カテゴリ:昔の仲間シリーズ( 59 )

4600円vs10350円

3月21日PM7:00
長野県川上村、五光牧場の吉沢オーナー(51歳)とその友人土屋さん(38歳)そして就職2週間目の元湘南ベルマーレ外池(32歳)とオラァ(恥ずかしながら衰え知らずの58歳)の4人で横浜駅前のホテルロビーで歓談する。
コーヒ−4杯で4600円!
場所代だと考えればそういうもんなんなのか。
でも今度は喫茶コーナーの下にソファーもあるからそっちにしようと思っている。

食事をしようと、おなじみ李園に行くことになった。
吉沢さんも李園は15年ぐらいだし、外池だって学生時代からを含めると14年ぐらいになるという。
オラァも15年ぐらい李園に通っている。

もちろん蒸し鶏からだ。
結局、食べたメニューはいつもよりちょっと少なくて(ビールを飲んだから)
生ビール4
ウーロン茶1
蒸し鶏大3
水餃子2
ピータン豆腐1
鶏肉銀杏いため1
トマトタンメン1
しいたけやきそば1
パイコウチャアハン1

運転手は吉沢さんでウーロン茶、
オラは久しぶりにビールを飲んだが、外池も初めてビールを飲んだと言う。
土屋さんも李園のことは吉沢さんから何回も聞いているので、「これが蒸し鶏ですか!うまい!」
外池は4皿目の蒸し鶏を注文したがお店の人から「もうありません!」

結局、ひたすら食べてろくに話もしなかった。
これが李園のマナーなんである。怒濤のように食べてそしてさっと引き上げる。
これずらよ!
お会計は10350円だった。
納得できるよな!
また来よう!
by gsfc_aoshima | 2008-03-21 23:50 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)

昔々のことじゃった
オラァは静岡県磐田市の出身で高校時代まで磐田におったんじゃ!

そんなこたぁ百も承知だぁ?

それなら話は早いわけなんじゃが、そう!磐田にゃあ友人がどっさりいるわけで、幼稚園から高校までず〜〜〜〜〜っと一緒というのもなん人かおり、サッカー仲間もどっさりこんといる。
オラァが磐田南高校の現役でキャプテンをやってた時のバイスキャプテンが瀬下である。
彼とは幼稚園から一緒だったような気もするんだが、とにかく小学校からは高校までの12年間は確実に一緒である。

その瀬下なんだが大学を卒業してから家業の自動車修理会社を継いで、現在に至っているんだが、いまから30年ほど前から、おんなじ磐田南の同期の山崎(あのワールドカップサッカーを過去に8回見に行っている、オラァと親戚なんだがほとんどアホの山崎)なんかと磐田北FCというサッカースポーツ少年団を設立したわけで、おらにはいいお手本なんだがよ!

その磐田北FCがNPO法人化されたまでは山崎から聞いていたが、今朝なにげにネット検索していたら、このスポーツコミュニティ磐田ポーラスターにたどりついた。
おいおい瀬下理事長がんばってるだに!
もちろん山崎もだがよ!
それから2級下の寺田哲ちゃもよ!

高校でサッカーに出会ってから、その魅力にとりつかれ、社会人での土日曜日はサッカーに費やされ、家族からは最初の頃は「またサッカー?いいかげんにしてほしいだに!」が10年ぐらいたったら「パチンコ行くよりいいかもね!」とかなんとかいわれ、20年では「おとうさんもがんばってるよね」と理解され、30年もたつと長年の功績をたたえ表彰される。
教え子たくさんで結婚式の主賓でよばれるけんど、費用も大変!
瀬下の家庭の状況はぜったいこんななんだろうな!

オラァも瀬下や山崎や哲ちゃあに続くだいね!
こんな人生もちっちゃいけんど悪くはないような気がする。
継続こそが力なりだな
by gsfc_aoshima | 2008-02-27 06:04 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)

Jリーグの社長

このところ「ジェフ」が揺れている。
ていうか、ほとんど大地震が襲ってきているような報道である。
フロントの無策でチームが崩壊!とか、選手が他のチームからの草狩り場になっている!とか
はたまたチームホームページでのわけのわからないニュースなんぞも飛び出しているからサポーターからしてみたら、「この先、チームはどうなっちまうの?」というのもあながちわからんわけでもない。

だけんどサッカーの世界ではこういうチームがあるのは常識なんではないかい!
イタリアでもイングランドでもドイツでもスペインでも、あるいは南米でも、どこの国でもこういうチームはある。
育成はうまいんだが、そのチームを足がかりに選手が成長していくとか!
中位以下のチームでなおかつ降格しないっていうチームにありがちな現象ではないだろうか。
「Jリーグ」ではこれにジェフが当てはまっているんだな。
リーグでは絶対に優勝できない運命見たいのがあって、最後の最後で、ここ勝てば優勝なのにやっぱし負けちゃうといようなチームなんだな。
ジェフとかかつてのセレッソとかだな。
ガンバも昔はそうだったんだが育成も含めてビッグクラブになっちまった。

たぶんジェフはすべてにおいて不器用なんだと思う。
JR東日本であるとか古河電工なんかをイメージしたら、抜け目ないなんてイメージできないし、無骨で堅いなというような気もするわけで!

