関東学院大戦のDigest Note

天皇杯初戦、関東学院大とは昨年と同じ顔合わせだ。
たまたま、昨年は勝利したが、練習試合では勝ったこともなく、相当の苦戦が予想されたが、もしうちに勝つチャンスがあるとすれば、5月はじめということでチーム成熟度が学生チームより勝っていることぐらいか。
それからサッカーの神様がどちらに味方するか。

馬入グランドの人工芝はこのところ、うちのチームには合っているようでそのあたりも気持ちでいいほうに向いていた。
ただ、うちのチームも欠席者が多く、メンバー構成がかすかすの状態であったが、これが逆に集中力の保持と危機感の高揚という、いいほうに作用したかもしれない。
そして、風下の前半をどうしのぐかが勝負の分かれ目だと思っていたがまさしくその通りの結果になった。

前半はチャンスらしいチャンスもなく、ボール支配率やらシュート数、CK数で危ない場面の連続だったがGK藤田の活躍とDF陣の体を張った守備で無得点に抑えることが出来た。
サイドからの攻撃も少なかったが、真ん中を破れたシーンがあったんで、後半うちのFWの突破から均衡が破れる予感がした。

後半、相手のシュートミスが多く見られたし、大空にボールが集まりだして徐々にマイボールが多くなる。
そして、速い展開から2列目の山崎がFWを追い越してのパスの受けから倒されてPKを得た。
その後、失点はするものの、同じようなパターンの突破が出来るようになり、決勝点につながった。
交代を含め、最後まで、11人の集中力が途切れることがなく、会心のゲーム内容と勝利だった。

「採点」

GK 藤田  7  安定した守備は陰のMOMだった
DF 曽根  6  相手のロングキックに苦労したが最後まで踏ん張った
DF 三ツ橋7.5 文句なしのMOM 言葉で言い表せない!
DF 岩間  6  後半は阿修羅の活躍で観るものを感動させた
DF 押久保 6  休養明けだったが地力を出してくれた
MF 仙石  6  簡単なパスワークを使えばもっといける
MF 大空  6  ゾラにボールが集まれば連動性が飛躍的に向上
MF 武    6  前半はボール供給が不安定だったが後半よみがえった
MF 山崎  7  全得点に絡み、勝利に貢献
FW 志蓮  7  底知れないスタミナと突破で相手の足がとまった。
FW 田巻  6  仕事のストレスで体重激減だがおかげで快速復活し、切り裂く

交代
MF 秋山  6  出場時間は短かったが、役割を掌握し、勝利に貢献
DF 小石川 -  短すぎて採点対象にならず
 
by gsfc_aoshima | 2008-05-07 07:02 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/8547412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ダテさんのこと ア式2連敗のメール来る >>