カテゴリ:日本のサッカー( 369 )

佐藤のゴール

昨日行われたゼロックス杯の広島vs柏のゲームは見ていない。

気功教室で瞑想していましたので!
ヒザが悪いので正式な座禅は出来ない。
途中、気持ちよすぎて深く入り過ぎ、寝てしまったかもしれない。
先生からは目を閉じた時に眉と眉の間に集中しなさいと言われたら余計眠たくなった。

ていうことで、youtubeで佐藤の得点シーンを探す。
左サイドからボールが来る前にもう、準備に入っている。
ボールが水本に渡る時には自分に付いていたDFとの間に一瞬にしてスペースを作っている。
この予測と準備というかスペースの作り方!
すんばらしいよな!

日本代表になんで定着させないんだろうか?
日本代表の最大の1不思議である。
単にザッケローニが佐藤のプレースタイルがあんまし好きでないんだろうか?
こんなありがたい選手がいたら監督は楽だと思うが。
ブンデスリーグでやらせたい!

相手がでかくても、スペースさえあれば小さくてもどうちゅうことはないという証明でもある。

by gsfc_aoshima | 2013-02-24 07:00 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

神奈川県サッカー選手権大会決勝トーナメントが大変なことになっている。
1部のチームが総崩れなんである。
我がチームコブラは今週3回戦なんだが、1部の準々決勝進出チームは2チームしかいないという下克上状態なんである。
日の出の勢いのチームが多いということなんだろう。
県リーグ終了から相当日にちが経っているので、チームを作り上げている状態のチームが多いということなんだと思うが、それにしてもびっくらこいた。

1部のチームで準々決勝まで勝ち上がっているチームは六浦FC、ブレッサ相模原。
うちは24日のFCコラソン・プリンシパルさんとの難しい試合が控えている。
コラソンさんは1部昇格を決め、勢い真っ盛りだ。
勝ったほうが1部の初声FCと対戦。
つまり2チームで終わっちゃうかもしれない状態だ。

もちろん死にものぐるいだし、受けて立ったら必ずやられる。

2月24日から3月17日の決勝まで毎週の戦いが始まる。
昨年は3試合連続のPK勝ちを制しての初優勝だった。
まさにフロックで勝たせて戴いたようなもの。
今年も大変なことなんだが、チャレンジャーとして這いつくばってでも相手より1歩でも走り抜くという執念で戦ってほしいもんである。

選手、スタッフ一丸となって戦い抜こう〜!
サポートしてくれている大勢の子どもたちのためにも、何がなんでも勝つ!
本年もまた、たくさんの応援宜しくお願いいたします。
b0005596_9174766.jpg

by gsfc_aoshima | 2013-02-19 09:17 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

2/26号のサッカーダイジェスト セルジオ越後の天国と地獄 ラドビア戦の要約
.................................................................................................

アジアより弱い相手とホームで戦っても得られるものはない。

内田がボールを持っただけで黄色い声援が飛び交い、大津がタッチライン際に登場しただけでキャーキャー。こうしたファンはすぐに離れる人たちばかり

ヨーロッパで親善試合を組むべきだ。
長谷部と細貝の②ボランチではゲーム作れない。遠藤が不在の時はどうするか

翌日の二ュースでは本田のゴールや香川のアシストが中心だった。本当のヒーローは岡崎ではなかったか

同じ日に韓国はロンドンでクロアチアと0−4、負けたとはいえ本気のサッカーをしたと思う。
ブラジルはイングランドで、アルゼンチンはスェーデンで親善試合をしにヨーロッパに渡っている。
ブラジル大会ではベスト8以上を目指しているだろうから、そのような強化をしてほしい。
..................................................................
ラドビア戦のあった日についてこんな内容だった。
オラのラドビア戦の感想と何ら変わりがない。

結局、極東でのサッカーって厳しいものがある。
ヨーロッパに戻った選手たちの今週のパフォーマンスは完全に落ちている。
内田肉離れで、シャルケからはブーイング来てるし。大津なんか影も形もない。
日本に来ても何も出来なかった清武やら、香川も帰ってもフルで出来ないし。
だれひとり活躍したと言う話は聞こえて来ない。

何のためのラドビア戦だったのか、協会はノープレブレムだと思っているのならこんな悲しいことはない。J1のチームでも勝てる相手とやって喜んでいるようでは日本代表の明日はない!
by gsfc_aoshima | 2013-02-16 07:28 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