まして今のジェフの社長でもある淀川さんなんかもそんな感じがするわけだ。
まじめそうだが、冗談もなかなかよう言わん。
頑張っているんだが、結果的に裏目に出てしまうみたいな。
ホームページの文章が象徴しているよな。
なんで言い訳するのかよくわからない。
「うちのチームというのは、今は選手を育て、他のチームに高い金で売りつけて、クラブをさらに充実させます。私が社長やってる間はそうしたいのです」なんて堂々と言っていいんじゃあないかい!
世界の常識だよ、こんなこと。

日本人の原点は「和」だそうだ。
とはいえ、プロはより良い環境で仕事をしたいと思うのは当たり前のことなんだが、サポーターからするとそれは「許せない」になるかもしれない。
ずっとうちのチームでやってほしいと思うのもよくわかる。

だからきちんと説明する必要があるわけだ。
「チームの理念とチームの展望」をよ。
これはジェフだけのことではなくどこのチームもそうだと思う。
社長自らが「あんたなんなのさ」といわれんようにするためにも。
それだけの力と責任が社長にはあるんだから。

淀川社長にはがんばってほしいよな。
なぜって?
彼とは早稲田大学1年からのアホ式いやホ抜けの同期でありまして、オラなんかと違ってまじめな奴だったから。
あえて言う
「背広姿なんかでグランド行かずにジャージで行ってたまにはボール蹴れよな!」
そこから変えてみたら!
サッカーの素人社長じゃあないんだからよ!
机上ではなく、なにごとも現場が一番大事だよな。
土俵やリングやグランドに答えがあるだいね
by gsfc_aoshima | 2008-01-24 23:28 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)

武男君の天皇杯その2

この湘南ベルマーレとVファーレン長崎の試合、ベリマーレのもたつきとVファーレンの小気味よいサッカーで、見ていて飽きないゲームだったと思う。
長崎はクラスからいったら4部のチームである。
ただ、武男君を含め、Jで頑張っていた選手たちも多いんで気後れする事なく、自分たちの目指すサッカーをしていたと思う。
長崎は九州リーグで現在3位、2位以内に入らないと「JFL入り」の条件である地域リーグ決勝大会に行かれないし、いまのままでと他力本願の状態なんで、けっこう難しい位置にある。

ただ、13日から開催される全国社会人サッカー選手権に優勝すると地域リーグ決勝大会への出場が決まるんで、照準をそっちに切り替えているし、昨年もこの大会に優勝しているんで、そういう意味ではこの天皇杯3回戦はチームとしての調整にもなるんで、この試合で頑張る事が、選手権の好結果にもつながるというわけだ。

前半は一進一退で、ベルマーレにとっては唯一の得点チャンスをきちっとものにした。
ひきかえ、長崎はDFの安定とFWの強引ともいえる突破と頑張りで、湘南守備陣をあわてさせていたし、ゴール前のFKの場面でポストに当ったシーンが悔やまれる。
あの佐野のFKはゴール内側に当ったような気がするのだが。

後半、湘南はアジエルを投入すると、判で押したようにアジエルにボールを預けるようになる。
預けたらかならずアジエルはそれを抜群のキープ力と判断の良さで味方に配給するようになる。
教科書通りのサッカーになってくる。

結局、「このタイミングかよ!」というほどのすばらしい玉離れでアジエル⇒石原のパスからシュートで2点を入れた湘南の勝利となった。
いい選手がひとり入っただけで、こうもサッカーが変わるのかよという印象を受けた。

とはいえ、長崎のサッカーはいささかもレベルが低いとかいうものではなく、自分たちの目指すサッカーをしていたし、点差以上に好ゲームだっと思うし、いい調整になったんではないかいな。

その社会人選手権で長崎は1回戦、2回戦をこの土日で突破し、今日はベスト8を確定する横浜の友人、吉野君とこのYSCCとの試合がある。

ちぃ~っと複雑ずら!いいゲームを期待します!

b0005596_5453830.jpg

by gsfc_aoshima | 2007-10-15 05:43 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)

