<   2004年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ファミリーマートから

8月8日は横浜国際でマリノスVSレッジーナのプレシーズンマッチがある。この試合も格別、本気出してやるわけではない。レッジーナは社員親睦の意味をかねての物見遊山の旅、マリノスは試合から遠ざかっているので調整であろう。
 ただレッジーナは俊輔がいるので気になるだけである。
 
 一昨日、横浜サッカー協会からこの試合の招待引換券を40枚送ってきた。ジュニアに20、Jr.ユースに20枚である。
 試合の大口スポンサーであるファミリーマートのほうからのプレゼントであろうが、結構粋なはからいでなかなかやるもんだと感心、ちょっとしてから大喜び。
 勿論、全員にはいきわたらないが、それでもうれしいものがある。
 ファミリーマートさん、ありがとうさん!!単純だよな
 
 今日はアジアカップの準決勝。これに勝つと水曜日に決勝、そしてマリノス戦と続く俊輔君は大丈夫かな。リーグ始まる前にふらふらになっちゃいそうである。

  GS関係者の方に告ぐ!
 今週のお買い物   弁当買うならファミリーマート
 コンビニいくならファミリーマート
 東戸塚記念病院の前にファミリーマートは存在する 
  
 横浜GSの御用達コンビニはここ一週間はファミリーマートとさせていただきます。

 
by gsfc_aoshima | 2004-07-31 16:51 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

1500万ユーロと60万円

レアルが今回の来日で持っていくお金は1500万ユーロ(19億9000万円)だそうだ。ちょっとすごいぞ。あの新しいユニホームは売れそうだ。かっこいいもんな。そのぶんは入ってないからこれからもレアルは日本で稼ぎ続ける。「新ユニホームの発表をなんで日本でやるんだ!!」という結論。

 昨夜試合があるのをうっかり忘れていて後半からTV観戦。すでに2-1でレアルがリードしている。
 なに~っ! カマーチョ、ワイシャツではなくポロシャツだぜ、それもあせのシミの見えない黒ときている。もう興味半減である。かんべんしてよね、日本中のカマーチョファンはそれ見たさにTVの前にいるんだから。

 ラウルはFKで決めたとき、指輪にキスしたのかな
 フィーゴはひげびしっと剃ってあり、顔の濃さがちょっと薄れているが髪の毛の黒さはんぱじゃない。よしよし。ベッカム、眉毛いれずみにしてくれないかな!。後ろの首筋ばかり妙に気にかかる
 ユニホームとアンダーシャツが一体化しておりあれではロベカルマジックで書けないジャン。ジダンもロナウド出てないけど、いちおうチェック
 ゲゲッ!。ジダンは、ぼーず頭だぜよ!あれじゃ薄いかどうかもわからない。けっこう若くみえるじゃん。ロナウドはあいかわらず前歯すいておりこれは満足。

 24番結城が出ていた。彼は横浜フリューゲルスのユース上がりで2浪して早稲田に入った苦労人である。早稲田の中心選手で頑張ってくれたが途中でジェフに引っ張られた。クラブにはたしか60万円(かわいいなあ)の報奨金がJからはいったはずである。
 がんばってくれているのでちょっとうれしくなった。さいごソラリをマークしていて決められたけど、あすこだけ本気出されたね。一瞬のはやさでやられた。
 
 きちんと止める事とか、遠くをよく見てるし、正確でかんたんな玉回しとか、ずいしょにレベルの高さを感じさせてくれたが、反則の数の少なさをみればわかるように決してガチンコでやったわけではない。うまいからそう見えるだけである。担架の出動ありませんもん。
 ジェフは一生懸命やってたが、ベッカムけがさせるわけにはいかないので、だれもうしろからどーんとはしなかったなあ。ただ秋田ならやってたかもな。

 あの蒸し暑さの中、ご苦労さんでした。せっかく台風来ているんだからもう少し雨降ってくれてもよかったのにね
by gsfc_aoshima | 2004-07-30 14:32 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

ジーコへの質問ーくだらんぞ

イラン戦のあとのジーコへの質問のコピー

(重慶の観客からは)好かれていないチームだが、次のステージに進むことができた。今日はタフな試合だったが、われわれが許されている結果(勝利か引き分け)のひとつを達成することができた。
 今日の結果は、自分たちの置かれた状況の中で、きちんとサッカーができることを証明できたと思う。移動を避けたかっただけに、グループ首位になれたのはうれしい。明日からはまた(決勝トーナメントに向けて)切り替えていかなければならない。

最後の3分間は、とても無駄に感じられたがどう思うか?

