カテゴリ:高尚な話( 128 )

本日、市役所にいくための書類作成には完徹かなとおもったが、とりあえず、朝4時半で出来上がった。
そうです!チームをNPO法人化するための書類作成です。

とりあえず、なんとなく書類だけは出来たという感じである。
「戸塚区」の塚を「塚」に変えたし!
1本ちいさな線が入っているのが正式なようでして。
そういえば免許証をみるとはっきりする。
まったくもって紛らわしい。

たぶん、本日の事前申請はまちがいないと思うので、年内には正式申請できるだろう。
問題なければ、来年4月からは横浜GSFCも特定非営利活動法人のひとつとして、第1歩を踏み出すことになるわけなんだが、節目節目でチームも変えていくことが大事だと思う。

世間を騒がしているマヤ暦でも、この21日で、いい意味で世の中が大きく変わるそうなんで、オラたちもそれを見習って、四半世紀の転換点にしたいのである。
by gsfc_aoshima | 2012-12-19 07:39 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

高校生の部活

昨夜は所さんの「笑ってこらえて」を最初から最期まで見てしまった。
たまたまチャンネルをカチャカチャやっていたら、番組が始まった。

高校生のマーチングバンドの全国大会への道みたいな感じで何校かの高校生チームを紹介していた。
高校生の部活っていいなと思う。
もちろん、自分たちの高校時代と重ねて見ることができるし、日本人の大好きな根性ものだからだとも思う。
下手なのがだんだんうまくなって本番当日を迎えるというストーリーもあるし、金賞とっても全国に行かれない「ダメ金」というのもあるようだし、見ているこちらサイドにとってもハラハラドキドキで、まさにハマるよな。

そして、みんなよくここまで涙が出るかというぐらい、涙ボロボロというのもいいよな。
あこがれの先輩みたいなのもいて、寄宿舎生活をおくってまでその高校に入るという女生徒もいたりで、サッカーも吹奏楽部も本質は同じなんだな。

とりわけ、福岡の精華女子高校は際立っていたし、スタジオまで出演するというのもうなづける見事さだった。
教える藤重先生と生徒たち、ソロのパートを争う2年生の広田さんと宮邊さん。
レベルの高さは感動だが、そこまで行くのにどれだけの努力があるとのかというのも忘れてはならない。
そして選曲の東京オリンピックのフィナーレとマーチというのも、泣かせる。
オラをだに!
忘れもしない東京オリンピック開会式。
1664年10月10日。
なぜこの日かというとこの時期で雨降らない確率が一番高い日だったと思う。
前日は雨が降っていた。
朝起きたら田舎の磐田でも雲ひとつないお天気で、もちろん東京も雲ひとつない。
今と違って天気予報の精度も悪かったと思う。

そして古関裕而さん作曲のオリンピックマーチ。
まさに、まさに鳥肌だった。
当時中学3年生で、明けても暮れても魚釣りとカイボリ(小川をせき止めて水をひたすら出して小魚をつかまえる)に明け暮れていた。

中学時代はサッカーやってなかったし、帰宅組だったわけだ。
そんな中学生でもオリンピックは夢中で引き込まれた。
だから、このメロディーがかかっただけで鳥肌が立つわけで、精華女子高校の音も素晴らしかった。

今年の11月に全国大会があったばかりなので、まだyoutubeでは登場していないが昨年のがあったのでご紹介。ここでトランペットのソロを吹いているのが当時1年生の広田さん。

ぜひとも今年のもどなたかアップをお願いしたいよな。
ここの学校はマーチングの時、催事でのユニホームはあるみたいだが、この大会はジャージというのも、オラにはここちよかったし、14回全国出場し、14回金賞というのも実力が物語る。

by gsfc_aoshima | 2012-12-06 08:34 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

凄い人ほど謙虚になる

iPS細胞開発でノーベル医学賞が決まった山中教授のことば
進行していく病気の時間との戦いを強く感じるし、私たちの一日と患者にとっての一日の違いを心して、研究している。あす、薬を作ることはできないが、多くの研究者が日々挑戦しているので、希望を持っていただきたいと思う。

とっても勇気づけられることばだと思う。
そして1番だからノーベル賞をいただいたわけで2番だったらいただけなかった。

天皇陛下の心臓バイアス手術をされた天野篤先生
一昨日のTV番組で先生の1日を紹介していた。見るのは2回目。
かつてお父さんの心臓手術に立ち会って救えなかった。
一人でも多くの患者さんを救いたいから、自分が頑張るのは当たり前だし、自分に与えられた使命。
朝の8時半から夜の11時まで4つの手術をこなし、その間、缶コーヒーとビスケットのみ。
大学病院の自室のソファーで寝る毎日。
でも、爽やかな清々しい仏様のようなお顔をされている。

