多少風邪気味だ

ここんとこ、体調がおもわしくない。
たいしたことはないんだが、多少、かぜっぴきかもな。
ついに、昨夜は声がかすれて、ほとんど出なくなった。
熱もあったので、10時前には横になっていた。
て云うか、いつもとおんなじで、洋服のまま、畳ダイレクトで掛け布団だけで寝てしまったのである。
そして不覚にも6時半まで寝てしまう。
完全に寝過ぎであるが、カラダがいうことをきかなかったのかもしれない。
声は依然かれているし、気分的にカラダが重いのは変わらない。

健康診断の結果も3日前に出てきた。
どっこも悪くなかった。
数値もとりあえず全部基準値以内だったと思う。
たばこも吸わず、アルコールも通常はなにも飲まなくても生活出来る。
カラダがアルコールを欲してないからだ。
ストレスもなく、多少、新幹線に乗る回数は多いンだけんど、すこぶる健康的な生活をしているわけだし、親からもらった能天気な性格と、異常なほどの元気なからだ。
1年に2回ほど風邪を引くぐらいで済むわけで、ここんとこのそれは、そのうちの1回という事だと思っている。

今日明日で関東大学サッカーは春の総理大臣杯の出場校が決まる。
ワセダは神奈川大学と準決勝、勝てば決勝、どちらも東伏見の人工芝とくれば、ぜったい負けるわけにはいかんずらよ!
おらん頃は、この大会はなかった。

昔は春は公式戦は一度もなくて、秋の関東リーグ7試合、大学選手権の4試合、そして天皇杯だけだった。
今は、試合数も増えて、より大学のレベルが上がってきたのはまちがいない。
関東リーグだけでも22試合だし、2本目、3本目でもそれぞれのリーグがある。
力をつけるには恰好の土俵がそろっているわけだ。
そういうのが昨今の大学のレベルをあげてきたのかもしれないな。

昔は、大学1部同士では練習試合はぜったいしなかったし、2部とやる時はレギュラーは絶対試合に出なかった。
それでも2本目でも2部には勝っちまうほどの力の違いがあった。
だから、毎週の日曜の練習試合は、今で言うならレッズ、レイソル、ジェフとはよくやっていた。
特に、レイソルこと日立とはよくやったと記憶している。
勝ちはあんましなかったが、ぼろ負けもなかったわけで、けっこういい勝負をしていたと記憶している。
なにせ、当時はサッカー日誌をつけるなんてまじめな奴はほとんどいなかったと記憶しているし、高島マネージャーもデートで忙しく、記録が多分ないというのが甚だ残念ではある。
練習記録さえわかれば、その時の練習ゲームの記憶が頭ン中の引き出しからすぐ出てくると思うんだが、引き出しを引っ張る取っ手がないことには!
オラ達の青春の取っ手がどこかにないのかなぁ!

今夜は、「勝ちました!」という松本君からの愛のメールを楽しみに待つ事にしたい。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/6957050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2007-06-09 07:33 | 恥ずかしながら直助 | Trackback | Comments(0)