42年ぶりの再会

月曜日、幼なじみに42年ぶりに再会した。
仕事でお付き合いしている会社に在籍していたのは知ってはいたので、早く会いたいもんだと思っていたがやっと実現した。
残念ながら男だけんど!

スギヤマと云って、小中学校の同級生だ。
家はオラん実家から3軒向こうなんでまあ、小学校時代は毎日と云っていいほどつるんでいたと思う。
面影は残っていた。
うれしかった。

最近思うのは、若い頃自分はどう評価されていたんだろうかということだ。
自分は多分、こういう人間だよなと決めつけがちなんで、他人から見た自分、記憶からなくなっている自分や、あんなこともこんなこともあったというこんを聞かせてほしいなと思っていた。

だから42年ぶりだし、スギヤマにも「昔、オラァどうだった?」と聞いてみた。
そしたら奴から返ってきた言葉は

「おまえは小さい時から助平でませていたよな。」
ガガガビ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!
「おまえと一緒に産婦人科をのぞいたなあ!」
「うそぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」(^_^;)
「おまえのうちにあったエッチ本をよくみせてもらったよ」
「、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、!」ガックリ

42年ぶりにあった幼なじみに云う言葉か。
普通は「勉強がよくできたよな」とか「ガキ大将だったけど家来は多かったよな」とかいうだろうに!
それが開口一番「早熟だった」はないだろうが。
もはや立ち上がれなくほどの感動だぁ

おらんうちは髪結いだったし、いまでもそうだ。
斜めうしろには遊郭があった。
そのお隣は産婦人科だ。
この3点セットはなんだか意味深だよな。
今考えるとけっこう共存していたんだな。
この遊郭を中心にしての髪結いと産婦人科は大いにありだもんな。
そんなことを考えた事もなかったよ
単体で遊郭があったとか、うちの店にその手の女性が髪結いに来ていたのはおぼろげなんだが覚えている。
連動して考えた事は、今朝まで考えつかんかったのである。

家では若い住み込みの美容師さんもたくさんいたし、女性の世界にいたのも事実だ。
そして、遊ぶのはこのあたりが中心でかくれんぼなんぞもしょっちゅうしていたのも覚えている。
かくれんぼの途中で、病院の空いてた窓に目が行ったとしてもだ。
看護婦さんの部屋をのぞいたとか、黒塀をよじ登ってみたとか記憶にないずら。
それって犯罪だぞ!
助平というよりもそりゃあ病気だぞ。(泣)
小学生がするかぁ そんないい事!
オラのあたんまんなかの引き出しには入っていんぞぉ!
ぜんぜん記憶にないだに!

スケベな本を物置にもっていって見ていたのは覚えている。
とはいえ、当時の本と云えば、髪結いの店にあったのは月刊の「平凡」やら「明星」だぞ。
その平凡やらに「ドクトルチエコ先生」のお悩み相談コーナーやら、チエコ先生のいろんな解説をみんなで回し読みしたのは覚えている。
こどもごころに「すげっぇ〜〜〜〜〜〜どういうこんずら、よくわからんがよ」
たかが平凡、明星の類いだに!
そんなめちゃめちゃすごくないぞ!

オラん頭ン中はパニックに陥ってしまった。
やっぱし、助平はうまれつきオラが背負った宿命なんだろか!
サッカーサッカーってサッカーあればあとはなんにもいらないなんてうそなんだろか。
サッカーは二の次でやっぱし、色好みなんだろうか!
サッカーで好色を押さえていたのか!
スギヤマの発言をまとめると好色は小学校からでサッカーは高校からだもんな。
なんか歴史の重みを感じるよなぁ

てなわけで、スギヤマ君とお会いして楽しいお話を聞かせてもらったんでまた会おうという話になりました。ジャンジャン!

追伸 そのドクトルチエコ先生が懐かしくなり、グーグルで先生を検索してみたら、オラとおんなじ事を思っている方がいらっしゃったんでご紹介しよう。
このかたは先生のことを保健体育の先生みたいにおっしゃっているがよ。
まだ存命なんだろうか。先生は!
違う意味で先生はオラ達の性春かもな!これがそのブログです。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/7058525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2007-07-05 07:22 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)