総括その2

言葉足らずだと思ったんで、もすこし書いておこう。
2010年を目指すためにどうなすべきかだよナ!

決して中澤が悪かったと言ってるわけではなく、オーストラリア戦の中澤なんぞはすばらしかったわけだし、決してこれからの日本代表に欠かせないかもしれん。
だけんど、あの、サウジ戦の時のような9番みたいな選手は世界にゴロゴロいるわけで、2010年のワールドカップの本大会でベスト8ぐらいまでいくには、中澤の高さはいいにしても、スピードヘの対応という点では不満が残る

中澤をこえる選手が出てこないと。
闘莉王は決まりだろうけんど、もうひとり必要だよね。
それから阿部はいいかもしれんが、世界を相手にした時に彼のフィジカルではCBはちょっと無理があるんではないかい。
やっぱしボランチの選手ではなかろうか。
サイドはもう一度再考しないとだめだよね。

GKも川口のオーストラリア戦はよかったかもしれんが、オラはもういいなという感じ。
若い選手に世代交代するべきだ。

FWでは高原以外は目立った選手は全くだった。
高原にしてもワントップは無理だというのがよくわかったはずだ。

とにかく、10人しかいなくて、かつパクチソン等、飛車格落ちの韓国に対して点とれないのでは批判の言葉に返答すら出来ないのは当然だ。

このままではアジア止まりのチームから一歩も前に出られないのは明白だと思う。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/7223486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2007-08-01 07:31 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)