飲み会

2月12日(火)珍しいメンバーでの飲み会を横浜西口で開催した。
早稲田ア式つながりでオラと、コブラ監督の秋山君、そして元Jリーガーで元コブラの外池君。
その外池君とベルマーレつながりの臼井幸平君。

臼井君は昨シーズンでプロ引退をしたばかりの32歳。
Jリーグでは400試合近くの出場歴のつい今しがたまでの現役選手だった。
モンテディオ山形時代に三ツ沢で試合があった時に見た記憶がある。
右サイドを風のように駆け抜けていた。
聞くところによると、これからは町田でサッカースクール等を立ち上げたようで、オラたちと恊働出来るかもしれないと思ったし、是非よろしくとお願いもする。
うちのスクールにも、是非顔を出して頂けたらありがたい!

サッカーでの取り持つ縁というのはありがたいもので、10分もしないうちにサッカー談義で花が咲ける所が素晴らしい。
臼井君はクルマで来たんでウーロン茶だったが、オラたちは痛飲した。
申しわけないことをしたんで再会を約した。
また一人友達が増えた。
この歳で新しい友達はなかなか出来んに!!
b0005596_7282653.jpg

by gsfc_aoshima | 2013-02-15 07:28 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

47年前のサッカーマガジン、昭和41年8月号
b0005596_992626.jpg

この年に日本リーグが出来たので、サッカーマガジンが創刊になったんだろう。
オラは高校2年生だった。
FW5人というのがいいね!
両翼がウィング、真ん中がセンターフォワード、その両サイドがインナーという。
宮本輝紀さんは、2枚目だったよな!
早稲田ア式先輩は5人もいらっしゃる。
b0005596_99492.jpg

日本リーグ東洋vs日立戦の一番下の写真を見てほしい
日立のGK片伯部さん(かたかべさんと読む)にスライディングしている、二村さん(前長野県サッカー協会会長、日本代表)、岡光さん(日本代表)、そして確信犯でレイトタックル、スパイク裏面で笑いながらの小城(おぎさんと読む、日本代表、広島県サッカー協会会長)は今なら全員1発退場だよな。
二村さん岡光さん3試合出場停止、小城さんは5試合ぐらいダメかもな。
でも当時はこれが当たり前だったし、ケガしてもみんな痛みに耐えてよくやっていたもんだ。
b0005596_910918.jpg

杉並区の馬橋小の風景。
先生の格好も凄いな。靴下はいてないし!
子供たちもランニングシャツということは下着だな。
b0005596_9114845.jpg

裏表紙はヤスダのスパイク。
ポイントが皮なのですぐ、すり減って打ち込んだ釘が出てくる。
これで正面から、スライディングタックルだに!
みんなレガースしていないし。

この号の早慶戦特集では観客4万人だったそうで、釜本さんが出ているからなのだろう。
by gsfc_aoshima | 2013-02-01 09:10 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

中山ゴンさん引退

中山選手が引退を表明!
ていうか、ほんとは引退したくないけど、ヒザが言うこと聞いてくれないほど痛いんだな!
膝の痛みって、なったものでしかわからないほど痛いし、重い!

それにしても、45才の髪型ではないな!
昨今の日本人に欠けている「元気」
サッカー界に、いやいやスポーツ界、いやいや、日本に「喝!」を入れてほしい

彼のすごいところは、30歳を過ぎてからサッカーが上手くなったということだと思う。
若い頃は馬力ばかりの猪突猛進型だったけれど、ドゥンガの影響かもしれないが、トラップがうまくなったことだと思う。
ボールをもらって、すぐの動き出しがスムーズになったことで得点力がアップした。
ジュビロの練習場で、ほんとよく走っていたのも記憶にある。
伝説の4試合連続ハットトリックってすごくない?

日本を元気にしてくれる大切な人だな。
それから、これもグッと来た。

by gsfc_aoshima | 2012-12-05 06:42 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

元監督の怨念?

ガンバが落ちた!
ヴィッセルも落ちた!

