カテゴリ:ワセダ( 318 )

怒濤の更新5月6日

この日は早稲田大学東伏見で新人歓迎会があり、懇親会は出席しないで、女子部の1年生の皆さんとの親善試合に参加する。
大学の女子の1年とはいえ、プレーヤー全員が全国大会優秀者ばかり。
走れる、蹴れる、そして今年はなぜかガタイいい(表現のしかたまずいかな)。
足腰がしっかりしている選手が多い。

こちらは50代から70代までで、20名弱参加したが、オラは上から4番目。
太もも裏が引っかかり気味なので15分1本だけにしてもらう。

こちとらジャンプしたとき横から競られ危うく転ぶところだがなんとか踏ん張る。
20mぐらいのミドルシュートを打つもバーの上を通り過ぎた。
スピードもありけっこうなシュートだった。

また来年も出場出来たらと思う。
男子は今年、関東リーグに昇格したワセダユナイテッドと親善試合。
来年はオラたちが昇格してやってやろうじゃあないの!!

b0005596_13305051.jpg
b0005596_1330407.jpg


夜は明治学院大学のコーチでア式後輩でもあり、かつてJr.ユースのコーチもしてくれた大森一伸君(駿河大学教授)とクラブハウスで懇親会。
Jr.ユースの教え子で、今はうちのチームのジュニアを教えている石原コーチ、田辺コーチを交えて楽しいひとときを過ごすことができた。
うちのチームも長い歴史があるということだと思った。

まあ、とにかくサッカーに明け暮れた今年のGWでしたが、毎年こんな感じなんでどうということもない日常かもしれない。
by gsfc_aoshima | 2015-05-11 13:37 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

早稲田vs中央の試合観戦

4/13 お天気悪く日がな1日自宅内徘徊ーチンパンジー状態
4/14 同じくお天気不安定で自宅徘徊ーほとんど熊状態。
4/15 御天気良し、デザイナー平塚邸より、横浜周辺の無料でおけるパーキング(ヒミツです)に車置き、江戸川区の西葛西まで電車にて出っ張る。

江戸川陸上競技場にて関東大学サッカー第3節早稲田vs中央の一戦を観戦する。
風が強く、薄着の格好で震え続けていた。

早稲田は12分、右サイドのDF新井君から左ペナあたりにいた堀田君にうまいことパスが通り、いいコースにシュートが入りあっけなく先取点。
中央はパスミスが多く、まったく攻撃にならない。もちろん早稲田もパスミス多いもどちらかといったら早稲田が若干押しているような感じであった。

そうこうしているうちの30分を過ぎた頃、中央の左サイドからゴール前にぽかんとあげたボールを中央の19番矢島君がヘッドで競り勝ち、待望の1点。
最初のシュートがこの1点だと思った。

終了間際の中央が左サイドで20mのFK、これをニアにいた宮本君がクリアするも中途半端なボールでそのまま相手にわたり、ゴールフォアにいた中央の矢島君が競り勝ち折り返す。ゴール前に詰めていた二人でつながり逆転のシュート。
2本のシュートで2点で効率すこぶるよし。ほめていちゃあしょうがない!

後半開始してまもなく、またしても右サイドから中央のFK。
これを19番矢島君が折り返しだと思うがヘッドで競り勝ち、ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ルぅ!
相手をほめてどうするよ!
中央のシュートはほとんど3本で3点といっても過言でない
こうなると後半は中央のショートパスが通るようになり、勢いは完全に中央へ。
出だしはどうしようもなかった中央だったがよ!思わず弱いと思っていたが大きな間違いということか!

早稲田も単発ではあるが攻めるも、個人の力だけの突破が目だつ。
宮本君のポストに当たったシュートが入っていれば流れが変わったと思うが、サッカーの神様は無情というか、やられるべくしてやられたという失点になっちまった。
またもや、左サイドからゴール前の矢島君にヘッドで合わせられる。
全て高さで競り負けた。
1−4で、もはや万事休す。
矢島君はお役御免で途中交代。
4点とも矢島君がらみ。
矢島君186センチ
早稲田のDFの4人は全員173以下。
先発で180以上は宮本君の182だけ。

早稲田のDFは金澤君、奥山君を中心にほんとに頑張っているが、やっぱしひとりぐらいはセンターに180以上がいないと厳しいのではないか。
無理して競っているのでどうしても反則も多くなる。不用意なFKも与え勝ちになる。
また、ちょっとオラが首を傾げたのが、セットプレーの際、一番高い矢島君に宮本君がマークしていないのはどうかと思った。
セオリーでいけば矢島君をマークするのは宮本君しかいないのではと。

