オシムのこと

昨夜、オシムが脳梗塞で倒れたと云う川淵キャプテンの記者会見をTVで見る。
正直もんの川淵さんだからかもしれないが、万感迫るものがあるのか、涙が止まらないということは、相当な状態だとこちらサイドもわかっちまう。
オシムの監督就任をおもわず云っちまったあの川淵さんの記者会見を思い出した。
日本サッカーのためにも、なんとか元気な姿を見せてほしい。
先日、某NHKのTV番組で脳梗塞の画期的治療法というのをやっていた。
もし命を取り留めることが出来たならば、ぜひともやってほしいな。
1時間の治療で、次の日には動かなかった指が動くんだから。
もの凄い回復力だったもん!!!!

昨日の昼間、富士宮に仕事で行く。
途中、浅間大社により、母親の病気回復を小銭ではなくお札を賽銭箱に入れて祈った。
オシム監督の話をその時点で聞いてれば一緒にお祈りできたのに。
ちょっと残念です。

それから、川淵キャプテンのことなんだが、見るたびに老けていくのがちょっと心配です。
血圧高いんだから気をつけてほしい。

また、今の時点でこんなこというのはどうかとは思うが、病気が病気だけに、監督人選に入るべきだと思う。
長期的な監督不在はチームにとって舵取りがいなくなったわけで、船長がいない船では喜望峰にはたどり着かないのは明白だ。
by gsfc_aoshima | 2007-11-17 06:24 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/7716838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日は大事なトリプルブッキング 浦和レッズのこと >>