1年前、ガンバの監督はア式後輩の西野。
10年勤め上げた監督をクビになった。
昨年までは優勝を争うチーム。
はてながつく、辞め方だった。
それを呂比須の日本愛は素晴らしいとか言って呂比須監督になったのだけれど、ライセンスもっていなかったとかなんとかで、実質的には呂比須が指揮を執ったのだが名目的にはセホーン監督。

これってチームじゃあないよな!
そして、チームはバラバラ状態のまま、セホーン、呂比須解任。いまさら西野に帰ってきてくれとも言えないし、生え抜きの松波監督。
なんだかおかしなちぐはぐな選手起用もあったりで、立て直せないまま、見事と言うかJ2転落。
落ちるべくして落ちたというかフロントの責任は大きい。
遠藤、今野がいての、ていたらく!
みんな、心ここにあらずといったところなんだろうな。
そういえば、本家のパナソニックも下降気流なのも気にかかるよな。

コンサドーレが落ちたのは、これは納得できるが、ガンバや、1年前はこれでもかと補強し、新生なったと、いわしめたヴィッセルはどういうことなんだろうな。
たぶん、オーナーは鼻高々で「今年は優勝狙います」と言っていたのだろうか?
そんなに甘くないって!サッカーって。
勝てばチームは一体になれるのもサッカーだが、負けが3つも続くとすぐさま、疑心暗鬼になるのもサッカーというスポーツの特長でもある。
そういえばヴィッセルも途中、西野を起用してまたまた解任。
西野の怨念?

そういわざると得ないような、今季の見事としかいえないような結末だったと思われるわけである。
そうそう、そういえば、かつて大分をJ2に落としたのが当時ジェフにいた林選手で、今回のプレーオフで、そのジェフに引導を渡したのが、大分に拾ってもらった林選手だというのも記憶に新しい。

いやぁ!サッカーってほんと何があるか分からない。
西野くんや林くんが丑三つ時に、五寸釘を藁人形に打っていたとは思わないが、サッカーってほんとデリケートなスポーツだということを感じさせずにはいられないのである。
だからこそ、魅力あるスポーツだと言えるのかもしれない。

とはいえ、来季のJ2はほんと面白そうである。
by gsfc_aoshima | 2012-12-02 07:27 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

今日で11月も終わろうとしている。
11月はうちのチームにとっては今年1年の集大成みたいな月である。

関東リーグ昇格のための関東社会人サッカー大会があった。
結局2回戦で、今年関東リーグ昇格を決めた千葉県代表のVONDS市原に敗れた。
甘くなかった。大いに反省している。
VONDSさんとの差はなんだったのか。

オラの2013年のプランの中では来年度の県1部リーグの優勝、そして関東社会人での優勝での昇格が決まっている。
そのカレンダー通りにさせるためには、何をしなければいけないのか!

ぼけ〜〜〜〜っとしてられないのだ。
そのための12月だと思っている。

2020年にはJFL昇格も決めた。
そのために動こうと思う。
オラはそう決めたんで、みんな、ついてきてほしい。

半端な戦いではないと思うが、よそのチームに出来て、うちのチームに出来ないなんてというようなことはないと思うので。
ない頭をひねり、知恵を出し合い、どうしたら達成できるのか、考えるしかないし、動くしかないのである。
これからの7年は死にものぐるいで走るカレンダーになることはまちがいない。
よそのチームがやれることを、ただ指をくわえているのは、堪え難いのである。
by gsfc_aoshima | 2012-11-30 07:25 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

目からうろこ

朝からYoutubeにハマり、時間の経過すら忘れる。
その中からふたつ

6才までにマスターさせる技−6才にはけっこう高度というか、オラでも知らない技がひとつ。
2番めのは相当練習しないと。

次のをみて低学年の練習を考えさせられる。
やるしかないな。

レアッシ福岡さんというとのことだが、育成コースとはいえ、ここまで出来るなら見習わないと、いけない。
チームが生き残っていくには、子供だけでなくスタッフも頑張らないといけないと思う。
大人が、のほほんとしていたらチームが生き残れない!
やることはいっぱいあるな
by gsfc_aoshima | 2012-10-25 09:02 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)

11月10日から始まる関東社会人サッカー大会の組み合わせが決まった。
いよいよである。
執念でつかんだといってもよい関東リーグ昇格への第1歩が始まる。
b0005596_7413599.jpg

初戦の相手及び、それに勝った時は

1回戦 2012/11/10
東松山サッカー場
13:30キックオフ
vsJBUS宇都宮SC

2回戦 2012/11/11
熊谷スポーツ文化公園補助競技場
13:30キックオフ
VONDS市原vs越谷FCの勝者
(千葉県1位)(埼玉県2位)

いつも応援してくれるチビッコサポーターのためにも俺たちは負けられないのだ。
b0005596_750217.jpg

なにがなんでも勝ち上がるだけだ。決勝まで!!
by gsfc_aoshima | 2012-10-23 07:50 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)