 ルール違反はしていない。それなりに対処した、ということだ。

今日は選手たちも我慢のプレーが続いていたが、監督自身は選手交代で我慢したのか?

 今日はチームにとって2つの結果があった。ここ(重慶)に留まるために、勝つか、引き分けるかという結果だ。
 最初は勝ちに行ったのだが、相手も積極的に攻めに出てきて、当たりも強かったこともあり、われわれもリスクを冒す必要もなかった。こうした状況の中でのサッカーをしたまでの話だ。

今日は両チームの監督同士の戦いとしては、どちらが勝ったと思うか?

 結果がすべて。引き分けということだ。

 もうすこしまともな質問をしてもらいたい。情けなすぎる!!
いくらジーコでもどちらが勝ったかなんて−引き分けに決まってるというに違いないだろうが。日本人の間接的ないいまわしなんてわからないんだから。交代にしてもジーコはだれを出したらどうだとか、戦術がこうなるとかそんなことはわからないし、ひらめきだけなんだから交代できないのである。天才の気持ちなんて凡人にはわからない。天才には戦術がいらない。トルシェは普通の人だから勉強して戦術をあみださないとだれも使ってくれないのである。

 たとえばプロ野球の長島さんは日本レベルの天才。そんな日本レベルでもカンピューターという。ジーコは世界レベルの天才だ。凡人がくだらん質問するな〜。それ以上掘り下げるな。ジーコの考えなんてだれもわからないのである。
 
それにしても鈴木はよくやってるなあ!倒されても倒されても文句ひとついわず立ち上がる。これこそ日本人が昔、もっていた美学かもしれない。最近の選手はこどもでもすぐ切れる。見習え〜ッ
 
by gsfc_aoshima | 2004-07-29 08:21 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

アジアカップでのブーイング

この大会で中国人の観衆からブーイングが日本選手やサポーターに起きているらしい。新聞やネット上の論評では太平洋戦争のことやら、戦前の日本の侵略はわすれないぞとか、そんなことが原因だといってるが僕には信じがたい。
 
 単に日本が強いからオマーンやタイを応援しているんでないかい。日本にも判官贔屓ということばがある。それでないかい。
 ほんとに観衆が、過去の日本の国策について論じているのかい。来てるのがサッカー好きのマニアックなおじさんやおにいさんたちじゃあないの。文化人ぽい市民運動家みたいのやら、学生運動家がこの暑いときにサッカーなんか見に来るかい。!
 チケットだって相当高いと聞いてるぜ。
 選手のバス囲んだらしいがサインをもらいにいったんじゃないの。たまたまそのなかに一人ぐらいおかしなのがもらえなくてアタマにきてなにか叫んだんじゃないの。

 サッカーの試合がもとで戦争になった国も過去にはあったが、日本がサッカーで弱いころはそんなことなかったはずである。
 たかがサッカーのことなんだから、マスコミもあまりこんな事を,大まじめでとりあげないほうがいいと思う。

 ブーイングおおいにけっこうである。日本と中国で決勝戦になったら最高である。
いまどきのパフォーマンスで喜劇的に企画するなら、小泉さんにも急遽,飛んでもらいたいもんだ。自衛隊の護衛で。イラクでの活動がマスコミから流れてこないのでテンションさがっているから、ここでまたまた,出番となると自衛隊のモチベーションをあがること間違いない。
 そこで勝って選手も政府専用機で帰ってくるぐらいのアピールも必要でないかい。
 もちろん数少なく、危険を顧みず応援してくれた若いサポーターたちもあぶないので政府専用機第2便で帰ってくるぐらいのフォローが必要だ。それともJALとANAの1円入札でもいいのかもしれない。それをマスコミが大々的に取り上げれば,小泉さんの支持率さらにアップするし,航空会社もおおいに宣伝になる。
 できれば、俊輔の奥さんなんかの出迎えも是非企画に入れてほしい。
 
