GS祭り

毎年この時期、ジュニアカテゴリーでは新1年生を迎えて、歓迎の意味と紹介を兼ねて、サッカーをからめたレクレーションを行なう。
それを「GS祭り」とよんでいるわけなんだが、神輿をかつぐわけではない。
長年、GSの代表をつとめているおいらを、みんなしておだててかついでいるのはそうかもしれンがよ。
毎年、いろんなことを点数につけて楽しくやっているわけである。
b0005596_5423862.jpg
b0005596_5425323.jpg
b0005596_543711.jpg
b0005596_5432625.jpg

気になることがある。
ほとんどの子がキックが悪いのである。
とりわけ、インステップキックはほとんどの子が蹴れない。
真後ろからキックに入らないで、斜め横からはいってくる。
そしてインフロントにかかっているから、ボールが横に回転し、ほとんど前に飛ばない。
サッカーのキックの基本はインステップキックにあるといってよい
一番強く飛ぶ。
だけんど一番難しいのもインステップだ。
まっすぐいかないのである。
これをマスターできれば立派なストライカーになれるはずだ。
釜本さん以来、日本に久しく、ストライカーが生まれないのもキックをきちんと蹴れないのも理由のひとつにあげてもいいと思う。
どちらかというと、曲がるほうがいいという風潮はないだろうか。
小さい時から曲がるボールを熱中して蹴る傾向がある。
別にまげてはいけないわけではないのだが、まずインステップをきちんと蹴れてからのインフロントではなかろうかと思う。

うちのチームでこの日、あすなろ大会のスナップを撮っていた時の素晴らしいキックがこれだぁ!
b0005596_5542769.jpg

きちっと伸びた足先
普通はこの足先が折れ曲がってしまう。
また足先が目標からはずれて内側に入ってくる。
バランスを取りつつも見事なまでの両手の使い方
からだの先端まで気配りの神経が通っているようだ。
こういうキックが出来ればボールにプレーヤーの魂が乗り移っていくのである。

ちょいとほめすぎかもしれんけんど、「美しい」という表現はこういうのをいうのだろう。
小3でもきちんと教えればこういうフォームが出来るんだな
いい選手になってほしいし、いい選手になれる第1歩は出来ているずらよ!
by gsfc_aoshima | 2007-07-03 05:55 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/7048468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< みんな頑張ってる 寝すぎた >>