天皇杯vs松蔭大学戦

明日6月3日、保土ヶ谷サッカー場にて11:00より天皇杯県予選1次トーナメントの2回戦、vs松蔭大学戦がおこなわれる。
県リーグはちぃ〜っとばっかしもたついてはいるが、この天皇杯予選は1回戦で関東学院大学戦で勝利しているんで、ここんとこは台風の目になって、怒濤のごとくグランンドを駆け回ってほしい。
この天皇杯予選は、はからずもこれからは保土ヶ谷サッカー場がほとんだ。
チームにとっては、まさにホームで地元と云ってよい。

だけんど、ケンドマイルド、シャレ云ってる場合ではないけんど、この保土ヶ谷サッカー場でうちは勝ったことがないんである。
昨年の1部入れ替え戦のかながわクラブとの死闘、そして大沢fcとの県社会人選手権決勝といい試合はするものの、敗れている。
ここがどんなことがあっても、勝利しないと、保土ヶ谷では勝てないと云う、ジンクスも生まれかねない。

地元という事は、応援も多いというこんにもつながるわけで、この試合にもジュニアのこどもたちも応援にかけつけてくれることになっている。
2週間前に子ども達は、横浜港シンボルタワーで、選手のみんなと交流を深めた。
ここは大いに、黄色い声援もあるわけで、なにがなんでも勝たねば男じゃないよね。

全員攻撃、全員守備の気持を持って、ボールを追いかけ回してほしい。
一人のサボリが、ふたり目のサボリを生む。
うまいだけでは勝てん。
自由にさせない努力が相手のミスを生む。
みんなの奮闘を期待したいだいね!
by gsfc_aoshima | 2007-06-02 04:56 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/6928822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぽち at 2007-06-03 22:05 x
選手、関係者のみなさん、お疲れ様でした。
PK戦という残念な結果でしたが、同点に持ち込むまでの展開は、
見ていて気迫を感じるものでした。ただ、同じようなパターンの失点が残念でしたね。
あればなければ、今日レベルの試合は問題なく拾えたと思います。
また観に行きますので、リーグ戦での健闘を願っています。
<< その日の回想はもちろんしてる 125人衆その2 >>