カテゴリ:高尚な話( 128 )

2013年度が始まった!

年度末の週末は、ほんと寒かった。
真冬に逆戻りで、桜がなんか場違いの感じでもあったし、お花見なんぞしていたら風邪引いちゃうよな。
駅では、大きなスーツケースを引きずっている若者が目だっていた。
今日からの新入社員研修の前夜入りなんだろう。
皆さん、期待と不安でいっぱいなんだろうな。
オラたちの頃は永久就職の時代。
今は、文句言ったらすぐ辞めてやる。

オラも大学出たての時の研修を思い出す。
なにせ1年間の研修だから!
1週間ではなく1年間だから!
それも新入社員とは言われず、「見習社員」

入社1日目は入社式は当然あるものと思っていたら、約1年後のオーナー面接がそれだった。
入社1日目は原宿から全員でおんなじ服装をわたされ−カーキ色の作業服にあごひものついた帽子をかぶるーいやはや、山手線の中では超恥ずかしかった。
消防隊かよ!

その日は増上寺の徳川家菩提のお墓周りの清掃。
夕方の帰りは芝から原宿まで歩いて行進。
ロシア大使館近くでは右翼と間違えられそうになったしよ!

大磯ロングビーチではライフガードもやったし、箱根竜宮殿では、法被着て旅館の番頭もした。
新婚旅行のカップルのお布団もご用意したりもした。
もちろん、悔しいからお布団わざと離したりして。
この時の研修で布団メイクはいまでもばっちし!
毎夜毎夜の大広間の宴会のあとは、残った日本酒をヤカンに集め、食べ残しの天ぷらや刺身を大皿に集めて、見習社員だけで夜毎の宴会。
もちろん、見習社員は1年間は禁酒禁煙なんだが、もう事業所ではそんなこと言っていられない。
酒でも飲まにゃあやっていられない。
禁酒禁煙が見つかって、全員連帯責任で本社の大食堂で背広姿で正座もした。

竜宮殿のお泊まりの団体さんのおばあさんからは、『よほどのご事情があって、こんな若い身空で番頭さんやられているんですね!ありがたやありがたや」と手を合わされたりもした。
逃亡者でも、組から追われているやくざでもないのによ!
お客さまからは「ほんとにいい温泉でからだも温まりましたよ」といわれたりした。
当時は沸かし湯だったのだが、違いますとも言えなかった。
今は温泉だが!!
b0005596_722962.jpg

右端の一番上にある櫓みたいなところで寝泊まりしていた。当時は物置に使っていたのを見習社員用に空けてくれた。

自衛隊研修は練馬駐屯地に入隊。
「君たち、ほんとに普通の会社の新入社員かい?右翼団体?それとも体育会?」
「いますぐ自衛隊でも5年後には将校になれるぞ。自衛隊に入らないか!」

苗場スキー場ではリフト動かしたり、雪崩防止作業なんぞも経験。
リフト券売り場では、バケツを足の下において千円札を踏みつけていた。

禁酒禁煙、禁麻雀、スポーツ刈り。全員寮生活の1年間の禁足令。
スーツケース1個で1年間を過ごす、東日本を社員寮から社員寮への渡り鳥。
とにかく言い方によっては、はちゃめちゃな研修1年間。

1年間のとどめは、翌年の3月末に行われた、見習社員全員でのオーナー面接。
この全員面接の準備に2週間の教育。
面接のための研修を人事課が部長以下、死にものぐるいでオラたちを教育する。
11ヶ月も研修してるんだから、統率、挨拶、服装すべてが北朝鮮の軍隊みたいになってるのに、更にその上をいく教育。
オーナーから、こう言われたらこう答える。そこまでやるか!
それを2週間。朝から夜まで。
こんな会社、日本中探しても1社しかない。

