ああ!サッカーって難しいね

メール会員 各位

お世話になっております。早稲田大学ア式蹴球部主務の坂本亮太と申します。
本日行われました、総理大臣杯代表決定戦2回戦 vs 神奈川大学との試合結果をお知らせいたします。

早稲田大学 0(0−0、0−1)1 神奈川大学
得点: 87分(神)三平和司
  
【早稲田大学メンバー】
スタメン
1.伊藤拓真(スポ3)
20.幸田一亮(スポ1)
24.梅澤誠司(教3)
4.金守貴紀(社4)
23.藤森渉(教4)
2.塗師亮(スポ3)
7.鈴木修人(スポ4)
26.糸井正(国教4)
10.兵藤慎剛(スポ4
18.前田亮(教4)
9.渡邉千真(スポ3)

SUB
16.河野猛(スポ2)
22.岡根直哉(スポ1)
29.野田明弘(スポ1)
13.松本怜(スポ2)
12.松本征也(スポ3)
17.中川翔平(スポ2)
18.反町一輝(スポ2)


【戦評】
総理大臣杯の出場権をかけた戦いの2回戦。早稲田にとっての初戦は2部所属の神奈川大学との対戦。
4年生の数名を教育実習で欠く早稲田は、梅澤、糸井が今季初スタメンに名を連ねた。
立ち上がりは、神奈川の前線からの早いプレッシャーになかなか慣れず、本来のパスサッカーを展開できなかった
早稲田だが徐々に相手にも慣れ始めポゼッションで相手を圧倒し始める。しかし、なかなかシュートまで
繋げることができず、30分過ぎまでシュートらしいシュートを打てない。逆に神奈川はカウンターから数少ないチャンスを
決定機にし、早稲田ゴールに襲い掛かる。30分を過ぎると早稲田に流れが傾き始め、前線の選手が立て続けに
ゴールを狙うが得点には至らず、前半を0-0で折り返す。
後半に入っても流れは変わらず、早稲田の猛攻が続き時々神奈川がカウンターをかける展開が長い間続く。
それでも前半よりはシュートまでの形を作れるようになり、糸井のシュートがクロスバーをたたくなど徐々に得点への
期待が高まる。しかし、そんな中迎えた79分。一瞬のDFの油断から相手FWが一人裏に抜け出したところを
飛び出してとめようとした伊藤がエリア外でハンドの判定を取られ、一発退場処分を食らってしまう。これで相手に
与えたFKは交替して入ったGK河野が防ぐが、退場で10人となった早稲田は劣勢にたたされる。
そして、87分、DFラインが乱れ始めたところを交替で入った三平に個人技で崩され得点を許すと、その後のチャンスを得点に
することが出来ず、その1点を守りきられ、0-1と敗れた。

【次節予定】
2007年6月22日(金) 19:00 kick off
第58回 早慶サッカー定期戦 @ 国立競技場
伝統の早慶戦。絶対に負けることの出来ない相手、慶應との対戦。
全力を尽くして闘います。応援よろしくお願いします!!

以上

負けた時って、こういう文章書くのは辛いよね
オラァみたいに負けた時はしらっとして、なんも書かないでひたすら時の経過を待って、勝つまで書かないなんてことが、松本君にはデキネェからそりゃあしんどいよな。
サッカーって試合の流れの中でどんなに強いチームでも、1回や2回危ない時がある。
ずっと無得点んで来て、なにやってもゴールを割れない時がある。
ゴール枠に嫌われているというかそんな試合だ。
その1回の危ない時に入れられちゃったら、負けちゃうんだな。
どうもそんなゲームだったのではないかいな。

それから、こういう時の試合の流れとして、最初にこちら側が1点いれちゃうと、あとはがたがたっと得点が入るもんである。
そういう流れをこの試合で作れなかったのだろう。

はなはだ残念だが、しゃあないだいね。
トーナメントだけにもはや取り返しがつかんが、これを反省材料にして、気持切り替えて頑張ってほしい。
1冠は逃したけんど、まだまだこれからだし、あと2冠あるからよ!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/6960686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2007-06-10 06:01 | ワセダ | Trackback | Comments(0)