武男くんの天皇杯

2007.10.7平塚競技場 キックオフ13:00 天皇杯3回戦
湘南ベルマーレ 3(1−0)0 Vファーレン長崎
得点 原(永里)石原(アジエル)石原(アジエル)

b0005596_6411212.jpg
b0005596_6413378.jpg
b0005596_6415537.jpg
b0005596_6421058.jpg
b0005596_6445499.jpg
b0005596_6455418.jpg
b0005596_647142.jpg
b0005596_6473456.jpg
b0005596_6475280.jpg
b0005596_6481298.jpg
b0005596_6483594.jpg
b0005596_6485599.jpg

by gsfc_aoshima | 2007-10-14 06:49 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)

42年ぶりの再会

月曜日、幼なじみに42年ぶりに再会した。
仕事でお付き合いしている会社に在籍していたのは知ってはいたので、早く会いたいもんだと思っていたがやっと実現した。
残念ながら男だけんど!

スギヤマと云って、小中学校の同級生だ。
家はオラん実家から3軒向こうなんでまあ、小学校時代は毎日と云っていいほどつるんでいたと思う。
面影は残っていた。
うれしかった。

最近思うのは、若い頃自分はどう評価されていたんだろうかということだ。
自分は多分、こういう人間だよなと決めつけがちなんで、他人から見た自分、記憶からなくなっている自分や、あんなこともこんなこともあったというこんを聞かせてほしいなと思っていた。

だから42年ぶりだし、スギヤマにも「昔、オラァどうだった?」と聞いてみた。
そしたら奴から返ってきた言葉は

「おまえは小さい時から助平でませていたよな。」
ガガガビ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!
「おまえと一緒に産婦人科をのぞいたなあ!」
「うそぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」(^_^;)
「おまえのうちにあったエッチ本をよくみせてもらったよ」
「、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、!」ガックリ

42年ぶりにあった幼なじみに云う言葉か。
普通は「勉強がよくできたよな」とか「ガキ大将だったけど家来は多かったよな」とかいうだろうに!
それが開口一番「早熟だった」はないだろうが。
もはや立ち上がれなくほどの感動だぁ

おらんうちは髪結いだったし、いまでもそうだ。
斜めうしろには遊郭があった。
そのお隣は産婦人科だ。
この3点セットはなんだか意味深だよな。
今考えるとけっこう共存していたんだな。
この遊郭を中心にしての髪結いと産婦人科は大いにありだもんな。
そんなことを考えた事もなかったよ
単体で遊郭があったとか、うちの店にその手の女性が髪結いに来ていたのはおぼろげなんだが覚えている。
連動して考えた事は、今朝まで考えつかんかったのである。

家では若い住み込みの美容師さんもたくさんいたし、女性の世界にいたのも事実だ。
そして、遊ぶのはこのあたりが中心でかくれんぼなんぞもしょっちゅうしていたのも覚えている。
かくれんぼの途中で、病院の空いてた窓に目が行ったとしてもだ。
看護婦さんの部屋をのぞいたとか、黒塀をよじ登ってみたとか記憶にないずら。
それって犯罪だぞ!
助平というよりもそりゃあ病気だぞ。(泣)
小学生がするかぁ そんないい事!
オラのあたんまんなかの引き出しには入っていんぞぉ!
ぜんぜん記憶にないだに!

スケベな本を物置にもっていって見ていたのは覚えている。
とはいえ、当時の本と云えば、髪結いの店にあったのは月刊の「平凡」やら「明星」だぞ。
その平凡やらに「ドクトルチエコ先生」のお悩み相談コーナーやら、チエコ先生のいろんな解説をみんなで回し読みしたのは覚えている。
こどもごころに「すげっぇ〜〜〜〜〜〜どういうこんずら、よくわからんがよ」
たかが平凡、明星の類いだに!
そんなめちゃめちゃすごくないぞ!

オラん頭ン中はパニックに陥ってしまった。
やっぱし、助平はうまれつきオラが背負った宿命なんだろか!
サッカーサッカーってサッカーあればあとはなんにもいらないなんてうそなんだろか。
サッカーは二の次でやっぱし、色好みなんだろうか!
サッカーで好色を押さえていたのか!
スギヤマの発言をまとめると好色は小学校からでサッカーは高校からだもんな。
なんか歴史の重みを感じるよなぁ

てなわけで、スギヤマ君とお会いして楽しいお話を聞かせてもらったんでまた会おうという話になりました。ジャンジャン!