クラブの後輩が就職したいと来ても、当時は若かったので『辞めとけ』と全部断わった。

この年になって、今、考えると貴重な1年間でもあった。
終生の共となる同期が出来た1年間でもあった。

みなさん!
ぐっと我慢も大事だぞ。理不尽で、世の中苦しく辛いことがあるからこそ、楽しいことも見えてくる。
日本人としてのアイデンティティと誇りを持って、日本のお国のために必要とされる若者になってほしいよな。
年度始めから、まとめさせていただきやした。
なんかいい2013年度になりそうである。
by gsfc_aoshima | 2013-04-01 05:52 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

地球は生きているんだな

河口湖の水位が3月に入ってから6mも一挙に下がったとの報道。
変な噂をあおり立てるのはよくないとこだが、ちょっと気にはなる。
一夜にして6mはスゴ過ぎる。なにがあったんだろうか?

昨年、富士宮市内の湧水が異常なほどすごくて、道路に溢れ出していたし、このところの箱根の群発地震も気になるところではある。

すべてが推測の域を出ないほど、自然の力は大きい。
どうも地震予知というのは出来そうもないし、いつ何があってもおかしくないこのところなんだが、人間の力や人間が編み出した科学では、地球の凄さ、偉大さには叶う術はない。
ひたすら、お天道様を拝み、謙虚に生きるだけなんだと思うのである。

昔の人はえらかったんだな!!
by gsfc_aoshima | 2013-03-13 05:54 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

ボッチャ大会

3/3(日)保土ヶ谷体育協会主催の「保土ヶ谷スポーツ祭り」に一応体協の理事なので、係員として参加した。
午前中は永年に渡り、スポーツに貢献した方や、各団体の表彰等が行われた。
午後は、ボッチャ大会。24チームを8ブロックに分け、リーグ戦。それから順位別決勝トーナメント。
このボッチャに人数が足らないチームの助っ人に駆り出された。

ウィキペディアによれば
ボッチャ(Boccia)はローン・ボウリング(bowls)に類似したスポーツ競技である。障害者、とりわけ脳性麻痺などの運動能力に障害がある競技者向けに考案された種目である。パラリンピックの公式種目となっており、全世界で40カ国以上に普及している。

ルールは以下の通り
...........................
ボッチャは、個人、ペアないしは3人1組のチームで行う。ゲームの目的は、赤又は青(コイントスでどちらを選ぶか決める。赤ボールチームが先攻)の皮製ボールを投げ、ジャック(jack)と呼ばれる白い的球(まとだま)にどれだけ近づけられるかを競うことである。
長さ12.5m、幅6mのコートを用いてゲームの始めに的球を投げる。的球は、コートにV字型に引かれたジャックボールラインを越えなければならず、両サイドが交互に的球がコート内の有効エリアに収まるまで投球を繰り返す。続いて1巡目の投球は的球を投げた側の先行、次に相手側の順で的玉に向けてボールを転がす。2巡目以降ボールが尽きるまでの投球は、的球に遠いボールを投げたサイドが、相手チームよりも近いボールを投げられるまで連続して投球を行う。
ボールを動かす時には、手又は足を使うが、競技者の障害が重度である場合には、ランプスと呼ばれる補助器具を用いることもできる。各ラウンドの終了、すなわちエンドの度に審判は的球と投げられたボールとの間の距離を測定し、そのエンドで負けた側の最も的球に近いボールよりもさらに的球に近いボールに各1点が与えられる。ゲーム終了後に高得点を上げたチームないしは競技者が勝ちとなる。
コートはこんな感じである
..................................
ほとんどのチームが障害を抱えた方とかお年寄り。
おらはチーム「ロートル」の助っ人となる。
ところが助っ人が完全に足を引っ張って、チームは予選1勝1敗。
2位ブロックの1回戦も4ゲーム全てに足を引っ張り、完敗。
相手の女性の方は確実に80近い方だったと思う。
この方が、いやはやうまい!!
もうしわけないぐらい、オラは投球技術もメンタルも弱かった。
まったく持ち玉が的球に近寄らない。
逃げ出したいほどひどかった。
カーリングに似た所がたぶんにあって、筋書きのないドラマが展開されたりして、単純なゲームそうなんだが、やってみるとけっこう面白いし、なかなかなもんがある。
メンタルがとっても重要だと思う。
とにかく、難しい!!

