武男君の天皇杯その2

この湘南ベルマーレとVファーレン長崎の試合、ベリマーレのもたつきとVファーレンの小気味よいサッカーで、見ていて飽きないゲームだったと思う。
長崎はクラスからいったら4部のチームである。
ただ、武男君を含め、Jで頑張っていた選手たちも多いんで気後れする事なく、自分たちの目指すサッカーをしていたと思う。
長崎は九州リーグで現在3位、2位以内に入らないと「JFL入り」の条件である地域リーグ決勝大会に行かれないし、いまのままでと他力本願の状態なんで、けっこう難しい位置にある。

ただ、13日から開催される全国社会人サッカー選手権に優勝すると地域リーグ決勝大会への出場が決まるんで、照準をそっちに切り替えているし、昨年もこの大会に優勝しているんで、そういう意味ではこの天皇杯3回戦はチームとしての調整にもなるんで、この試合で頑張る事が、選手権の好結果にもつながるというわけだ。

前半は一進一退で、ベルマーレにとっては唯一の得点チャンスをきちっとものにした。
ひきかえ、長崎はDFの安定とFWの強引ともいえる突破と頑張りで、湘南守備陣をあわてさせていたし、ゴール前のFKの場面でポストに当ったシーンが悔やまれる。
あの佐野のFKはゴール内側に当ったような気がするのだが。

後半、湘南はアジエルを投入すると、判で押したようにアジエルにボールを預けるようになる。
預けたらかならずアジエルはそれを抜群のキープ力と判断の良さで味方に配給するようになる。
教科書通りのサッカーになってくる。

結局、「このタイミングかよ!」というほどのすばらしい玉離れでアジエル⇒石原のパスからシュートで2点を入れた湘南の勝利となった。
いい選手がひとり入っただけで、こうもサッカーが変わるのかよという印象を受けた。

とはいえ、長崎のサッカーはいささかもレベルが低いとかいうものではなく、自分たちの目指すサッカーをしていたし、点差以上に好ゲームだっと思うし、いい調整になったんではないかいな。

その社会人選手権で長崎は1回戦、2回戦をこの土日で突破し、今日はベスト8を確定する横浜の友人、吉野君とこのYSCCとの試合がある。

ちぃ~っと複雑ずら!いいゲームを期待します!

b0005596_5453830.jpg

by gsfc_aoshima | 2007-10-15 05:43 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/7578161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 武男君の社会人サッカー選手権 武男くんの天皇杯 >>