主のいない家は寂しいね!

昨日は朝6:00に自宅を出て、新幹線にて三島に行き、沼津、富士、清水、静岡、焼津とぐるぐるクルマで移動。
焼津の居酒屋でかつおや生シラスの新鮮を食らい、焼酎もガンガン行き、ふらふらな状態で磐田の実家に行く。

おふくろが放射線治療をどばどばやるというこんで病院に入院しているため、だれもあらず、静かなんだがちょっとばっかし寂しいよね!
やっぱし、あのにぎやかい声が聞こえないのは!

早く元気になって戻ってきてもらいたいと思っている。
もちろん、病院の病室ではあいかわらずいたって元気なンでどうちゅうこともなく、多少、肺がんのため、息苦しいのはあるが、なにも放射線治療なんぞする事はないと思うが、本人が「やりたい!やりたい!」と言ってるのをダメだとも言えず、「まあ、好きにしたらいい!」というこんかな

べつに頑張らんでもいいから、そこそこでいいのかなあと思っているが、治療すればするほど、小さくなっていくのだけがちょっくら気にはなる。

家ばっかしが大きくても、こどもたちが都会に出ていってしまい、ばあさん一人とかの家ってけっこうたくさんあるんじゃないかな。
人の気配のない家って、ち〜〜〜っと不気味で、昨夜は電気付けたまま寝てしまったが、かつては賑やかな声がいきわたっていただけに、ちょいとおセンチになっちまったずら!

いつもひとりでいるおふくろの気持ちを考えると、帰ったときにはおいらにしゃべりまくるのもなんだかわかるし、夜も寂しいのもよくわかったんで、せいぜい顔を出してやるべきなんだよな!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/7148407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2007-07-20 06:15 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)