優勝チームは「ポラリス」さん。
参加者で一番の重度の障害を持った方のいるチームだったが、素晴らしく正確なアプローチで完勝。
けっこう感動した試合だった。
努力すれば報いられるということを実感したボッチャ大会。
来年も出させて頂こうと思っている。
決勝の写真とポラリスさん
b0005596_751265.jpg
b0005596_7505146.jpg

by gsfc_aoshima | 2013-03-05 07:51 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

昨夜のTV,「海を渡ったサムライ&ナデシコ 世界が認めた日本人に感謝状」という番組で高橋典子さんの紹介があった。
ラスベガスのシルクドソレイユ「KA」で主役級、2004年から公演回数3000回を越えているという。
1970年生まれ独身。
バトンの世界では世界1を7回、日本チャンピオンは17回

彼女はオラが現在住んでいる家の4mの市道をはさんだ向かいの家のお嬢さんなんである。
オラがここに移り住んだ時に彼女は小学生だった。
バトンをやってるのは知っていたが、こんなにすごい選手だと知ったのは相当後になってから。
ご両親からもそんな凄い子と聞いたこともなかった。
このご両親にこの子あり。
2004年にラスベガスのシューにでると聞いた時も、特別出演でゲストかなと思ったぐらいだったし、すぐ帰ってくると思っていた。
それが、もう8年とは!
昨年はアキレス腱も断裂したので、もう帰ってくるかと思ったが、先月末帰国した時に、今年も再契約とのこと。
凄いことだと思う。

もちろん、オラんとこにもカーのパンフがある。
のんちゃんからもらったパンフ。
未だ見にいっていない。
b0005596_850663.jpg

このブログに「のんのん太陽の下で」という外部リンクしたブログもあるのでぜひとも見てほしい。
そして2007年に情熱大陸に出演した時のYOUTUBEもあった。


昨夜は正座してTVを見た。自分の娘のようにうれしかった。
毎日の積み重ね、基本が全てだとのんちゃんは、いっているようだし。
ジュニアやJr.ユースの子供たちに見せたい動画だ。
感じるとこがあると思う。
by gsfc_aoshima | 2013-02-12 08:58 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

昨夜、女子アイスホッケー日本代表の皆さんが最終予選でグループ1位になり、ソチ五輪第1号となった。
今から30年ほど前、オラが元いた会社に女子アイスホッケーチームが出来たが、その当時と比べると雲泥の差ともいえる技術とスピード。
見事だった。
とにかくでかいデンマークの選手相手に一歩もひるまず、ぶち当たって行っている。
GKの中奥さんなんてちっさいちっさい。157しかない。相手は180ぐらいあるんだから。
でも完勝ともいえる5−0。
デンマークに何もさせなかったといってよい。

それにしてもビックリしたのは、高須クリニックの宣伝がユニホームにあり、看板にもあり、そして金髪の高須院長が応援していたのには、ちょっピリ感動した。
こういうのって素晴らしいと思う。
ナデシコ女子アイスホッケーにエールを。
ソチでメダルを。

それから長友ばりの最敬礼もよかったなあ!
得点シーンを始め、最後全員で最敬礼。
それから日の丸って最高だ。
日の丸は日本人のアイデンティティそのものなんだから。
これを否定していたカンなんとかという首相がいたが、史上最低の総理大臣だと思っている。付け足しだがよ!
b0005596_7491722.jpg
b0005596_749740.jpg
b0005596_7485579.jpg
b0005596_7484697.jpg

b0005596_7532328.jpg

by gsfc_aoshima | 2013-02-11 07:53 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

天才民謡少女

昨夜のBS放送でカナダ人の父をもつ秋田の少女の放送をしていた。
少女は現在小学校6年生。塩谷ジェシカちゃんという。
2008年には全国1位になった天才少女。

お父さんは、娘の伴奏をするために三味線を習っている。発表会での二人の共演のためにお父さん一生懸命。
発表会では、ちょっとお父さんと呼吸が合わなくて、途中歌が唄えなくなってしまったハプニングがあったが、すばらしい「秋田おばこ」だったと思う。
なんかとってもいい親子関係だなと思った。

