カテゴリ:横浜GSFC( 898 )

ハイライトから

TOKYO FOOTOBALLさんというホームページがある。
Jリーグを除いたローカルフットボール、とりわけ社会人の都リーグのサッカーを中心にしたサッカー専門ホームページである。
これほど充実したローカルフットボールのホームページは日本中探しても他にはない。
東京都サッカー協会のホームページをはるかに凌駕する素晴らしい情報発信。
これじゃあ選手たちも頑張るよね!

神奈川県でも是非お願いしたいよな!
12月24日の関東リーグ入れ替え戦も東京代表の東京海上FCとの試合だったので試合内容が出ているのでリンクさせていただく。
TOKYO FOOTBOLLさんありがとうございます。
オラたちも来シーズンのホームページをもっと充実したものにしないとね!


by gsfc_aoshima | 2018-01-16 08:38 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

初蹴り

1月3日はクラブ恒例の初蹴り。
ここから2018年のサッカーが始まる。
昨年は風邪がひどくて布団から出られなかったが、今年は入替戦にも勝ったし、体力気力ともに絶好調。

風邪が強く、グランドは砂塵舞い上がり、沙だらけの状態ではあったが、ご父兄の豚汁の差し入れもいただき、多くのOB,
現役の参加で大にぎわいだった。

元旦の朝一番に、お世話になったサッカー仲間の訃報が入り、参っていたが、気持ち切り替えて楽しい一日を過ごせた。
b0005596_12052874.jpg
b0005596_12010802.jpg
b0005596_12063276.jpg
サッカーのおかげで若い者と、つるもことができてほんに幸せである。






by gsfc_aoshima | 2018-01-04 12:42 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

b0005596_14302025.jpg
新年あけましておめでとうございます。

昨年もまた、「サッカーだけが人生だ!」みたいな生活でした。
こんな状態が何年も続いています。
良いのか悪いのかわからないけれで、とりあえず良しとしたいと思っています。

大晦日のTV番組で長嶋一茂さんが、「子供は馬鹿で健康が一番良い」と言ってました。
自分を鑑みて、大人でもありかなと思ってしまいました。

オラ達の年代では、この年でカッコ付けても仕方ないという方が大部分。
でもオラはカッコイイ爺いになりたい。
着るものも派手がいい。
好奇心は忘れない。
スケベな話も大いにしたい。
合コンもしたい。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



by gsfc_aoshima | 2018-01-01 14:34 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

もうすぐ年が明ける

大晦日、久しぶりにのんびりしている。
サッカーからも解放されて、少し虚脱状態だ。
やりきった感じで心地よい。

1週間前、関東リーグの入れ替え戦が茨城県の流通経済大学のサッカーグランドで行われた。
我がチームコブラは関東リーグ2部で前期は9試合で勝ち点5のダントツの最下位、後期は奇跡的な勝ち点18を稼いで2位、通算7位となり、自動降格の9位、10位は免れた。
ホッとしたのもつかの間、上位カテゴリーのJFLから、ブリオベッカ浦安と栃木ウーヴァが関東リーグに降格。
2チームも落ちてくるなんてありえないことが起きてしまい、1部も7、8位が2部の優勝チームと2位との入れ替え戦となる。
そして玉突きで2部の7位、8位が関東社会人大会の優勝チームと2位との入れ替え戦。
優勝チームが自動昇格できないなんて、可哀想というか、オラ達だって可哀想!!

その影響が都府県リーグの1部、2部まで影響してもう大変!!

ていうことでオラ達は関東大会準優勝の名門、東京海上FCとの入れ替え戦。
東京海上FCは完全な企業チーム。
出来たばかりの自前の人工芝のグランドもある。
クラブハウスは鉄筋だ!。

ウチは築40年以上の木造長屋の商店街。天井は穴が空いているのでガムテープを貼って上からペンキを塗った。
全て手作りというかナイナイ尽くしの貰い物ばかり。
テーブルから机、椅子、書棚、テレビ、座卓、座布団、全て貰い物だ。
オラは本当にもらうのがうまいと思う。

話がとんでもない方向に!
そんなことはどうでもいいことだった。

東京海上FCさんは下部組織はない。
ウチはキッズからジュニア、ジュニアユースまでゴチャゴチャいる。
トップチームは子供達にいい見本を見せないといけない。
何が何でも絶対負けられないのである。