お二人を見て、日本人の霊性の高さというか、日本人の素晴らしさを感じる。
ありがたいことである。

目標はちがうかもしれないが、オラたちにだって出来ることはあるわけで、常に使命感を持って日々をすごすことを改めて実感する。
by gsfc_aoshima | 2012-10-11 07:21 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

五光牧場のかき氷

今年の冬、五光牧場のオーナー、吉沢さんが天然氷を作る。
それを今シーズン、かき氷として試食販売した。
10日間もかけて、それもモーツアルトをパッドの水に聞かせて作ったという氷はとにかく固くて解けにくい。
吉沢家はもともとは昭和30年代に日本一天然氷を生産していたとのこと。
その復活をしたわけなんだが、もはや1年目で素晴らしい出来の氷が出来ている。

かき氷機の刃で、これでもかというぐらい薄く削ったかき氷は滑らかできめ細かい。
蜜はピーチをジューサーでつぶした100%のフレッシュで、これに練乳をこれでもかと掛けたら、まずいわけがない。
とにかく、練乳はかき氷のマヨネーズみたいなもんでなんにでもぴたっとあう。

そのほかには、今が旬という川上村特産のイチゴを使っフレッシュストロベリー。
ズンダ金時もなかなかのできばえだし、宇治抹茶をつかった宇治金時も定番だな。

世の中は灼熱地獄の毎日だが、五光牧場のかき氷を食べられるのも今週末までなんである。
b0005596_8155291.jpg

by gsfc_aoshima | 2012-08-23 08:18 | 高尚な話 | Trackback | Comments(2)

野辺山は寒い

昨夜、あまりの暑さで野辺山に逃げ戻る!
今朝の五光牧場にはオートキャンパーが2組
b0005596_7224493.jpg

大学の空手部の合宿
5日目でもう走れない。歩いている。
全員でヤケクソで校歌大合宿!
これが青春だ!
夜逃げするなよ!
b0005596_7224650.jpg

八ヶ岳もキレイだは
b0005596_7224729.jpg


それから昨夜は満天の星空でした。
皆様にその星空と今朝のこの空気をお届けしたいぐらいです。
もう、引っ越したいだに!
by gsfc_aoshima | 2012-08-21 07:14 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

松本薫選手金メダル

柔道57kg級松本薫選手が金メダルを取ったね!
野生児松本さん、ほんとに良かった。

2009年の世界選手権で、手を骨折しながら試合を続ける彼女の姿に胸を打たれた。
以来、密かにファンになっていた。
今いないよな、あんな日本女性。
昨夜はずっとtvの前に釘付け。

ほんとにおめでとう!
中矢選手も銀メダルおめでとう。
あとちょっとだった。
4年後に期待しよう。

b0005596_6385875.jpg
b0005596_6384459.jpg
b0005596_638332.jpg
b0005596_6382143.jpg
b0005596_6381049.jpg

オリンピックで聞く「君が代」ってほんとにすばらしい!!!
by gsfc_aoshima | 2012-07-31 06:40 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

さあオリンピック開会式

ロンドンオリンピックのサッカーは既に始まっている。
ただ今開会式。
もうすぐ日本

それにしても知らない国の多いこと!
半端ない。
国旗を覚えるのはさらに大変だ。
それでも日本の国旗のすばらしさは1番だと思う。
日の丸
見ただけでも感動するほどの神々しさがあるとか思わないかい!

日本の前のジャマイカも凄い色で大好きだな
204の国と15000人の選手。
なんでも大会期間中に選手に無料配布されるコンドームが100000個というのが気になるのだが。
日本選手もボルトに負けずにこちらでもがんばってほしい。
b0005596_7152059.jpg
b0005596_718733.jpg
b0005596_7175748.jpg
b0005596_7155530.jpg
b0005596_7154710.jpg
b0005596_7153411.jpg

by gsfc_aoshima | 2012-07-28 07:18 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

6/3 県社会人リーグ第3節ハーフタイムでの、全員での円陣の時、この現象がくっきりとカメラに納まっていた。
b0005596_7334943.jpg

おわかりだろうか!
もっと拡大してみよう。
b0005596_735285.jpg

なんとも言いようのないような澄み切った青紫の光。
サッカーの神様に間違いない!
神のご光臨である。
そして笠原監督のあたまでスパークする。
選手はその現象に気付いていない。
セネガル出身のパパ選手も。
その他の誰もが。
9番の志連選手が「うん?」
笠原監督、どんぐりまなこ。
「なんかあたまに電気が走ってアツいのだが!」

