直助のサッカー持論

それほど大それた持論ではないが、オラが目指しているサッカーがある。
サッカーをやるもの、サッカーを見る人、それぞれが「サッカーってなんぞや!」と漠然と感じているに違いない。
こういうサッカーがいいよな!と思っているものがあるに違いない。
自分が教わったサッカーもあるだろう。
自分が見たチームでいいなと思ったチームもあるだろうし、あのときの高校チームはよかったねとか、あの時の日本代表のスタイルが理想だよねとか、いろいろあるに違いない。
きっとみんな正解だと思う。
でもそれってけっこうアバウトな思いつきであったり、見た感じだけで終わっていると思う。
確信的なものがないといけないはずだ。

「じゃあ、なんなのさ!」と言われた時に、もっとわかりやすくオラァが解説してやるということなんだな。
前置きが長くなったけんどさっそくはじめよう。

サッカーは数的優位をどれだけ多くつくるかというのがまず第1の基本だと思う。
ゴールキーパーがボールを保持した時から考えてみよう。
まず第1にゴールキーパーがやらなければいけないのは味方へ確実にパスだよね。
ただボカンと蹴ってしまうこともあるだろうけんど、それって遠くへ飛ばすことは出来ても、確実なパスではないはずだ。
遠くでも味方にパスできるためには正確なキックの練習が必要だよな。
ここで差が出るよな。
正確に味方へパスできるキーパーとそうでないただボカンと蹴っちまう奴との差がよ。
その積み重ねがチームの強い弱いにもつながっていくわけだ。

ここではゴールキーパーがボールを保持して味方選手に手でパスしたとしよう。
確実にパスできたよね。
ここからフィールドのプレーになるわけだ。
ここで大事なことは味方エリアでは100パーセント確実なパスがやろうとすれば出来る数的有利な状況な場面だ。
DFは必ず前を向いてプレーできるわけだし、2:1の数的状況さえあれば確実にパスをできる。
もちろん1:1でも2:2でも悪いとは言わないが確実なプレーが出来るわけではない。
とにかく味方陣地では絶対にボールをとられないということが大事であり、相手陣地奥深くになればなるほどとられても仕方ない状況ーつまり2:1の状況がつくれないわけだからーパスの成功度がどんどん落ちるのは仕方ないことになる。

ただし全体的なエリアでは人数が少ないにしても局面局面では2:1の状況はつくれるわけである。
じゃあどうしたら作れるかということになる。

一つには逆襲というかカウンター攻撃だよな。
相手がこちらの陣地にたくさんいて敵エリアに早く入った時に相手が少ない人数であればあるほどチャンスが広がるよね。
この場合は2:2、あるいは3:3でも全員が前を向いて走っている状況だから決定的なチャンスになる。
絶対みんなが止まっていないからだ。
全員が全力で走っている状況だからだ。
4:3や3:2はよくみれば2:1という状況とおんなじことなんである。

次に相手人数が確実に多い状ーつまりカウンターではなく通常の攻撃の時の場合を考えよう。
この場合は、味方の前線は相手DFやらMFを背中でしょっている状況だよな。
目がゴールに届いていないわけで、ここで後ろ向きにボールをもらってもプレスが聞いているわけだから、前を向けないわけで向いたらとられる不確実な状況というか1:1の不利な状況ということになる。

ここをどう突破するかにかかってくるんだが、ここで大事なことは連動性だと思う。
リズムとも言うのかもしれないがちょっと違う。
おんなじ速さというか、おんなじ行動ー同じプレーの連続ーというのかもしれないが、言葉で書くと、ボランチが前めの選手に縦パス、前を向いていないからダイレクトで一度落とす、落とされたらダイレクトで違う選手に斜め前にパス、この選手も前を向いていないからまたダイレクトで落とす、落とされたら、先の選手でもいいし、この選手でもいいんだがまたダイレクトパスー要はこの場面はみんなが2:1になっているということだよね。そしてみんなが走っていることになるよね
こういうことが大事なわけなんである。
トラップした瞬間にその速さが一瞬落ちる。そして連動性がなくなっちまうんだな。
つまり他の味方プレーヤーが走っているのが止まってしまうことにつながってしまうわけだ。
ドリブルとパスではどっちが速いかと比較すればパスのほうが早いに決まっている。
相手を崩しにはこの連動性がないとなかなか崩せないし、これが一番の崩しの基本ではなかろうか。
つまり、選手も走らないといけないということを言ってるんだよ。
ボールを持った選手よりもボールを持たない選手の走りのほうが近代サッカーでは大事なわけで、走れない選手は使えないというのも普遍的な考え方だと思う。

そのボールを持たない選手の走りが結果的に裏に走るとか空いたスペースに走るかとかにつながっていくわけで、言ってることは決して難しいことを言っているわけではない。
連動性あるサッカーをやるにはきちんとインサイドキックが蹴れればそんなに難しくないわけで、それをたくさんやればこちらのリズムになるよと言ってるわけである。

要はみんながリズムよくサッカーをやってたらそれを乱す行為を中盤でするなということだ。
相手ゴール近くで崩すといっても、中盤からすこしづつ相手のマークやらを崩していかないと、結局いくらゴール近くまで行ってもなかなか点には結びつかないのである。
ゴール前で突然相手守備体系が崩れるわけないのである。

「押してもダメならひいてみな」って言葉があるけんどまさにそうなんだが、ここで大事なことは横パスはダメだよ。
カウンターを食らっちゃう。
でも相手の横パスはたえず狙ってくれよな。

ながながと結論も出ないまま書き綴っちまったけんど、ボールをもらう選手のサポートを必ず二人は行けということ。
前と後ろにだ。そうすれば2:1の状況がつくれるから!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/8393697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2008-04-15 07:23 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)