東京海上FCさんの試合は生で2試合見た。
そのうち1試合はビデオも自分で撮って延々と見た。
ビデオで関東社会人大会の決勝も見た。
何番がどこのポジションも覚えたし、どこが強くてどこが弱そうで、何をしてくるのかまで全部頭に入った。

4年ぶりの関東復帰に燃えている。
早稲田の後輩が選手で6名もいる。

ますます負けられねえ!
試合前のミーティングはいつもよりちょっと長めの3分。
3分話せば十分でしょ!
たくさん話してもお腹いっぱいになる。

この1年間言い続けたことの繰り返しだ。
1、自陣地では無理しない。横パス、バックパスは極力しない。でも相手の横パスバックパスは90分間ねらい続けろ。
2、自陣地ではドリブルで1体1の勝負をするな。2対1の勝負に徹すること。相手陣地に入ったら好きにやれ。
3、バイタルエリアでは寄せを厳しく、そしてファウルをしない。ペナではスライディングタックルをするな。

ここまでは毎度のお話。
そして
4、相手は最初の15分はガンガンくるから耐えろ、後半になれば相手は必ず足が止まるのでそれまではしのいでやればいい。
5、相手のキックはうちのDFの裏まで飛んでこない。キックではうちが絶対負けないのでガンガン逆サイドに蹴っていけ。
6、子供らのためにも何が何でも負けられねえ。

結果は5−2で勝利した。
監督冥利につきる勝利だった。
寄せの厳しさで相手のチャンスを潰し、相手の寄せの甘さでゴールを奪えた。
関東リーグでそこそこ戦えたことも勇気になったと思う。

来年も良い年にしたいなあ!!

b0005596_23361115.jpg
b0005596_23355605.jpg
b0005596_23354550.jpg
b0005596_23362185.jpg






by gsfc_aoshima | 2017-12-31 23:36 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

入れ替え戦となった

地域リーグチャンピオンズ決勝大会の結果は1位女川、2位宮崎、3位市原、4位京都となった。
市原は3試合引き分け3試合PK負けでJFL昇格の2位以内の条件に達しなかった。

ていうことで、最終的にJFLから関東地区の2チーム(浦安と栃木)が降格して来て玉突きで関東リーグ1部より、10位と9位の2チームが自動降格、8位が関東2部の1位と、7位が関東2部の2位と入れ替え戦。
関東2部の7位と関東社会人サッカー大会準優勝チーム、8位が同じく優勝チームと入れ替え戦。
我がチームコブラは関東大会準優勝の東京海上FCさんと12月24日13:30より、龍ケ崎市の流通経済大学グランドで1発勝負の試合を行う。
90分で勝負がつかない場合は20分の延長そしてPK戦となる。

12月は今までなかったような緊張感漂う中でのサッカーとなり、頭の中もサッカー一色となるというわけだ。
今でもほとんど脳内サッカー一色だけんどよ!
破裂寸前までいくんだろうな。

この歳で若者たちと緊張最前線でいられるのは幸せというもんだ。
大いに楽しみたい!!

それから神奈川県の社会人リーグは関東2部からの降格チームが2チーム決定し、大騒ぎなのにうちが負けでもしたら、3チームの降格。
もはやパニック状態となるのは必定。正月は寝て過ごせない状態になる。

昨年、救急車にも載せられてやっと掴み取った関東リーグの座、1年で返上とはいかないのである。

by gsfc_aoshima | 2017-11-30 07:10 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

受賞

2017年関東リーグ2部のリーグ戦が終わり、ベストイレブンとフェアープレー賞が決まった。
ベストイレブンにはコブラから鈴木修人選手、チームもフェアプレー賞をいただくことになった。
修人選手は高校時代から名をなせ、そりゃあもうこのレベルのカテゴリーではない元Jリーガー。オリンピック日本代表にも名を連ねている。
現在はプレーヤーとしてだけでもなく、指導者としても東京都1部リーグの明治学院大学サッカー部の監督。
先週、リーグで優勝し、これからは関東大学リーグの昇格大会が待っている。
サッカーを本当に楽しんで、指導もしている。
半端ないのである。
もとJリーガーとはいえ、そりゃあもう試合では先頭に立って頑張る!