カメラだけがこの超常現象を捉えていた。
この夜の試合の出来の悪さは半端なかった。
全くエンジンがかからない。
グランド状態もいいようのないほどの悪さだったが相手も同じ条件だ。
やっとの思いで、前半を1−1で耐え凌いだ。
ジダン笠原の髪の毛同様、勝ち目も薄いダブルパンチだった。

この円陣の時、まさにジダン笠原の薄くなったあたまに神様がご降臨されたのである。
チームは後半、同じチーム?というほど変わった。
前半走らなかった選手が、どこまでもどこまでボールを追いかけた。
そして怒濤の攻撃。
あっという間に逆転した。
笠原采配も見事だった。
交代時期も良かったし、出た選手が大いに活躍した。
最後まで声も出て、チームは一体感そのものだった。

サッカーの神様に感謝である。
この写真は神棚にご鎮座させないないわけにはいかないだろう。
大事にさせていただこう。
試合の時には、必ず携行させていただいている八咫烏神社のお守りもあるこんだし。
b0005596_7583232.jpg

そして、笠原監督の髪の毛も生えてくること、まちがいない。
これからは「ジダン笠原」から「スパーク笠原」と呼ばせていただこう。

ナイターの照明ではないかぁ?
とんでもない。
サッカーの神様のご光臨である。

それから、この日の先取点は山崎選手のコーナーキックを脇坂選手のヘッドと記録したが、江口選手からの「あのコーナー、オラッチが蹴ったんで、ヨロピク!」という申し出があり、記録訂正させていただきました。この場を借りてお詫び申し上げます。
by gsfc_aoshima | 2012-06-05 07:58 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

神様の存在を感じた

金環日食が見れた。
金環日食のときだけ、厚い雲から薄い雲へと変わってくれた。
肉眼でもはっきりと。
グラスがない人でも見れたのは尚更良かった。

娘からもらったガラスでは黄緑色に見れてそれもまた荘厳だった。
オラは合掌した。
元旦の初日の出ではもちろん合掌だし、万歳三唱。
心の中で万歳三唱した。
肉眼の方が感動できたのはなぜだろうか?

平安時代にこれを見た人はどんな気持ちだったんだろうか。
932年前は元号は承暦(じょうりゃく)。
白河天皇の御代である。
清盛のおとうさんと言われる人だ。
「いい国つくれなかった」頼朝の112年ぐらい前。
NHKの白河天皇=後白河法皇=伊東四朗が身近に感じられる。

もちろん神の成せる業以外の何ものではないので、伊東四朗さんをはじめてとして、人々はひざまずいて畏れおののき合掌したに違いない。
こんなに盛り上がるのなら、清盛でも、この金環日食を最初の頃に取り上げていたら、視聴率上がっていたかも。

太陽や月を神として崇めた古代エジプトの人たちも同じだったに違いない。
今は亡き、古の人たちと、全宇宙を支配する神を共有したと思った。
こんなこと、偶然でもなんでもない。
神様以外に出来ないダニ!

だから、オラたちも宇宙の一部なんだなと、さらにさらに実感した。
素晴らしいことである。
そして、平安時代の人がいたからこそオラたちが存在しているということも。
オラの50代前のご先祖様が崇めたと同じことをオラもしたというわけだ。
オラのご先祖様はどこでどんな生活をされていたんだろうかと想像するのも悪くないと思った。
by gsfc_aoshima | 2012-05-22 08:10 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

その2

おせっかいかもしれないが、昨日、東京都サッカー協会に電話しちゃった。
駒沢オリンピック公園での東京シニアの大会で、選手が心肺停止というアクシデントがあったということ。
審判団の人たちのおかげで、一命が取り留められたということ。

協会には、委員会の方からまだ報告が上がってきていないとのこと。
誰も知らなかったようだ。

おせっかいかもしれないが、「オラァ、感動したもんで!」
さらに、大きなお世話かもしれないが「是非とも、あの3名の方々を協会から表彰してやってほしい」と。
さらにさらに、「これもあれも全て、東京都サッカー協会がしっかりしている証拠みたいなもんです。日頃からいざという時の講習をされているのはほんとに素晴らしいと思います」と自分のことのように絶賛!

そして、まさにどうでもいいことなんだが、「前東京都サッカー協会の会長だった、やっさん!安田会長は学生時代の監督だったもんですから」と、なんだかわからないことまで申し上げておいた。

広く啓蒙するいい機会だと思ったから。
おせっかいも必要な時もあると思った。
by gsfc_aoshima | 2012-04-24 06:52 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)