高校生は速い

かもめリーグ初戦、秦野高校戦が行なわれた。秦野は高校選手権のベスト4に残っており、今日、淵野辺と決勝戦を目指したたかう強豪である。
それにひきかえ、当方はというと、受験を控え、ちょっと慌ただしい時期でもあるので3年生は4人のみ、あとは2年生という新チーム並みの布陣である。2年のちがいは体の横が違ってくる。あとはスピードについていけるかということかな。

試合開始からサイドを破られる。とくに右サイドに速いのがいて、またこいつが周りとのコンビネーションがいいので、うまく回される。前半あっという間の6点。すべて右からの攻撃でいれられる。
タッパもちがうのでコーナーキックやらセットプレーヤらは大変である。それでもヘディングではそこそこ頑張ってくれていた。
うちも三浦の突破でいいとこまでいくのだが散発的で枠にいかないのである。

後半、相手が途中からメンバーを替えだしてからはそこそこの試合展開をするも、こちとらの足も止まってきて、4点献上で合計0−10という最近では記憶にない大差でやられる。
ただ、負け惜しみでいうわけではないけれど、引いて戦ったわけではなく、真っ向勝負しての負けなので、すがすがしかった気がする。
局面でのスピードに乗られたときでも、ゴール前でどれだけ、タイトなマークが出来るか、またマークの受け渡しがスムーズにいくのかをケアすれば、そこそこやれると思う。
10点でもぼこぼこなんだが、ぼこぼこの度合いが少ないずら。特に高校生という上の年代と真剣勝負でやれる(中学生相手に手を抜くわけにはいかないのである)というとこに意義があるし、選手の強化につながると確信している。

きのうは、前橋育英が順当に6−0で準決勝進出。
今日は等々力競技場で選手権準決勝で武のいる法政二高を応援する。
茨城では鹿島学園が決勝戦、山梨でも帝京三高が準決勝。
早稲田も関東大会で今日の相手は白鴎大学とやり、勝てば2部に昇格である。
忙しい一日になりそうである。
b0005596_744427.jpg

ちなみに、写真に写っているには笠原監督なんだが、出身の法政大学も来シーズンよりほんと久しぶりの1部昇格でまっこと羨ましいずら!
by gsfc_aoshima | 2004-11-07 07:45 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/874059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< すごいことになりそうだ 今週末もサッカー三昧 >>