オリンピックが始まった

 夜中にTVを見るのはほんとに苦痛である。それも午前2時では。今朝も4時から起きて開会式を見る。4時頃であればどうということないが、2時では19時に寝ないとからだが持たない。ビデオではしらけるし、困ったもんである。

 日本は女子が大金星、男子はまさかの4失点。このオリンピックの男女の活躍度を示す結果にならなければいいがとおもう。
 どうも昨今のスポーツ界は女性上位である。スポーツに限らず世の中、バブル以降女性のがんばりが目立つのである。
男が女性化してきたのかもしれないが男女逆転の世の中になってきている。

 聞いた話ではあるが、日本の女性の長生きは世界一だそうだ。男は大病をわずらうと、ころっと逝く。長年の不摂生のせいで保たないのである。女性は日頃から健康食品やらなんやから、気をつけて、なおかつお金も使っているので大病に強い。
 気持ちの切り替えの面でもすぱっとしているので男のようにうじうじしていないのも良い。精神が安定しているのである。
 
 また、奥さんが先に逝くケースの場合では、残されたご主人1年持たないケースも多いのも事実である。
 自殺もほとんど男性のみ。交通事故死をはるかに抜いてしまった。100人ほどが毎日寂しく飛び込んでいる。これでもかというぐらいの中央線や山手線での人身事故ーぜんぶお父さん達の飛び込みである。熱海の錦ヶ浦での男女の飛び降りなんて聞いた事なくなった。飛び込みと飛び降りではだいぶちがうし,大正ロマン漂う無理心中もなくなった。女性からひっぱたかれる。「あんた、一人で逝きなさい!。」

 お父さん達は家族を想い、迷惑をかけないよう、ひとり逝くのである。住宅ローンも生命保険付きだし、家族は安心。ご供養にハワイへの家族旅行も多いと聞く。ワイキキの海岸を見下ろすホテルのスイートから「おとうさんにカンパーイ!おとうさんも決める時はきめるよね。おかあさんもこれでふっきれたんだから、またいい人見つければいいじゃん。巣鴨にお参り行かなくちゃあ!」
 会社からは退職金が出なくとも、生命保険という退職金はでるからうれしい話でもある。おとうさんいなくても困る人がいないのも事実だし、これはこれでけっこうニコニコなのかも。

 最後のおつとめが山手線へのとびこみというのがちょっと悲しいはなしであるが。
 青木ヶ原の樹海にはいってしまうと、なかなかみつからないので家族には困る話になる。駅員さんも毎日の日課になってしまっているので、現場の処理もスムーズで警察いらずでもある。たまに飛び込みない日なんてあると、「きょうは仏滅なのかよお」なんて話になる。飛び込みが一番人気なのもわかる気がする。
 
 巣鴨には男ひとりではいけなくなった。ロスのダウンタウンよりこわいところらしい。東日本のオバタリアンが集結していると聞く。昨今の中学校の修学旅行での人気スポットになっている。女子はお地蔵様参り。男子はバスの中から見学となっている。こわいものみたさで男子にも大受けらしい。
 巣鴨地蔵に寄ってから、デズニーランドにいくのが一番人気というのもわかるような気がするし、田舎からの簡保のバス旅行では巣鴨をいれるかどうかが成功の秘訣らしい。女性ファッションの発信も原宿から巣鴨に代わった。お土産の一番人気も「地蔵香水」。ごリヤクがあってにおいもよくけっこう売れてるそうである。
 
 まあなんにせよ、女性が元気だという事が世の中の平和と安泰につながるという事がこのアテネオリンピックが証明してくれるはずである。ジャンジャン!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/75008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2004-08-14 08:22 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)