得するお話

相変わらず、西の方ー静岡県地区を中心とした担当なんだもんだで、老体ではあるけんど、動きまわっている。
10日は近場で小田原ー電車
11日は静岡市ー車
12日はひさしぶりに東京ー電車
13日は三島、富士、沼津の東部地区ー新幹線
14日は沼津、富士、富士宮ー車
15日は沼津、静岡ー車
もちろん日帰りだから一度も泊まっちゃあいない。この二日だけで600キロを軽く超している。
当然、ひとりの行動なんだがあんまし疲れないーていうかなんともない。
若いときよりますます元気になっている。
30代の頃はよく下痢していたが、ストレスもなんにもないのでそういうこともない。
まあ、乗せられて単細胞というのかもしれんがよ!

ここんとこ車でも動いているのだが気をつけていることがある。
東名の下りで、大井松田を越えると、二股に分かれる。
右車線のほうを選択する。
そうすると、いくらもいかないところで路肩に車がパーキングしている。
あるいはつぶらのトンネルの手前だったり、ひょっとすると県境あたりかもしれんがパーキングしていたら要注意だ。
これが覆面パトカーなんだな。

大井松田を過ぎ、二股にわかれるとなぜかスピードを出したくなるよな。
特に右側は!
そうすると待ってるだいね!おまわりさんがよ!
あの人たちはすぐ追っかけない。だいぶ行かしてからおもむろに出て行き、ず〜〜〜〜っと追っかけていく。
そして県境を越えて静岡県に入ってから捕まえる。
ちょうど足柄の手前、二股が合流する手前1キロぐらいのところでだ。
なぜ、こんなことするかというと車が多分静岡県警の覆面なんだな。

この覆面は、御殿場まで行って、上りの3車線では神奈川に入る県境まででまたやっている。そして大井松田のインターから折り返して、静岡県で捕まえる。
まじ静岡県人は働きもんだと感心している。
フットワークがいいのである。
この二日間、両日とも上下で捕まっている車を見た。
上りは二日ともポルシェだ。
気持ちがいいだろうな、日本車でポルシェを取っ捕まえて、多分80キロのところを150キロぐらいで飛ばしているポルシェを捕まえるのはよ!
もちろんいう言葉は「ここは気をつけてくださいよ!事故がほんと多いところだに!
あらあら、70キロオーバーだで残念ながら免許取り消しです」
ほんとやりがいのあるお仕事だよね。
スピード違反がんがんオーケーなんだもんね。パトカーって
「大名行列の先乗り」みたいだよね。
これほど楽しい仕事はないと思うな。

神奈川県内のパトカーはほんと東名では見ない。
まあ、それなりにやってるんだろうけど
小田原厚木道路はよくやってるよね。
覆面がよ!
こちらは東名厚木を過ぎて、小田原厚木に入って2キロぐらいのところで路肩にパーキングしている車はご用心
ほとんどといっていいほど覆面だ。
すぐ追っかけてきて短い射程距離で捕まる。

静岡県警はほんと、知らなんでいるいると、ず〜っとストーカーのようにつけてくるからよ!

昨日は厚木に入るちょっと手前でものすごくでかい虹を見る。
東名高速が虹のゲートをくぐるような感覚だった。
富士山はここんとこ大荒れで、南東側でものすごい大荒れの雲がいついている。
だから相当下の方まで雪に覆われているんだが、西側はほとんど雪もなく、アンバランスな雪景色である。
正月はそうとうきれいな富士山が見れそうである。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/7827542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2007-12-16 07:55 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)