vsブレッサ相模原戦

県社会人リーグもいよいよ残り少なくなってきた。
9月7日のvs平塚FC戦は突然の集中豪雨とりわけ雷鳴によって、中止順延になってしまった。
けっこう選手の体調それから気持ちの高さからいってその日はやりたかったというのが本音だった。
落雷でも当たったら大変だし、まあ中止は仕方がないところなんだが、ここまで雷雨のひどい年もないよね!

そして14日のブレッサ戦である。
ここを勝てば3位以内が大きく見えてくるんだが結果から言うと0−2で負けてしまった。
結果からだけみると完敗なんだが内容的には五分五分だったと思うし、サッカーの質から言えばうちのほうがいいサッカーをしていたように思う。
でも得てして、結果がそれに伴わないのがサッカーなんだな。
だから面白いのかね!

最後はブレッサの気迫にやられてしまったのだが、相手の警告が6名、別に退場1というのがこの試合にかけるブレッサを象徴している。

うちは前半、今までにないようなすばらしいサッカーをしてくれた。
相手を完璧に押さえ、攻守の切り替えも速く、カメラの枠越しに見る選手の動きはなかなかのものだった。
だけんどネットのなかに納まらんだいね!

この得点ゼロが、後半の出足の悪さとあいまって気持ちで追い込まれたと云うか、突然のガス欠になったというか、同じチームと思えなかった。
詳しいことは追々総括しようと思う。
とりあえず、残り2戦を絶対落とせなくなった。
やるしかないよね!
by gsfc_aoshima | 2008-09-16 06:08 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/9506708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ちょっとやばいかも! 河合君 銀だに! >>