦は個人の能力だけでの試合だったが、坂本戦は展開や、パスをも含め、組織としてのサッカーが出来ていたように思う。
久しぶりにジュニアでいい試合を見た。さわやかな気分だった。

b0005596_61388.jpg
b0005596_612878.jpg
b0005596_615257.jpg

これで、決勝リーグは1位パートに入ったんで、今度の日曜日は大盛り上がりになる事は間違いない。
この坂本戦のようなサッカーをすれば、結果は自ずとついてくるんで、基本を忘れないことだな。
それから藤塚戦の写真を追加しよう。かっこいいな
b0005596_6151291.jpg
b0005596_623723.jpg
b0005596_6242269.jpg
b0005596_6244663.jpg
b0005596_625226.jpg

by gsfc_aoshima | 2005-06-22 06:01 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

横浜市のジュニアは1,2年生の部をSL、3,4年生をLL、5,6年生をLと呼んでいる。
6/20にLLの保土ヶ谷大会予選リーグが上菅田中学で行なわれた。
区の12チームがそろい踏みだ。人数が少なくての混合チームもなく全チームが出てきた。
GSFCの発祥もここが原点だといってよい大会だ。

2週にわたって、予選リーグ、決勝リーグと続く。
勝ち上がる事も大事だが、一番は楽しくやることだ。この大会も20年の長きに渡って続いているが、まあ各チームが勝負よりも交流を第1においているんで、大きな問題も出ず続いているのがいい。
勝つにこしたことはないが、それだけではない気がする。

各チームの代表の人があんまり勝負にこだわらなくなった気がする。
だから、区のレベルが少し下がっているなというのも感じるのである。
なかなか難しいことなんだけど。

GSのブロックは藤塚キッカーズと坂本SCとの対戦だ。
こちらは、全員4年生で人数もうじゃうじゃいる。

最初は藤塚戦だ。

b0005596_6275714.jpg
b0005596_6282627.jpg
b0005596_6285372.jpg

やっぱり、このぐらいのクラスのサッカーは見ていて楽しいな。
試合分析よりも子供達の溌剌としたプレーを見入ってしまう。
もちろん、溌剌の中には好プレーや素晴らしいシュートがあるが、どちらかというと珍プレーというか、おもいがけないプレーがないかわくわくしながら見ている自分がいる。

この試合は5−0でうちが勝った。
浜田が2点、小田原が3点入れた。
試合は勝つには勝ったが、動いている選手がいつも3,4人で個人の単独能力で試合しているように見受けられた。
がんがん前に行く気持は、とっても大事だが、廻りを使って前に進む事ができるようになれば、もっといいチームになるだろう。
そのためにも、チームとしてのさらなるレベルアップが必要かもな。
b0005596_6565317.jpg
b0005596_65747100.jpg
b0005596_658651.jpg

by gsfc_aoshima | 2005-06-21 06:30 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)