 マスコミもあーだこーだいうのなら、おおまじめでこのぐらいの話まで持っていってもらいたいもんである。
 本音をいえばこうである。重慶40度らしい。暑くて選手もグランドに出て結果だせという方が酷である。怪我せず帰ってくればいい。
 ここで勝ってもオリンピックの参考にもならないし,ワールドカップに出れるわけでもない。手のうちもう見せるな。ジャンジャン!
  
by gsfc_aoshima | 2004-07-28 17:28 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)

カマーチョとオシム

今年もレアルがこづかい稼ぎに来日した。結構しっかり稼いでいくが需給の関係がなりたっているので、別に文句言うつもりはない。結構な事で、たのしいイベントもあるようで子供達にはいい思い出にもなるだろう。
 ただレアルとしてもシーズンに入る前の、足ならしというか、チーム内の親睦をはかるための社員旅行のようなものなので、本気モードで試合するわけではない。絶対スパイク持ってきていないと思う。
 
 このあたりをどうもマスコミは勘違いしていると思う。親善試合の対戦相手だって、後期シーズン開始前の調整なので、怪我をしないようにやるのはあたりまえである。勝ち負けはどうでもいいとおもっている。
 レアルに勝ったからといってどうという事はないのである。レアルも日本のチームに勝っても負けてもいいのである。
 多分試合を見に行く観客もベッカムの顔みにいくのと、ちょっと、いいプレーを見たいなぐらいの感覚である。マスコミだけがいつも取り残されている。

 だから記者会見場でとんちんかんな質問してしまう。例えば

来日会見に招かれた市原のオシム監督は、レアルとの対戦で何を学びたいかとの質問に「一度だけの対戦でレアルから学ぶことは難しい。サッカーがそんなに簡単なスポーツなら、レアルはこんなにいい選手を買い集めなくてもいい」と皮肉をこめたジャブ一発。

 マスコミはここでもオシム語録がでたとかき立てているが、マスコミに対して「おまえら、なんにもわかってねえでのないの」と言っているだけである。
 社員旅行に来ている相手に真剣にやる必要もないのである。ただお金払ってみてくれるお客さんにはちょっといいプレーというかテクニックをちょこっと見せればいいのである。そこらへんはオシムもアルディレスもよくわかっている。

 とはいえ、ぼくもたぶん試合がはじまれば真剣に見てしまうだろう。ジダンの髪の毛の薄さの確認、ベッカムの入れ墨増えたかどうか,ロナウドの前歯のすきまはひろがったか、フィーゴの濃い顔は多少うすくなったか、ラウルの指輪はまだあるのか、ロベカルはチェルシー行きたいと書いたアンダーシャツを着るのか。
 楽しみ満載だ。試合はどうでもいいのである。

 一番大事な事を言い忘れた。監督のカマーチョのことである。かれは日韓ワールドカップのスペイン監督だった。
 あのときの彼はこれからも忘れはしない。ぜひとも見せてもらいたいものがある。
多分、暑いから大丈夫だろう。マニアックなファンは楽しみにしているぞ
 ワイシャツの脇の下のあせのシミはぜひとも確認したい。これだけでも十分、見る価値ある。

  以上レアル戦の観戦記のチェック項目でした。
by gsfc_aoshima | 2004-07-27 08:25 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)

55歳の抱負

 このぐらいの年になると、誕生日だからといってべつになにもあるわけではない。花のプレゼントもない。バースデーカードが来るわけでもない。プレゼントはあてにしていない。ケーキもないのかな。もちろんろうそくなんぞここ10年見た事ない。ほとんど停電もしていないし。
 バームクーヘンすらないし、日常の生活と何ら変わりがない。
 今日26日は孫の1歳の誕生日なのでみな、それどころではないのである。
1日ずれたがために、こちとらにはまったく用はなくなってしまった。毎年7月25日は孫の誕生日のイベントの準備の日になるのはまちがいない。

 さらに、日曜日だが仕事も忙しく,サッカーすら参加できなかった。オーストラリア代表との最終試合も見る暇なかった。
 早朝,3時半から実に長い1日だったがどうということなく、昨夜もTVの前で着替えもせず寝てしまっていた。
 からだ丈夫でなによりなんだから良しとするか。
 