日本中探したってこんな大学サッカー部監督はいないのである。
想像以上に難しいことだということだ。
大学のチームの成績が悪ければ「監督何やってるの?どっちが大事?」といわれかねないのである。
選手として結果を残し、監督としても結果を残す。
これってすごいと思う。
まさにサッカーが本当に大好き。だからみんながついて来る。
素晴らしいことだと思うし、うちのチームにとっても宝なんである。

それからフェアープレー賞も嬉しい。
18節の戦いの中で、一人の退場者、警告累積からの出場停止選手もなかった。
前期最下位に沈んだが、後期の躍進はこういう出場停止選手がいなかったことは勝利を目指す時、実に大きな勝つための要因でもあったと思う。
各自が「反則はしない」というチームの決め事を徹底できたことがこの受賞につながった。

とにかくこの2つのことはありがたいことなんである。
b0005596_09355617.jpg
....................................................................................................................................................................................

 <チーム表彰>
  ■優勝 東京国際大学FC     12勝3分3敗(勝点39)
  ■2位 tonan前橋       9勝4分5敗(勝点31)
  ■3位 TUY           9勝3分6敗(勝点30)
  ■フェアープレー賞 横浜GSFCコブラ フェアープレーポイント18
 <個人表彰>
  ■得点王   井上 海希(エスペランサSC) 11得点
  ■アシスト王 佐野 弘樹(神奈川県教員SC) 12アシスト
  ■ベストイレブン
   GK 高田  鴻(tonan前橋)
   DF 中島 大智(東京国際大学FC)
      宮下 航輔(東京国際大学FC)
      田中  淳(tonan前橋)
   MF 下村  司(TUY)
      佐野 弘樹(神奈川県教員SC)
      倉下 勝行(早稲田ユナイテッド)
      鈴木 修人(横浜GSFCコブラ)
      竹原 悠希(東京国際大学FC)
   FW 大戸 航平(神奈川県教員SC)
      滝沢 昂司(TUY)




by gsfc_aoshima | 2017-10-11 09:36 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

9月24日の第18節vsTUYの試合をもって2017年関東サッカーリーグ(2部)のリーグ戦が終わった。
最終節にふさわしいドラスティックなゲームだった。
誰しも予想もつかない結末で、その日は脱力状態というか、こんなに疲労感の残る試合もかつてない。
50年以上サッカーの現場にいて昨年の関東社会人大会の準決勝、ザスパクサツチャレンジャー戦に匹敵するようなゲームの流れだった。
いい勉強をさせてもらったと前向きに考えたい。でも悔しい!!
詳細は別の機会に綴るとしよう。

この結果、関東サッカーリーグの最終順位は次の通りとなった。

 1位 東京国際大学FC   12勝3分3敗 勝点37 差+21
 2位 tonan前橋     9勝4分5敗 勝点31 差+5
 3位 TUY         9勝3分6敗 勝点30 差+17
 4位 早稲田ユナイテッド   8勝4分6敗 勝点28 差+8
 5位 神奈川県教員SC    8勝3分7敗 勝点27 差0
 6位 エスペランサSC    6勝5分7敗 勝点23 差+7
 7位 横浜GSFCコブラ   6勝5分7敗 勝点22 差-1
 8位 FC KOREA    6勝5分7敗 勝点23 差-3
 9位 東邦チタニウム     5勝2分11敗 勝点17 差ー17
10位 日本工学院F・マリノス 3勝2分13敗 勝点11 差-36

前期は勝点はたったの5点で最下位。他チームから見れば降格の安牌だったに違いない。
後期は狂ったような18点。阿修羅の戦いをしてくれた選手諸君に感謝したい。

7位というのは通常ならば降格にはならない。
今シーズンは上位カテゴリーでもあるJFLに壮絶な順位争いがあり、関東の2チームが最下位とブービーにいる。
このままいくと関東リーグに落ちてくる可能性があり、その場合は関東社会人大会の2位のチーム(昨年のうちのチームの順位)と12月24日に入れ替え戦が待っているのである。

