カテゴリ:高尚な話( 125 )

大間の山本さん

お正月明けの築地の初セリ。
すしざんまいの喜代村さんが大間のマグロを7420万で競り落としたというニュース。
ご祝儀相場とはいえ、いいお話だと思う。

この時期のTVの定番は「大間のマグロ」。
見ちゃうよな!!
今年も1/8(日)に放映されるとのこと。
やっぱし、大間といえば夫婦船の渡辺さんや、「あいやーやい」の山本さんが気にかかる。
渡辺さんは心臓病をわずらって、クルマ椅子生活のようだったが、気になって調べたら亡くなられていた。合掌

山本さんは健在で、もはや、山本さん抜きで大間は語れない。早速ビデオ予約いたしやした!!風邪90%回復。
by gsfc_aoshima | 2017-01-06 08:45 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

指導者とは

所ジョージさんの番組で'笑ってコラえて!音楽祭 マーチングの旅というのがあった。
高校吹奏楽部のマーチング編である。
これをみてからオラは隠れファンになり、youtubeでしょっちゅう見るようになった。

とりわけ福岡の精華女学院高校吹奏楽部が一番のお気に入り。
マーチングの隊列、演奏のレベルの高さ、もはや女子高校生という枠を超え、おったまげる存在なのである。
10年以上、全国金賞を続けている。
その精華を引っ張っていたのが、音楽教師の藤重佳久先生。
TVに何度も出ているし、可愛いとっちゃん坊やみたいな先生なので記憶されている方も多いだろう。

先生が2015年3月で定年というのを知っていたが、どうされていたのか気にはなっていたが、ほとんど忘れていた。
何気に思い出し、そうだそうだ先生はどうされているんだろうと!
調べたら、長崎の活水中学高等学校に音楽の先生になっていた。
県大会にも出ていないような吹奏楽部をわずか4ヶ月の練習で県で金賞、そして九州大会であの精華を蹴落として九州代表までになる。
1年もしないで全国へ。
県の1回戦負けのチームがあれよあれよと全国に出るということ。
いや、ほとんど登録もしていないような同好会のような素人集団。
それがそれがだ!
前編がこちら

後編

半年で素人がここまでなるという。
2016年も県代表で九州大会へ進むことが決まっている。
50校から3校が九州大会への狭き門である。

指導者ってなんなんだろう!
藤重先生のこれからも楽しみである。

精華は吹奏楽では全国に行けなかったけどマーチングでは全国金賞を取っている。
これもよかったなと!


by gsfc_aoshima | 2016-07-28 13:54 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

円陣

UEFAチャンピオンズリーグ決勝、アトレチコマドリーとレアルマドリッドの決勝。
延長戦にも決着がつかなくてのPK戦の前の円陣をみて思ったことがある。
b0005596_22421736.jpg


レアルのジダン監督のヘッドが光っているかって?!
タトォーが目立つかって?!

そう、監督の頭が光っているのは間違いない!
後光が差していると言ってもいいだろう。

でも言いたいのは、そんなことではなく、選手スタッフの円陣である。
円陣が小さいのである。
b0005596_22432069.jpg

こちらはアトレチコ
b0005596_22434580.jpg

どちらも汗で臭そうだ。
真ん中のジダンを自分に置き換えたら、嗅覚がほとんどないオラでも蒸れてフラフラになりそうだ。
それでも、なんだかいいなと思えてくるのはなんでだろう。
一体感ってこういうのを言うのかもしれない。

うちのチームも試合前、ハーフタイムで円陣を組む。でもこんなに小さくない。
蒸れないで一列。

6/19の公式戦はこの蒸れた円陣を真似して戦おうと思う。
もちろん試合も素晴らしかった。鳥肌ものだった。こんな試合もしてみたい。
by gsfc_aoshima | 2016-06-08 22:48 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

あきらめない気持ちを錦織に見た

2016年度始まった4月1日早々からいいものを見させてもらった。
テニスのマイアミオープン、準々決勝錦織選手vsモンフィス選手の試合だ。
5度のマッチポイントを相手に握られながらもタイブレークに持ち込んでの錦織選手の勝利。
灼熱地獄の中、とりわけモンフィス選手の汗。
勝利しても精魂尽きたかのように膝に手を置いた錦織選手。
b0005596_731868.jpg
勝利は届かなかったが清々しいモンフィス選手。
b0005596_732536.jpg

錦織選手の集中力とあきらめない気持ち。
スーパープレーヤーってこういう選手をいうんだと感じさせてくれた。
スポーツの持つ醍醐味とすごさを見たが、このあきらめない気持ちを少しでも持ち続けるよう努力したいと思った次第です。
b0005596_7345030.jpg

マイアミの抜けるような空の色、行ってみたい!!
b0005596_7343423.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-04-01 07:35 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

いま、ふたたびのラグビーへ

奈良ではなく、ラグビー。
とにかく記憶から消えない。
そしてすごいのは、スタジアムの観客もさることながら、この試合(日本vs南ア)をパブリックビューイングやパブで見ていた人たちの歓喜と喜びよう!