追伸 そのドクトルチエコ先生が懐かしくなり、グーグルで先生を検索してみたら、オラとおんなじ事を思っている方がいらっしゃったんでご紹介しよう。
このかたは先生のことを保健体育の先生みたいにおっしゃっているがよ。
まだ存命なんだろうか。先生は!
違う意味で先生はオラ達の性春かもな!これがそのブログです。
by gsfc_aoshima | 2007-07-05 07:22 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)

4月7日(土)朝6時起床
やばい!寝すぎた。
朝のコーヒーを楽しむ余裕もなく、新聞なんぞも見るヒマなく、まして直助のブログなんぞを書くなんてこともしないほど、寝過ごした。

6時15分家を出る。
もちろん仕事でだ。
東戸塚まで歩く。
今日はハードスケジュールなんである。
新横浜から新幹線で新富士まで。
イッパツ用をすましたら、静岡へ!
静岡で2発目の用事。
掛川で乗り替えて磐田へ。
磐田のラーメンやで昼食。
実家へ寄ることもしないで、入院しているおふくろの見舞いをする余裕もなく、移動し、3発目のしごとをかます。

2時半に浜松へ。
4発目の仕事だ。これをいとも簡単にやった後に16時23分の新幹線で横浜へ。
車内で高校時代バスケ部だった石岡ご一家に遭遇。
10年ぶりぐらいの再会だろうか。
石川君があんまし、変わっていないのでこれにもびっくりする。
元気な事はええこんだいね!
磐田でお父さんの法事があったそうで、新横浜まで昔の話に花を咲かす。

18時45分、天王町に着く。
19時保土ヶ谷区の少年サッカーの総会になんとか間に合う。
21時終了。

まあ、どうでもいいような話だが、オラァにはなんだか、ちぃっとばっかし充実しておりました。
by gsfc_aoshima | 2007-04-07 23:53 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)

フリエサポのポチ君

フリューゲルスが解散した時以来、お付き合いの続いている友達がポチ君だ。
ほんとは年からいって、「さん」づけなんだろうが、ずっと「君」づけできている。
見た目より若いからどうしてもそういう呼び方になっちまう。

熱心なフリューゲルスファンだったんだが、そのチームがなくなってしまってからは、元フリューゲルスの選手を追っかけて応援している。
けっこうマニアックな趣味というか、モノ好きと云うか、まあそういう人も世の中にはまれにいるのだなと思う。
だから、フリューゲルスの選手であるならば、それがJリーガーだろうが元Jr.ユースの選手であろうが、応援するというわけだ。

たとえば横浜FCの試合は見にいっても、山口を見ているんだな。
ひたすら山口なんだな。

僕は昨年、雲仙までいって地域リーグ全国大会を見て来たのだが、それは「原田武男」がVファーレン長崎で試合をやっているから応援に行ったんだが、もちろんポチ君も行ったわけだ。
示し合わせたわけではないんだけんど、おんなじ飛行機で、満員にもかかわらず隣同士だった。
まあ、ものすごい偶然なんだがよ!
武男くんとも顔なじみなんで一緒に写真を撮る。
b0005596_5462832.jpg

そういえば、その試合にも武男君を対象にしていたホームページを作っている東京の方も応援に来ていたなぁ。

日曜日の県社会人決勝の試合にも嵐のような天候にも関わらず、僕らの試合を応援に来てくれた。
実はうちにも元フリューゲルスの選手がいる事を告げた。
Jr.ユース最後の学年だそうだが、DFのマッチョ曽根だ。
この選手は給水は水ではなくてプロティンという相当変わったプレーヤーなんだが、この日は相当頑張ってくれた。

ポチ君はえらい喜んでくれて、自身のブログで曽根の事を書いてくれている。
これから、ポチ君の「曽根参り」が続く事を願うばかりである。
またひとり、うちのチームのサポーターが増えた事になった。
b0005596_5593972.jpg

それからポチ君が主催しているフリューゲルス同窓会というホームページもある。
特に、ここの掲示板はちょっとおかしいというか、「フリエファンの永遠の憩いの場」だそうでそれを聞いただけでも、半端じゃないなと感じます。
by gsfc_aoshima | 2007-03-27 07:58 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)

残念です

30年来の友人を亡くした。
残念です。
by gsfc_aoshima | 2007-03-03 05:13 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)

創立75周年

早稲田納会のことを詳しく書くつもりでいたガ気が変わった。
ていうか、もう酔っぱらっていて書けましェ〜〜〜ン!

今、磐田の実家です。
今夜は、高校サッカー部創立75周年とかでそのパーティに出た。
その後、磐田駅近くのフィリピンパブで大騒ぎして実家に戻る。

阿呆の4人組でのご乱行。
情けない!
ああ情けない!
でも楽しかった。
また行きたくなっちまうって小林誠ちゃがタクシーの中で叫んでいた。
エロ司法書士の大杉先生はフィリピンまで行っちまう経験もあるベテランで、ぼくらの憧れだ!
くどきかたが実にスマートだ。
いい勉強をさせていただいた!!

もう寝ます!
by gsfc_aoshima | 2007-02-11 22:58 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)