失点場面はくずされての失点ではなく、ゴール前で待っていての得点ばかりなので、やることは一つある。
背の高い選手を起用すること。

これから連戦で試合が続く。早稲田の弱点は高さだというのは誰が見てもわかる試合。
当然相手もそこをついてくるわけで、気持ちの強さと根性でも通じない「絶対的高さ」をなんとかしないと同じ結果になるのは明白だと思う。

中央も高さでうまくハマって早稲田には勝利したが、くずしもほとんどなく、今後も厳しい戦いがつづくのではと思わざるを得ない。

そんなことを感じさせる中央大戦でした。それにしても風がないところは暖かいのにスタンドは寒かった。帰りの電車に中央のOBの皆さんが乗ってきた。にぎやかだった。
オラは一緒に見ていた工藤共々、呼吸も静かに隠遁の術でわからないように電車に乗り込んだ。

やっぱしサッカーはいい。また徘徊しにいこうと思った。
by gsfc_aoshima | 2015-04-16 11:38 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

早稲田ア式戦

4/12の安否情報
この日は大地震が来ると予言している人もあり、東京方面に行くのはやばいのではないかと思ったりもしていた。

1年ぶりのア式戦は45分を3本、15時からのキックオフ。
結果は
横浜GSFCコブラ 0(0−0、0−0、0−6)6 早稲田

オラは18:30から保土ヶ谷区の少年サッカーの総会があるため、2本で笠原代表に指揮をお願いして、横浜に戻る。
行きは車、帰りは電車だ。
高田馬場に着くと山手線が止まっていた。ギヘぇ〜〜!!!
東西線で飯田橋まで行き、総武線に乗り換えお茶の水。

そして東京、東海道で横浜、相鉄線で天王町。
東海道線の中で、チームの選手にメール。
3本目はどうだったかと尋ねた。
0−6 ギヘぇ〜〜〜〜〜〜〜〜!!取られすぎだろうが。

電車の中で走ろうとしたが、やっぱし無意味なので電車を降りたら走ることにした。
それでも10分遅刻だった。

今年も早稲田には勝てなかったが、お願いしてもう一度は早稲田詣でをしたいと思っている。
b0005596_6281389.jpg

by gsfc_aoshima | 2015-04-13 06:28 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

ある日の東伏見

東北大震災からもう4年、なくなられた皆様へ心からお悔やみ申し上げます。

安否情報ー最近週2で東伏見を徘徊しています。

3月10日東伏見に行く。打ち合わせの間を縫ってア式神社グランドの参拝。
神戸大学とBチームが練習試合をしていた。
早稲田は例のキックアンドラッシュ。風上から強引に責め立て前半で3点。
神戸大学はショートパスをつないで攻めるも最後のシュートの精度が悪かった。
その精度の差が結果に現れた。
あまりの寒さで前半だけで退散したが、後半は0−0だったようだ。
本日もア式神社を詣でる予定。ごりやくをいただければと思います。

b0005596_6592114.jpg

by gsfc_aoshima | 2015-03-12 06:59 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

弟が家元だと?!

オラん弟=早稲田を愛するが故に女房子どもを捨て、早稲田に走った男。
こいつが家元になってお披露目をするとの連絡が入る。
なんのこっちゃ!?

以下の通り
.........................................