これを避ける条件は
1、JFLの八戸か今治が4位以内に入ってJ3に昇格する。
2、JFLに関東のチーム(VONDS市原)が地域リーグ決勝で2位以内に入って昇格する。他の関東のチーム(5チーム)も10月に行われる全社で3位以内に入れば地域リーグに出場できるがこちらはハードルが高い。どちらにしても地域リーグ決勝大会は死の大会と言われるほど厳しい大会で予想はつかない。
3、JFLの栃木ウーヴァかブリオベッカ浦安のどちらかが下から3番以上になってもらう。

どれか一つで入れ替え戦がなくなるわけで、ほんとよろしくお願いしたいのである。

JFL次第で下位のカテゴリー全てが玉突き状態で降格する。
うちを含めとりわけ神奈川県のサッカーチームは枕を高くして寝られない状態が年内続くわけである。
これは違う意味でストレス極限状態ではあるが、そんなことばかり嘆いていても仕方ないので入れ替え戦を楽しむんだと切り替えたい。
今までやってきたように常にチームの質を上げることを目指せば結果はついてくると確信している。

応援いただいた皆様に感謝申し上げます。
b0005596_08590545.jpg
b0005596_08442436.jpg
b0005596_08441793.jpg
b0005596_08590130.jpg



by gsfc_aoshima | 2017-09-26 08:59 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

合宿がはじまった

8月8日いよいよ夏の恒例行事の本番、合宿がはじまった。
台風襲来の中、ジュニアユースが野辺山、五光牧場に出発した。
本日より3泊4日、11日より入れ替わりでジュニアの5、6年生が3泊4日で野辺山へ。
またまた入れ替わりで14.15.16の2泊3日で4年生。
ジュニアユースの面々の中にはもう5回目というのが何人も!

涼しい環境、熱中症の心配が全くない中で思う存分サッカーを楽しんでほしい。
仲間と楽しんでほしい。
一生の友を作ってほしい。

オラは10日に出発です。
b0005596_08235185.jpg
b0005596_08235973.jpg

by gsfc_aoshima | 2017-08-08 08:50 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

後期第2節の結果

2017年公式戦関東リーグ後期第2節
期日:2017/7/22(土)
会場:赤羽スポーツの森公園競技場
天気:快晴
グランド:人工芝
キックオフ:19:00
試合時間:45分×2
横浜GSFCコブラ 1(0−1)1 FC KOREA

前半は全くゲームにならない打ち合いに終始。相手がガンガン蹴ってくるだけなのにそれに対応できず、ちぐはぐなサッカーに終始。
後半は「反則を取られてリズムを悪くしているので反則をしないよう注意しろ」

縦一本の前半から、鈴木修人を中心にしてワイドな攻撃にチェンジできてからうちらしいサッカーに変わる。
再三のチャンスも得点に結びつかなかったがPKを取れた。
同点後、幾たびかのチャンスもゴールには遠かった。

シュートで終わるということを大きな課題にしたい。
b0005596_09353723.jpg
b0005596_09353284.jpg
b0005596_09352700.jpg
b0005596_09321299.jpg
b0005596_09320745.jpg
b0005596_09320059.jpg



by gsfc_aoshima | 2017-07-27 09:36 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)

本日の公式戦

2017関東サッカーリーグ2部後期第2節
日時:7月23日(土)
時間:19:00 KICK OFF
会場 : 赤羽スポーツの森公園競技場
相手:FC KOREA
前期は0−0の引き分けでした。勝利できるよう一丸となって戦いますので応援よろしくお願いいたします。

人の生き方や勝負事で偉そうなことを言うつもりではないが、
「最後まであきらめないでやり抜く」

本日も明るくグアンバリます!!

元Jリーガーで明治学院大学サッカーの監督とコーチ2名がうちのチームの選手として頑張っています。
3名ともサッカー大好きです。
チームのお手本です。
Jリーグだけがサッカーではなく、日本代表だけ強ければいいのでもなく、こういった選手たちも含めサッカー大好きな子供から老人までが日本のサッカーを支えているわけだ。
b0005596_09533609.jpg
2015年入団鈴木修人選手(前所属 ギラヴァンツ北九州)
b0005596_10044625.jpg
2017年入団小谷野顕治選手(前所属ガイナーレ鳥取)
b0005596_10053543.jpg
2017年入団海老澤宏樹選手(前所属ランサーンユナイテッドFC ラオスチャンピオン)



by gsfc_aoshima | 2017-07-22 10:13 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)