これからのジェシカちゃんがほんと楽しみだ。
気になる少女としてリストアップしておこう。
昨日の放送とは関係ないがyoutubeから

by gsfc_aoshima | 2013-02-09 07:39 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

清々しい朝

今朝は、また一段と冷え込みがキツい。
横浜といえど身を切るような冷たさだ。
でも空は澄み切り、雲ひとつない青空だ。

昨日の夕方、ジュニアの練習に参加した。
小1のこどもたちとボールコントロールの練習を繰り返す。
根気よく付き合っていたら、どの子も出来るようになった。
驚きである。
彼らはもう一生この技は忘れないんだろうな。
自転車こぐのと一緒だ。
この10年見ていなかったク−バーのビデオを、また見てTVの前で練習だな。
63だが、技の習得に年齢関係ない。
出来ないんだから練習して、それをチビッコたちに伝授する。
やるしかないよな!

オラの部屋から、今朝は、きれいな富士山が見えた。
おもわず2礼2拍手1拝
そして手を合わせた。
「いい日本になりますように」
b0005596_8543635.jpg

富士山を見ると、こころが和み、幸せになれる。
冬の富士山は、なおのこと素晴らしい。
自室から見れるとは、ほんとありがたいことである。
雪で青空が見れない、横手の福田さんに分けてあげたい。
by gsfc_aoshima | 2013-01-29 08:54 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

ニワトリ

ゆで卵器なるものを購入して以来、ゆで卵を食べるようになった。
だからといって板東英二さんみたいに5個や6個食べるというわけではなく、たまに気が向いたら食べるというだけなんだが。

今朝も食べた。

やっぱし、ゆで卵に塩をふって食べるとうまいな!
巨人大鵬卵焼きの時代、そんなに卵は食べていなかった気がする。
50年前とお値段変わらないかもな。
卵農家さんも大変だよな。

たしかニワトリって毎日卵を産むと聞いていた。
何の疑問も感じていなかったが、よくよく考えると毎日出産ってすごくないかい!
ものすごいことではないかい?
いくら種の保存とはいえ、交配もなくて無精卵をそんなにたくさん生むとは。
オスを見ただけで妊娠、出産?
また、どうしてそんなに産めるのか、考えちゃうとあたまがいたくなるので調べてみた。
質問とベストアンサー

やっぱし毎日卵を産むニワトリは人間の知恵で作られたということか。
とはいえ、卵を抱くことだけは本能として残されているのだろうが、毎日とられちゃうんだよな。
だからまた産む。
あわれといっちゃああわれだが。
そういえば昔、鶏肉店(そういう専門店があったぞ)では産み落とされた卵ではなく、体の中にあった卵も売ってたよな。

それからニワトリの思春期はヤッパし春ということか。
春はいいよな!

いい勉強させていただきやした。
孫に教えてやろう。
by gsfc_aoshima | 2013-01-23 08:06 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

大鵬さん

大鵬さんが亡くなったとの訃報。
昭和36年21才の若さで横綱。
昭和36年は小学6年生、東京オリンピックを3年後に控え、日本は大きく変わろうとしていた時代である。

戦後すぐの相撲ブームは、30年頃の栃若時代。
プロレスの力道山や大相撲の栃錦VS若乃花の対決をTVという媒体で国民全てが夢中になった。
TVがお店に入った、お蕎麦屋さんは連日超満員だった。
とりわけ、そばを注文しなくてもTVが見れた。
オラなんかも毎日、初日から千秋楽までそば屋に入り浸っていた。
もちろん、何も頼まない。金持ってないし!
誰でもどんどん入ってきても、注文しなくても店の主が何も言わなかった。
TVがあるということが名誉なことなので、「TVみさせて下さい」で済んだ。
入りきれなくて入り口ののれんのよこから覗いていた。
そして、勝負の終わったあとの分解写真を思い出して、次の日は子供たちが地面に書いた土俵でスロービデオならぬ分解写真を真似してカクカクしていたのを思い出す。

