ア式vs法政 ちょっと?

駒澤第2競技場(人工芝)での関東リーグvs法政戦を見に行く。

そしてア式よりのメール

第13節 vs法政大学 @駒沢オリンピック公園総合運動場 第二球技場
      1前半1
早稲田 0後半1 法政
     1合計2

得点者(アシスト)
23分 法政
44分 中川翔平(野田明弘)
50分 法政

【早稲田大学メンバー】
スタメン
1.伊藤 拓真(スポ4)
4.中川 裕平(社3)
5.梅澤 誠司(教4)
2.塗師 亮(スポ4)→77分 岡根 直哉
19.野田 明弘(スポ2)
6.松本 征也(スポ4)
7.岩田 啓佑(教4)
27.菅田 恭介(人3)→86分 小井土 翔
14.中野 大輔(スポ3)→64分 服部 健大
10.渡邉 千真(スポ4)
17.中川 翔平(スポ3)
サブ
21.菅野 一弘(教2)
24.佐々木 景一(スポ3)
13.岡根 直哉(スポ3)
8.中野 遼太郎(スポ2)
28.山中 真(スポ1)
32.服部 健大(教1)
23.小井土 翔(教1)

後期初戦を勝利で飾り勢いに乗りたい早稲田。
前節同様に前線に蹴る作戦で試合をに入る。
23分、センター付近でのFKのリスタートから崩され先制を許す。
このまま折り返すかと思われた44分、
左サイドから中川翔が切れ込みニアに豪快に決めて同点とする。
後半立ち上がり、前半の失点とほぼ同じような形で追加点を許す。
その後は、服部健、岡根、小井土を投入し、
同点を狙うものの、結局このまま終了。
後期2連勝はならなかった。

次節は、
vs明治
9/23(火)11:30キックオフ
@熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
となります。

----------------------------------------
オラァん目にはどうにもこうにもア式のサッカーが春から進化しているようには見えなかった。
ていうか、ちょっと下がっているように見えたんだが!
キックオフからの30秒にア式の今季のサッカーが凝縮されているような時間だった。
ここまで蹴るかい!
グラインダーのボールはないのかい!

結論的に言っちまうと、チーム構成と云うか,バランスというのか、とにかく今の4、4、2では後期の長丁場を戦えない気がする。
4人のDFがいるように見えても、相手FWがせめて来た時には2対2の状況になりがちで、相手を止められる力がない。
失点シーンもそういうことだったし、おんなじせめられ方で前半に、もう1点やられそうな場面もあった。
4人がうまく機能していない。
ここは3、5、2のシステムに変えてひとり余らすことしないと今後もやられるだに!

ボランチの構成も松本、岩田はどちらかと云うと似たようなタイプの守備型のボランチで、労多くして、相手攻撃の芽を摘み取るタイプなんでどうしても攻撃の面で遅れ勝ちだ。
攻撃型のボランチとのバランスを取るべきではなかろうか!
グラインダーで強くて長いパスを渡邊に通せられるようなプレーヤーはいんかいねぇ?

2列目のMFでは交代を含め4人が出てきた。
みんな、ちょこまか動くんだが、タイプ的に似ているんだよな。
どうにもこうにもサッカーがうすっぺらいというか、なんかやってくれそうな気がしないのである。
厳しいはなしでみなさんごめんな!

FWには渡邉と云う、将来の日本のサッカーを背負う逸材がいるというのに、これも生かされていないんだな。
うしろからボカンボカン蹴ってくるだけで渡邉も競り勝つことも出来ん。
ボールが廻ってこないのでどうしても下がり気味になってしまう。
2列目まで下がってしまうんでは得点の芽は出てこないし、ゴール前に行った時には相手の数のほうが確実に多い。

攻撃陣と守備陣が完全に分断されているので流れの中での得点は期待出来ず、結局カウンターとセットプレーしか得点の機会がないし、昨年あれだけ得点を入れた渡邉がまだ2、3点というのもうなずけるサッカーだ。
相手のボールを奪いにいく早さはあるが、奪ったあとの全員攻撃というものがない。
攻守の切り替えがものすごく遅く感じられた。
特に後半はDFラインの上げが極端に遅くなっているように感じられたし、サイドDFからはポンポン縦に蹴るだけで無策だったし、ア式の特長でもあるサイドを大きく変えるワイドな攻撃が全く見られなかったのは寂しい限りだった。
サイドの上がりが90分通して何回あっただろうか。
後半はゼロに近いと思う。
交代に3名が出てきたんだがこれも新しい選手がなにかしたかというと何の印象もないし、むしろ悪くなったような気もした。

ここは3、5、2のシステムに変えて、サイドからの攻撃と人数で厚めにしていき、守備の機会では一人余らすほうが合理的なサッカーができるのではないか。
けっして法政の出来が良かったようにも見られないし、けっこう法政もちょんぼの場面も多かった。
それでもやられるということは精神的な問題だけでなく、ゲームを運ぶシステムに問題もあるようだし、そこらを修正しないと優勝は現実的に難しいなかで、インカレ出場権の4位以内に入ることすら難しいと思えた。

もうすこし、つないで組み立てていくサッカーをする必要があるし、渡邉を生かすシステムを考えないとダメだと思う。



b0005596_5543819.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/9475125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2008-09-11 05:44 | ワセダ | Trackback | Comments(0)