サッカーワールドカップでは想像もつかない。
他国の試合でこんなには、はしゃがない。
それだけ日本が最後に逆転したのがすごかったともいえるし、大番狂わせ。

やっぱし、ラグビーはラグビーと言われる所以なんだろうか!
終わればノーサイドということなんだろか。

スポーツが与えてくれる感動は計り知れないものがある。
もはや国を超えていた。
そして敗者の呆然とした姿も忘れられない。



b0005596_11563376.jpg

by gsfc_aoshima | 2016-01-15 11:56 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

ギリシャのサッカースポンサー

ギリシャが今、世界的物議をかもしている。
借金返さないぞという国民投票が明日。
そのギリシャの話題
今夜の「たけしの新情報7day」であろうことか、売春宿がサッカーチームのスポンサーになり、ユニの胸スポンサーとのこと。

売春宿がスポンサーとは、これは面白い話。
さっそく調べてみた。
しっかりあったので事実。

ギリシャ中部のラリッサのアマのVoukefalasというクラブ。
このほど財政難から地元の売春宿に支援を要請。
新たなスポンサーは3軒の豪華な売春宿を経営する67歳の女性。クラブの全経費を拠出する見返りに、選手らは売春宿の名前などが入ったピンク色のシャツを着用している。


67歳の女性オーナーのお顔が想像出来る。
絶対妖艶なのは間違いない。
オーナーがお宿の売春婦さんをお連れしてVIP席で応援なんて姿は、はっきしいって、それはそれでいいのでは!
選手も張り切るかもしれないし!
どうもギリシャは街頭での客引きはだめらしいが、売春が合法らしい。
だからこんなお話も可能になるということかもしれない。

b0005596_0144331.jpg

b0005596_015192.jpg

真ん中のひと絶対女性オーナーだな。
ギリシャは破綻しても、けっこう明るくやっていけそうな国なんだと思う。

お後がよろしいようで。
by gsfc_aoshima | 2015-07-05 00:11 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

東大野球部いいね

なんでも東大野球部が春のリーグで法政に勝ち94連敗でストップしたそうで、スポーツファンとしては100連敗までいってから勝ってもらいたかったのが本音ではある。

とはいえ、六大学野球で負け続けると春秋のリーグで計20連敗。
ていうことは昨年の4年生は4年間1度も勝利出来なかったということになる。
もちろん、それを支える応援団もどんだけ応援しても1度も勝利の雄叫びを叫ぶことは出来ず、涙流しながら卒業したわけで、それはそれでまあすごいことである。

負けてもめげなく応援するというのはなかなかできないし、東大の1勝は応援団にとって青春そのものなんだな。

10回表で2点が入った時から、3人を打ち取るまでの時間は、応援団長、応援リーダー、チアガール、ブラバン、そしてその場に居合わせた皆々様、小便ちびりながら、阿鼻叫喚、鼻水、よだれダラダラ状態で座るものもおらず、ただただ涙ボロボロ、鳥肌立ちっぱなしだったことでしょう。
放心状態のチアガールに、どさくさにかこつけて、口説いている応援団員なんて、まあいないでしょうが!

それにしても東大の応援団長が紋付羽織袴高下駄なのにはちょっとばっかしビックリしたが、これも評価に価するなと勝手に思ったわけで、さぞや昨日の夜は応援団は死ぬほど酒飲んでどんちゃん騒ぎをしたのかな。
嫌々今日も試合があるわけで、勝点取ってからということで我慢しているのかもしれない。

