アメリカではどうか

世界中で子供たちのサッカー環境をよくしようという取り組みが行われているようだ。
結局、子どものサッカーに親が口を出したり、マナーがあんまりにも悪いので我慢ならんということなんだろうな。

アメリカではアメリカンユースサッカーオーガナイゼ−ションという組織がキッズのサッカーに関しての様々な指針を提示している。

以下の通り

ここはキッズゾーン
以下の約束が守れるのであれば歓迎するが、守れないのであれば立ち入り禁止

キッズがNO1
勝つことではなく楽しみがすべて
ファンは応援するのみ。コーチはコーチに任せる
怒りにまかせてどならない
ボランティアのレフェリーを尊重する
ののしらない
禁煙
帰りにゴミを残さない
子どもに良い見本となる

以上

イビチャ オシムがこんなことを言っている

「今日の結果ではなく、明日子どもがどんなプレーをするかを楽しみに指導すること」


b0005596_644371.jpg
b0005596_6442521.jpg
b0005596_6453742.jpg
横浜国際チビッコ予選リーグvs大豆戸FC戦から
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/9602781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2008-10-01 06:46 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)