ア式ついに首位に(泣)!何年ぶりなんだろう

ついについに待ちわびた首位の座。
10年以上も前、2部降格がきまった西が丘グランドちかくのラーメン屋のビールが
ほんと苦かった。つい、この前のような気がするが、カレンダーをめくるともう一昔前になる。
20世紀のことだもんな。
そのあいだにどれだけの口うるさいOBが死んだか。
数しれん。
せめて村形先輩だけでもこの日曜日まで保たせたかったよな。
まだ49日も済んでいないので、グランドに来てるかもしれんな。
喜んでいるだろうな。
もし、優勝でもしたら、この長きに渡って低迷した時期に亡くなった諸先輩の合同慰霊祭なんかもやったらみんな喜ぶだろうな。
東伏見のグランドでやったらよ!

はなしを現実に戻そう
それがだ、一時的にもせよ、首位だに!
ウレピーウレピー、差し入れだぁ!
なに?ゲンナマがいい?
寄付だぁ寄付だぁ寄付せんと!
オラァもさっそく少ないけんど1口送金しただいね。
鬼武会長遅くなっちまってすみません。

勝った時のメールというのは、まんず早く来る!
今回は、カワイ君からなんだが、とりあえず読んでほしいだ。


今日行われました、関東大学サッカーリーグ戦1部 第14節 vs 筑波大学との試合結果をお知らせいたします。
早稲田大学 6(2−0、4-0)0 筑波大学
得点: 31分(早)山本脩斗(渡邉千真)
    36分(早)兵藤慎剛(山本脩斗)
    55分(早)兵藤慎剛 
    56分(早)渡邉千真
    75分(早)渡邉千真(兵藤慎剛)
    83分(早)金守貴紀(兵藤慎剛)
【早稲田大学メンバー】
スタメン
16.河野猛(社2)
20.幸田一亮(スポ1)
4.金守貴紀(社4)
5.横山知伸(スポ4)
3.藤森渉(教4)
2.塗師亮(スポ3
30.中野遼太郎(スポ1)
17.中川翔平(スポ2)→59分首藤豪
10.兵藤慎剛(スポ4)→83分前田亮
8.山本脩斗(スポ4)→65分鈴木修人
9.渡邉千真(スポ3)

SUB
1.伊藤拓真(スポ3)
23.中川裕平(社2)
12.松本征也(スポ3)
7.鈴木修人(スポ4)
14.首藤 豪(スポ4)
19.前田 亮(教4)
11.島村毅(スポ4)

【戦評】
開幕2連勝と快調なスタートを切って迎えた後期第三戦。
対戦相手は去年から公式戦において、一度も勝てていない筑波大学。今年の前期の対戦では、
2-0と先行しながらも2-4と逆転負けしただけに、決して気の抜けない相手である。
スタメンは前節と同じメンバー。後期開幕からの好調をキープしたいところ。
試合は開始早々から筑波に完全にペースを握られてしまう。ドリブルを得意とする筑波の10番が幾度となくチャンスを作り、
早稲田ゴールに攻め込む時間が続く。しかしこのピンチを、後期2試合を終えて1失点という好調な
守備陣が最後の所で踏ん張りをみせ、筑波の決定機を防ぐ。
早稲田側に嫌な空気が流れる中、この状況を打破したのは前節関東リーグデビューを果たした1年の中野であった。
前半20分過ぎ、相手陣地の中盤辺りでボールを受けると、ゴールまで30mはある位置からためらわずにロングシュートを放つ。
このシュートが相手ゴールバーを直撃。ゴールにはならなかったが、この思い切りの良いプレーが早稲田全体を活気をづけた。
この後、早稲田は今までの劣勢が嘘の様に、攻勢にでる。時間を増すごとに早稲田の華麗なパスサッカーで
相手を翻弄し始める。そんな中迎えた31分、相手ゴール前でボールを受けた渡邉が前にいる山本へ優しい浮いたパスを出す。
これを落ち着いてトラップした山本が左足でゴールへ流し込み先制点を挙げる。
このゴールで試合は完全に早稲田ペースとなった。直後の36分には、先制点を決めた山本がゴール前で兵藤へ絶妙なパスを出す。
キーパーと1対1となった兵藤が落ち着いてゴール左隅に流し込み追加点を挙げる。
この後も早稲田がボール支配し前半を2-0で折り返す。
後半開始後も前半の勢いそのまま、早稲田が試合を支配する。55分にはエリア内で後ろからのフャールを受けた兵藤がPKをゲットする。
このPKを兵藤自ら決め3-0とする。その直後の56分には、完全に集中力の切れた筑波守備陣の不用意なパスを渡邉がインターセプト。
そのままキーパーと1対1となり渡邉は落ち着いてゴール右隅へシュート。試合を決定づける4点目を挙げる。
その後も75分に、渡邉がペナルティエリア付近でボールを受け相手DFとの1対1を振り切りゴール左隅へ技ありのシュートを突き刺し5-0。
83分には、兵藤のコーナーキックから金守がヘディングシュートを決め6-0とする。その後、筑波が最後の意地を見せ早稲田ゴールへ攻め込むが、集中した早稲田守備陣を崩せず、6-0のまま試合終了。
前節に続き快勝で試合を終え、後期第3節終了時点で早稲田が関東リーグ単独トップに躍り出た。
【次節予定】
2007年10月3日(水) vs 明治大学 18:10 Kick Off @江戸川区陸上競技場
江戸川区陸上競技場  http://edo-s.o-ence.jp/s2.html

以上

※おいおい、入れ過ぎと違うか!
こんなに得点しちゃうと、つぎの明治戦がおおざっぱなゲームにならないかい?
2試合で10点はないだろうに!
なに?実力だからしょうがない?
まあ、この際うれしいからいいかぁ!

前期の筑波戦は等々力であったんだけんど、2点先取したあと4点入れられた苦いゲームで、それにだ、ゲーム3時間前にグランド着いちまって、試合までの時間の長かった事。
思い出したくもない筑波戦だったのに、今回はなんということでしょう。
匠は前回の教訓を肝に命じ、すばらしいビフォア、アフターでした。

ア式を除く上位チームが足踏みしている中で、後期開幕以来3連勝とは、念願の優勝も視野に入ってきただに!
法政が学芸に負け、流経があの弱い国士に負けるとは。流経は2連敗でどうなっちまってんだろう。
て云うか、国士舘の先週の平塚のゲームを観たら、どっこにも勝てる要素が見当たらないひどいチームだと思ったんだが。
駒澤も一時の強さはなくなってるしよ!
ものすごいことになっているけんど、明日もゲームがある。
明治に勝てれば、ちぃ〜〜っとマジになれるかもな!
とにかく、やってみないとわからんのが今の大学サッカーでほんと気まぐれなんだから!
とりあえずウレピーから順位表だけでもみてほしい。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/7521259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2007-10-02 06:30 | ワセダ | Trackback | Comments(0)