「巨人大鵬卵焼き」ってほんとに有名だったし、国民全てが知っていたと言っても過言ではない。
それも何年も続いていたことば。
昨今の流行語なんぞは1年経つと忘れちゃうが、ずっとずっと言い続けられていたからすごい。
「ワイルドだぜぇ」なんて新年むかえたらもう忘れた人もいるだろう。

流行語というよりも格言といったほうがいいだろう。

中日が好きで、栃錦が好きで、魚肉ソーセージが好きだったオラとしてはますますアンチになった。
あまりにも強すぎた。

それでも、大鵬さんのことは、なんであんなに肌が白くてきれいでつやつやなんだろう、なんて色男なんだろうと思っていた。
なんで、ケツがあんなにも汚い栃錦が好きだったとのかよくわからないがよ!

戦後生まれの団塊の世代の子供たちの遊びの一番は相撲だった。
なぜって?金がかからないからだ。
地面に丸い線を書けば遊べるからだ。
勝っても負けても子供たちは相撲に明け暮れた。
でも長い時間やるわけではない。すぐ飽きちゃうしつかれちゃうから。
取り口の業もみんな、ほんとよく知っていた。
若乃花の得意技「よりもどし」だけは誰も出来なかった。
足に必ず吸い付いて勝ってしまう琴ヶ浜のうちがけにみんな夢中になった。

上の子供たちが下の子供たちに上手と下手のマワシの切り替えのしかたを教えたりした。
体がでかいから相撲をするとかいうのはまったくなくて、町内の子供たち全員が相撲であそぶ。
もちろん、肥っている子はまったくいないので、力関係は運動能力だけだったと思う。
そういえば、この時代は川遊びとなると小学生は赤ふんどし、中学生になると黒ふんどしをしていたのを思い出す。
赤から黒に早くなりたいと思っていたなあ。

そして、大鵬、柏戸の拍鵬時代に入る。
二人ともでかかった。そして21、2で横綱!
柔の大鵬、剛の柏戸。
だから、体がでかくて、業というよりもなんとなく盤石で勝ってしまう大鵬さんはけっして子供たちのあこがれかと言うとそうでもなかったような気がするのが。
大人にはよかったのかもしれない。とりわけ若い女性には!
めちゃくちゃ人気あったし。
モロさがあった柏戸は大人の男たちに人気があったのかもしれない。

大鵬さんの全盛時代は双葉山の記録を抜くのは大鵬さんにしかないと言われていた。
45連勝で記録はストップするのだが、あれも相手の戸田関の足が出ていて、世紀の誤審だった。
ビデオを活用するきっかけにもなった取り組みだったと記憶する。

とにかく、双葉山を凌ぐ力士と言えば大鵬さんしかいなかったと思うし、もしこの全盛期の双葉山と大鵬を戦わせたら、大鵬が勝つのではと思う。

ご冥福を祈ります。合掌
by gsfc_aoshima | 2013-01-21 12:06 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

高校生マーチングバンド

第25回高校生マーチングバンドの全国大会の録画放映が12/22と23にスカパーであった。
素晴らしかった。
でもまだ、YOUTUBEにはそんときの模様はまだアップされていない。
いないがこんなのがあった。
精華女子の福岡県大会のもの。
全国大会の出来に比べると、比べようもないほど完成度は低い。
でも東京オリンピックのファンファーレは聴けるし、選手の皆さんの苦労も忍ばれる。
廣重せんせい、やっぱりすごい!


そして高校生の青春映画「スウィングガールズ」の名場面、楽器を購入するための資金稼ぎに無断で松茸山に入って猪に遭遇する場面。
面白すぎて泣けるよな。
いい映画だった。

by gsfc_aoshima | 2012-12-26 07:00 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)