観戦記

横浜市長旗杯が行われている。この日曜日は18区の代表による2回戦が開催され,ベスト8が出そろった。GSFCは都筑区の中川西中学と対戦したがその試合の総括。

 試合前の練習をみているとどうも汗をかいている選手が少ないし、気持ちが集中してないような気がした。案の定,試合が始まっても動きが鈍いのである。パスは精度を欠き、メクラパスも多い。
FWは前を向けず、すぐバックパスである。思わず「ゴールは逆だぞ」と叫んでいた。
パスを出したあと、見ているのでどうしても人数が足りなくなる。パスアンドゴーをきちっとやれば、どうとなく崩せる相手なのにそれが出来ない。
ほとんど見せ場がないまま前半終了。いいかげんにしろ〜!

後半もだらだら、はらはら、チャンスを生かしきれない。「こんなことやっていると負けるで!」という典型的な試合運びである。
相手もそれなりにがんばっているも、最後のシュートを打てない。
前の試合に比べると情けないほど、レベルの低いゲーム内容である。

延長に入ったら、やっとこさ目がさめたようなGSらしいサッカーで押せ押せになる。
ゴール前の大西兄の突進から相手DFがおもわずプッシングでPKを得た。きっちり決めてくれて、苦しみながらの準々決勝進出である。

まあ次の試合は本気モードでやってくれ〜!   内申書にも記入出来るべ。

出場選手採点
GK   小坂     7   安定感があり、今日は飛び出しも思い切りがあった。
DF   市川     5   相手FWへの寄りが遅く,前を向かれ、抜かれる場面が多い
     谷   5   明らかに練習不足である。最後はばたばたになってしまった
     大西弟 6   ピンチを高い打点のヘッドでかわすも声をかけないので周りとのコンビネーションが悪い
     富永    6   左サイドはほとんど崩されていない。良かった
MF    麓      5    プレーが精度を欠き,また中途半端なプレーが多い
     井上   5.5  瞬間的なスピードでボールをかっさらうプレーがほしい。なんとなくやってる感じがする
     大滝   6    中盤でよく動いているが最後ゴール前まで顔を出しても良いのではないか
     内山   5    前への突破ができない。安易なプレーが多すぎる
    (山川)5.5  もっとがつがつやるプレーがほしい
     西潟   5    気の抜けたプレーが目立った。やればできるんだから頑張ってほしい
FW   大西  5    シュートを打たなければ点とれないぞ。いい中距離シュートがあるんだからうてばいいと思う。大西らしい粘っこいプレーはPKをとった場面だけだった

まあ厳しいことを書いてしまったがつぎの試合(横浜FC泉)できちんと修正すればそこそこやれると思っている。
     
     
by gsfc_aoshima | 2004-10-26 06:31 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/702878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 地震の余波 地震の余波 >>