『人生劇場』口上青島流家元認定式のご案内

           青島流家元認定式実行委員会 
>
> 謹啓 時下益々ご清祥のことと存じます。
>  さて、この度、我らが早稲田大学校友の青島秀樹氏が「人生劇場」口上の青島流
> を樹立し、初代家元に就任されることになりました。
>  周知のごとく、愛校心溢れる好漢の同氏は、「人生劇場」口上の達人として、つ
> とに勇名を発しております。
>  現役学生時代、応援部員だった同氏は先輩より学んだ人生劇場口上をこよなく愛
> し、4年生時の秋の早慶戦では独自に編み出した口上を披露され、神宮球場に集い
> し万余の学生に大きな感動を与えました。
>  卒業してからも、郷里の遠州稲門会の催しはもちろん、遠くは台湾の地に至るま
> で、請われれば厭わずその名人芸を披露してこられました。近年、その技量は格段
> に錬磨され、独自の境地を拓いたとの評価を得るにいたり、その口上が後世に継承
> されることを願わずにはいられません。
>  その思いで、かねてより同氏に青島流の樹立を勧め、家元に就任していただくこ
> とをお願いしておりましたところ、このほどご本人の同意を得るところとなりまし
> た。
>  つきましては、下記の要領で「『人生劇場』口上青島流家元認定式」および披露
> 宴を執り行うことになりましたので、ご案内申し上げます。
>  ご多忙中、まことに恐縮ではございますが、認定式にお立ち会いいただき、同氏
> の家元としての門出をお祝いいただけるなら、まことに幸甚でございます。
>  当日は青島流「人生劇場」はもとより、早稲田大学校歌まで皆様と高らかに歌い
> たいと存じます。早稲田の歌を愛する皆様のご参加を心からお待ちしております。
>  なお、準備の都合上、出欠のご回答を2月20日(金)までにお知らせください
> ますよう、お願い申し上げます。                   敬白 
>
>                 記
>
> 日時 平成27年2月28日(土)午後7時〜9時
>   (代議員会懇親会に参加される方は、懇親会終了後のご参加でも可能ですが、
>   なるべく7時半までにご来場ください。)
> 会場 早稲田大学大隈会館2階会議室N201
> 会費 3,000円 (立食懇親会形式)
>
>    発起人   林 和利(名古屋女子大学教授、名古屋稲門クラブ理事)
>    実行委員  花井和夫(遠州稲門会)、後藤由美子、
>          佐藤裕彦(大田稲門会)、前坂健二郎(杉並稲門会)
>
> 青島秀樹氏ご紹介
>  早稲田大学応援部昭和52年度(副将、吹奏楽団責任者、初代チアリーダーズ責任
>  者)、社学卒、遠州稲門会幹事長、早稲田大学校友会代議員
>
> ------------------------------------------------------------------
> ◆『人生劇場』口上青島流家元認定式
>
> ご氏名:
>  
> (同伴者ご氏名:               )
>
> 2月28日(月)午後7時〜9時
> 早稲田大学大隈会館2階会議室N201
>
> (  )ご出席
> (  )ご欠席
>
> ※2月20日(金)までにご返信をお願いいたします
14時間前

山本脩斗、出席で返信きました(^^)
.......................................................................................

よくわかんねえなあ!
やってることというか、こういう生き方でも徹すればいいといいか、
もう60近くになるに!

とにかく、仲間内で楽しくなっているということの、もっと延長戦で、早稲田の総長以下、大学すらも認めたということになるのかい?
そこらの居酒屋での認定式ではなく大隈会館でやるというのも大学認定ということなのかもな。
そういえば大隈会館でこの熊を撮ったのは先週金曜日だった。
b0005596_711275.jpg

オラが学生の頃はひどい建物だったが、今は総長もここにいるらしいし!
鹿島アントラーズのア式後輩、山脩までも出席ではオラが行かないわけにはいかないよな。
この日、トリプルブッキングだというのに!!

by gsfc_aoshima | 2015-02-11 07:03 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

2月6日は早稲田ア式の納会

早稲田ア式蹴球部の今年度を締めくくる総会が、早稲田キャンパスの大隈庭園裏のリーガロイヤルホテル東京で行われた。
4年生を送る会も兼ねているので、オラもほとんどこれだけは出席するようにしている。
男女の部員が100名ほど、それにOBが70名ほどいたのだろうか。
オラは超OBの仲間入りはしていない。
超OBとは次の年度はもはや来れない人とか、這ってでも今年だけはなにがなんでも出席するという人のことを云う。ーとオラが思っているだけだけんどよ。
毎年、だれかしらいなくなるのだが、昨年は学生時代大変お世話になった青木要三さんが亡くなったので、黙祷もあったりした。武田量三郎さんや久保田弟さんもなくなったし。
まあ、オラはシニアの若手だと思っているのだが、このままだと長寿時代だし、ア式OBでは75までは若手で行けそうだ。
超OBの皆様の介護役に徹したい。
ボールもひょこひょこ蹴れちゃうし、若手だと自負している。
75から85までが中堅、それ以上が超OBか元気なら魔王
川淵さんは年齢からだと78なんで中堅の若手だが雰囲気は魔王以上の元気印の大魔王かもしれない。
嗚呼、恐ろしい!!