ただ、本郷周辺の居酒屋は東大の校歌を吟じるOBの酔っぱらいが多かったのではないかなと思います。
よかったよかった。
記憶違いではないと思うが、かつて東大に負けるチームってだいたい法政。
これも伝統なのかもしれない。

by gsfc_aoshima | 2015-05-23 22:30 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

syoku-yabo農園で昼食

1/5秋谷にタコ釣りに行く。
今回も坊主だった。3回連続何も釣れず。
こういうこともある。

昼食は横須賀市芦名のsyoku-yabo農園にジジイ3人で行く。
大楠山に行く途中の山の中。谷戸を切り開いた山里みたいなところ。
b0005596_2535681.jpg

なかなかユニーク
b0005596_2542812.jpg
b0005596_2542071.jpg

けっこうこだわっている。
敷地内の畑で作った野菜を使ったりしていた。定食はビックリするほどのものではない。
まあ、こんなものかなといったところだ。

雨が降ったらお店はお休みみたい。
b0005596_256662.jpg

食事はビニールハウスの中
b0005596_2564144.jpg
b0005596_2563212.jpg

ビニールハウスの中には1940年代からの古いガラクタが置いてある。
定食のみだが、これに食後、お汁粉と紅茶が飲めた。
男子トイレが良かったので、思わず女子トイレも覗いてしまった。もちろんずけずけ入って写真も撮る
b0005596_259091.jpg
b0005596_2585145.jpg
b0005596_2584055.jpg
b0005596_2583053.jpg


古いものやらなんやら雑多な感じがしたが、トイレはほんとに良かった。
これはスゴいことだと思った。
全てが良くなくても、手作り感があったり、清潔感があればビニールハウスでもいいし、でもトイレだけ
は上質なこだわりがある。
トイレが基本、きれいなのが当たり前。
この考えが素晴らしいと思った。
こんな谷戸を切り開き、やりきってしまう若者たちがいることに拍手したい。
また行こうと思っている。
ホームページはこちら
by gsfc_aoshima | 2015-01-05 22:03 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

英語体験教室を開催した

昨日、クラブハウスにて小学生高学年の英語教室を開いた。
6名の子供たちが参加してくれた。全員がサッカー部員ではないが、みんな真剣でママ達ももちろん真剣

講師はオラと同級生で、小学校から高校までおんなじ学校を出た竹輪の友、いや竹馬の友、白鳥文子先生。
おとなしい印象しかなかったが、今ではものすごいパワーの持主。
静岡では、知事さんも知っている学者である。
オラなんか到底太刀打ち出来ないし、有能でレベルの高さは半端ない。
世の中にはスゴい女傑がいる。
今ではオラが教えをこいでいる。

そんな白鳥先生の英語教室だ。
小学時代に1年で中1英語を完璧にマスターさせると宣言!。
静岡市在住でわざわざ静岡から出張してきてくれる。ありがたいことである。
静岡では静大付属小の子供たちへのスクールを開き、大好評らしい。

教えかたも、なんだか想像していたのと全く違っていた。
みんなで英語で歌を歌ってたし。

毎週月曜日、17時より開催、ぜひ体験ご参加ください。
b0005596_7455594.jpg
b0005596_7454095.jpg
b0005596_7452575.jpg

by gsfc_aoshima | 2014-10-21 07:48 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)

必殺!女蕎麦打ち人誕生

昨夜はクラブハウスにて蕎麦会が催される。
当社は野辺山の吉沢さんのご指導を受ける予定だったが、吉沢さんの体調が悪く、来れないということで急遽、こちらもオラの大親友でもある平塚太一さんに交代。
平塚さんの一番弟子が吉沢さんなんで、師匠にお出まし願ったという次第。
平塚さんは、うちのチームのエンブレムやチームロゴなども制作してくれた、ヨコハまでも高名なデザイナー。ちょっぴり、エッチなのも魅力的な70歳。
11名の皆様のご参加で、蕎麦打ちと試食会を催す。
夕方5時から始まり、試食、雑談、片付け、再び手打ちと結局10時半まで大騒ぎでした。

蕎麦打ちは、やっぱし奥が深いというのが実感ですが、平塚さんの軽妙なお話で、大いに盛り上がったというのは、「はい!まちがいありません!」
4名様の女蕎麦打ち人が誕生いたしましたが、お師匠は厳しいので、ついていけるかが心配ではあります。
お師匠はお水を飲むとき、時折小指を立てますがね。

またやりますので、皆さんご参加ください。
b0005596_603175.jpg
b0005596_602499.jpg
b0005596_60123.jpg
b0005596_63920.jpg
b0005596_625668.jpg
b0005596_60349.jpg
b0005596_559504.jpg
b0005596_5593528.jpg

by gsfc_aoshima | 2014-10-12 06:00 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)