 重箱の隅つつき、ねちねち、がみがみ言いたいこといってれば、ストレスないし、肩もこりないし、いいことずくめである。首や肩はぐにゃぐにゃです。
 眠くなったらどこでもよいから寝るのも大事で特に冬は、こたつが一番!
 寝る準備でもうストレスがたまります。

 僕らの年代、自殺者多いようだけど、がまんするなといいたい。かっこつけるな。
いやなことするな。そうすりゃ楽になる。大きな声だすことも大事でっせ。
 今年もこの方針で1年過ごそう!
by gsfc_aoshima | 2004-07-26 17:37 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

55歳の誕生日

恥ずかしながら今日は僕の誕生日である。今朝は3時半起床。ほとんど禅僧状態であるが単に暑くて寝られないので起きてしまったというのがほんとの話。
 自分の誕生日にこんなに早く起きた事はない。きょうは長い一日になりそうだ。
 
 昨夜は横浜GS、Jr.ユースのスタッフが集まって春季リーグの反省会をする。ちょっと暑かったので目の前には生ビールも少し用意された。メンバーはS事務局長、GSのジダンことK監督夫妻、Gコーチ、Fコーチ、S2級審判夫妻、I独身コーチ等が集まる。マラソン好きのMコーチはお嬢さんのカヌーの大会を見に行くとのことで欠席。それからこの人がいないとこの手の会議が盛り上がらないというIコーチも仕事が忙しく欠席。
 彼がいないとまじめに議論する反省会が単なる宴会になってしまう恐れがあるが
暑かったので1杯だけビールのおかわりもよしになった。時間も夕方だったので軽い食事しながらということで枝豆や冷や奴も急遽用意された。ちょっと場違いな感もある。

 春季リーグは優勝こそ逃したが負けなかったという事で責任を問う事は、なしということにもなった。事務局長からは今後のスケジュールの発表があったりして、また監督からは高円宮杯の決意や,秋季は全員のレベルアップを目指そうなどの話も出たので,全員の気持ちを一つにするためにみず盃をかわそうということになった。ビールではちょっとおかしいかともおもったがそれしかなかったのでぐい~と飲み干した。とても荘厳な気持ちでした。そのうちGコーチ夫人、Fコーチ夫人,元コーチのT選手が集まってくれたのでその度にみず盃をかわす。ますますきよらかな気持ちになっていく。がんばらねば。

 横浜GSもいろんなひとのおかげで成り立っているとのS事務局長のご発言がある。
一同「どういうことですか」とたずねると、保土ヶ谷区にAスポーツ店があり、うちのチームが大変お世話になっている。とりわけI店長には物心両面にわたって気にかけていただいているとの報告があった。ありがたいことである。
 K監督から感謝の意味をこめて乾杯しませんかという提案もあり一同みず盃。そのときまでも水の用意がないので、そばにたまたまあったウーロン杯やグレープジュースサワーとやらで代用とした。ますます厳粛な気持ちになる。
 S事務局長からI店長にメディカルボックスを寄付してもらえたらうれしいなという大胆な発言があったが、S事務局長が申し入れるならという条件付きで承認される。

 スタッフ反省会というとなかなか本音で話せないのであるが1滴のお神酒のおかげもあり,充実したものとなった。1滴プラスみず盃おちょこに3杯であろうか。
 
 そうこうしているうちに日本がタイに負けているとの情報が入り、急遽会議を中止して応援に変更ということで散会する。本会は東戸塚の「二重丸」とやらでの会議であった。もちろん神聖な場所であることはいうまでもない。

 印象的だったのはK監督の携帯の待ち受け画面が育英に行ってる嵩太の写真だった事です。うらやましい~っ!
by gsfc_aoshima | 2004-07-25 17:40 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)

情報取りは

5時半起床。寝過ごした。本来は4時半である。8時間も寝てしまった。
 新聞やTV、あるいは人的ネットワークでしかとれなかった情報がインターネットのおかげで信じられないローカルな情報も検索やリンクをたどることでとれるようになった。
 