現役諸君は昨シーズンは男女とも優勝を逃しているので、ちょっぴり寂しい納会だったが、4年生は就職もほとんど一流どころに決まってるし、世の中の景気が良い方向に向かっているのも感じられる。

岡ちゃんや加藤久ちゃんからのビデオレターもあったりしして、まあまあ盛り上がる。

閉会後は4年生たちとの二次会にも参加させていただいて、吐きそうになりそうだったがなんとか最終電車で帰ってこれた。

この1年間で関東リーグのような公式戦観戦は男女ともゼロ、早慶戦の男女と高麗大との定期戦のみ。
ただし練習観戦はほぼ週一。

今シーズンも見れたらいいなと思っている。
b0005596_6534730.jpg

校歌斉唱の写真
左側の可愛い女の子はキャプテンだった小野田さん。
右側の背の高いのは代表監督問題で渦中の人でもある協会専務理事の原君。記者に追いかけ回されているそうだ。
by gsfc_aoshima | 2015-02-07 06:57 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

ア式女子

早稲田ア式蹴球部女子部の4年生、大島茉莉花さんがスペインのチームに入ることが決まったというニュースをみた。
ラージョ・バジェカーノの女子チームとのこと。
クラブホームページにもニュースで取り上げられている。
男でもスペインの1部にはここんとこ、いないというのに、たいしたもんだと思う。

ア式女子OBでは大滝さんがまた、フランスのチーム=フランスのEAギャンガンに入ったというし、男子に負けず劣らずインターナショナルでがんばっているよね!
大滝さんの入団発表のビデオがあった。

東伏見では、しょっちゅう練習は見ているけんど、みんなボール扱いがうまいといつも感心している。
へたすると、男子よりもトラップうまい子もいたりして。

2014年シーズンは思っていた以上の成績を残せなかったようだが、今シーズンもがんばってほしいと思っておりますです。はい!!
by gsfc_aoshima | 2015-02-03 10:04 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

森孝慈先輩

早稲田ア式蹴球部後輩に引地慶記さんがいる。仙台在住。
1990年イタリアW杯で同じツアーで一緒だった。
引地さんご夫婦は新婚旅行を兼ねていたが、宿泊先は最低だし、新婚にはかわいそうだった。

あれからもう25年も経ったなんて、あっという間というしかない。

引地さんは東北の放送局勤務なんだが、今年に入ってオラにお手紙が届いた。
中には、地方紙の切り抜き記事があった。
今は亡きア式、森孝慈大先輩の中高(広島修道中学)同級生の松田史剛さんが「思い出写真館」というコラムを書かれている。
b0005596_743073.jpg

そのなかにふんどし姿の森さんの写真もあった。
この頃よりきりっとした顔している!
森さんは中学時代水泳。高校に入ってからサッカーを始め、全国優勝している。
b0005596_763817.jpg

森さんがご存命であったなら、今の日本代表の体たらくをどう思うんだろうな。
大仁、原、なにしとんじゃぁ!しっかりせんかい!ぴしっとしろ、ピシッと!
焼き肉食いながら、そのぐらいは云うんだろうな!

そ云えば、引地さんは原専務理事と同級生だったな。

引地さん、森さんの奥様も見たいとおっしゃっているんで転送させていただきます。ありがとうございました。
by gsfc_aoshima | 2015-01-25 07:13 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

東伏見

木曜日恒例行事、東伏見早稲田ア式グランド神社参拝に詣でる。
これから練習。
関東学生リーグもあと2戦。
優勝の目はなくなったが、まだ
インカレもある。
古賀監督さんが挨拶に来たので、
「頑張ってください!」
余分なことは言わないのだ!
b0005596_16324806.jpg

by gsfc_aoshima | 2014-11-06 16:33 | ワセダ | Trackback | Comments(0)

原田武男君の最近

ちょっと前の話になるが7月14日から20日までスウェーデン・ヨーテボリ市にて開催されていた「ワールドユースカップ」の別名を持つと云われている「ゴシアカップ」。
世界73カ国1600あまりのチームがカテゴリー別に頂点を競う大会。
U-14以下では、日本からJリーグ選抜とセレッソ大阪が参加。
200チームの中でJリーグ選抜が初優勝したとのことである。

そしてその監督がなんと、現在Vファーレン長崎のコーチをしているあの武男君なんである。
まったく知らなかったが、ア式後輩で元ベルマーレの外池君からのお知らせ。
遅ればせながら、オラも武男君にお電話した次第。

武男君は今年度S級ライセンスを取得中。将来が楽しみだ。
いい監督になると思う。

エスパルスの監督にも大榎君がなったし、これは満を持しての登場だし!
がんばってほしい。

次の日本代表の監督がメキシコの方に簡単に決まってしまったが、ほんとにいいの?と思う。
なんだか違うような気がするのだが。
同じ間違いの繰り返しというか、国が変わればいいという問題でもないし、なんでザックはだめだったのか、なんでアギーレがいいのか、教えてほしい。
サッカー界ってほんと反省と自戒がない。
by gsfc_aoshima | 2014-08-01 08:42 | ワセダ | Trackback | Comments(0)