 うちのチームを卒業して高校に巣立っていったOBたちの動向なんて言うのが一番気になるのである。
 ここ数年は部員の数が少なく,低迷期が続いているが、それでも卒業してからもサッカー続けているので、頑張ってるかな,怪我していないかな、試合に出させてもらっているのかなと、まあいろいろである。

 とりわけ遠くに行ってしまったOB達の動向が気にかかる。神奈川にいるなら、川崎北高校の柴田先生の、高校サッカー通信
        http://www2b.biglobe.ne.jp/~isao/ 
これさえ見てればまず間違いない。
全国の掲示板あるので遠方の情報さえわかってしまう。柴田先生のものすごいパワーを感じるサイトである。

 群馬にはKamiyamaさんという女性がいる。前橋育英のどうも追っかけをしているようで(とりわけ育英出身の鹿島の青木ファンらしい)このかたのホームペ-ジをみているといろんな事がわかってくる。
 うちの笠原の情報なんぞも教えていただいて感謝申し上げる次第です。
もちろん面識はないのだが、このかたにも勝手にパワーをいただいている。
ちなみにKmiyamaさんのホームページは
    http://www004.upp.so-net.ne.jp/carillon/

 このかたから教えていただいたのが,もっとマニアックというかよくまあこんなに調べているというか、ものすごい情報を提供してくれてるサイトがこちらである
    http://www.enpitu.ne.jp/usr3/31820/diary.html
 ひしゃくさんというみたいだがユース年代の情報はものすごい。もちろんお気に入りに入っている。男のかたか女性なのかそれすらわからないがまあすごい。
 
 新聞の情報も大事なんだがもっとローカルな情報が大事な時代になってきたとおもう。我々自身が選択して情報をとることができる時代である。すごい世の中になってきたし,便利にもなったが、僕らはアナログ世代でもある。このギャップが辛い。
 
by gsfc_aoshima | 2004-07-24 17:44 | その他 | Trackback | Comments(0)

セレッソに移籍の古橋選手

5時起床。けさは幾分涼しい。だからよく寝れたのかな。めざましで起きてないので、その日の体調次第である。昨夜も早くに寝てしまった。

 今月号のJFAニュースがきた。いつも斜め読みで終わってしまうのだが,蹴球通信というコラムがある。その中に「Honda Fcの足跡と古橋選手Jリーグへの挑戦」という記事があった。
 今季シーズン途中でチームの得点源だった古橋選手がセレッソ大阪に移籍したという記事である。古橋選手のことは得点力がすごい(昨年31点)事と,出身が僕の生まれ故郷の磐田出身(高校は違うが)だということで去年あたりからちょっと気になっていた。

 通常、1ランクの上がりはあっても、3部から1部への移籍であるからして、相当の期待の現れだとおもう。
 J1のスピードや寄せの早さで戸惑う事もあるだろうががんばってもらいたいもんだ 。アマチュアから遅咲きのプロへの転身であるが,高校出て1~2年でつぶれていくJリーガーも多い。
 
 チャレンジし,結果を出すことで多くのプレーヤーの励みになるだろう。応援するずら!
by gsfc_aoshima | 2004-07-23 17:45 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

日韓サッカー戦アンダー23

4時45分起床。毎度のことであるが暑い!
昨夜はアウエーで日韓戦があった。敵地での引き分けなので勝ちに等しいと思う。
最大の評価はバックラインがあいてに試合をさせなかったことだろう。
闘莉王を中心とした3バック及びサイドライン,阿部、今野のボランチが機能的な動きとスピードできちっと仕事をした感じである。それにしても真ん中に放り込んでくるボールに対し、ことごとく跳ね返した闘莉王のヘディングの強さはハンパじゃない。オリンピックが終わったら、フル代表間違いない。宮本じゃあ最後の最後でやられる。ポジショニングもいいのは読みの点でひいでているのだと思う。

 闘莉王、那須、徳永の3人は間違いなくフル代表に入るだろう。そしてレギュラーとると思うよ

 平山もヘディングでは絶対的な強さがあり、韓国バック陣に勝っている。
最前線と最後尾がこれほど高さがあり、空中戦に強いチームはかつてないだろう。
ほんとにオリンピックは楽しみであるがこのふたり、ヨーロッパのチームから絶対声かかります。
by gsfc_aoshima | 2004-07-22 17:47 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)