vs六浦FC戦

直助愛好会会員 各位

お世話になっております。横浜GSFCの直助と申します。
一昨日行われました、神奈川県社会人1部リーグvs 六浦FCとの試合結果をお知らせいたします。

横浜GSFC 0(0−1)2 六浦FC
得点: 
   
【横浜GSFCメンバー】
スタメン
GK、恩田(YSCC)
DF、曽根(向上高)→三浦(日大藤沢)
DF、岩間(法政二高)→江原宏(逗葉高)
DF、中里(逗葉高)
DF、入田(三浦高)
MF、武(法政二高)
MF、山崎(静岡産大)
MF、守屋(フットワーク)
MF、志連(東京学芸大)
FW、仙石(寒川倶楽部)→田巻(日大藤沢)
FW、江原巧(三浦高)

県リーグ第2節、藤沢市役所に大勝したあとの試合という事で、気持的にどうかなと思っておりましたが、やっぱし、つまずきました。
GSFCはこの試合、守備の要、三ツ橋、大空を欠き更に、田辺までも先週の練習試合のケガでDF陣の手薄が目につきます。

真夏日を思わせる、海の公園グランドです。
隣接した砂浜は若者でいっぱいです。
b0005596_4281138.jpg


相手の六浦FCは、1部の最強豪チームといっていいほどの実績と結果を残しており、県リーグは早くも2勝しており、うちがどこまで、この本番の舞台でやれるかでしたが、やっぱし強かったし、ゲーム運びに大きな差があったと思いました。
試合開始からGSFCは相手の大きな展開に対応できなく、両サイドDFが走らざるを得ない状況が続きます。
相手DFおよびボランチへのプレッシャーが少ないため、自由に大きく蹴られてしまうのが目につきました。
相手攻撃陣は時としてFWが3人に増えたりして、こちらのDFに大きなプレッシャーがかかっておりました。
そんな25分、自軍左サイドで不用意にボールをカットされ、逆にサイドをえぐられ、ニアに走りこまれ先取点を奪われます。

この相手の攻撃に最後まで対応出来なかったのが、後半の追加点に繋がれ、万事休すとなってしまいました。
後半、セットプレーから決定的な場面もあったのですが、決めるとこを決められないいつもの悪いパターンになったと思います。

また、攻撃も味方に繋ぐようなパスよりも大きく蹴るといった、意志のあまり見られないパスが多かったようにも見受けられ、単調な攻撃に終始していたと思います。
第一戦の横浜猛蹴戦のようなサッカーに戻ってしまったような気もしております。
トップにくさびを入れる場合でも、低くて速いグラインドのボールをいれて、それをさらにワンタッチで展開するような、リズムある攻撃が必要でしょう。
藤沢市役所戦の大量点をいれた後半、30分頃の攻撃は相手の足が止まった事もあるのですが、それがきちんと出来ていたと思います。
流れるようなパス回しと、最後は裏へ走り込むことで前を向いてボールを受け、フィニッシュにもっていくことが大事だと思われます

【次の公式戦予定】
天皇杯神奈川県予選1次トーナメント2回戦
2007年6月3日(日) vs 松蔭大学 11:00 Kick Off @保土ヶ谷公園グランド

この試合に勝ちますと、いよいよ2次トーナメントにはいります。
保土ヶ谷公園グランドはうちのホームグラウンドです。
ここはなんとしてもチームを立て直して勝利したいと思いますので、アツい応援をお願いいたします。
b0005596_4583755.jpg

by gsfc_aoshima | 2007-05-29 04:55 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/6913289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ハナオ1 at 2007-05-29 11:47 x
直助先輩、ご返事が遅れてすいません。創立125周年記念事業についてご迷惑をお掛けしているのであればたいへん申し訳ございません。ただ、母校を愛するお気持ちは変わらないでください。秀助先輩のように。125という数字は、大隈さんの「人生125歳説」からきています。10数年前は「早稲田凋落!」という言葉が世間を騒がせていました。その時立ち上がったのが第14代奥島孝康総長なのです。「創立時の早稲田の精神に戻らなければこれから早稲田はつぶれる!」そこで改革を1994年から始めました。創立125周年を迎える2007年を目標にさまざまな改革を推進してきました。
Commented by ハナオ2 at 2007-05-29 11:48 x
その結果、まだまだですが早稲田復活の兆しをみせているのです。スポーツもその一つです。奥島総長は、「私立大学はスポーツが強くなければなならい!」というコンセプトで、選抜入試、財政支援(現在1億5000万円予算)、施設充実等いろいろと改革を行ってきました。スポーツ王国復活までもう少し時間がかかると思いますが、先輩も実感されているのではないでしょうか。その意気込みを校友のみなさま、世間のみなさまに知っていただくために、強化している体育会にはマークをつけているのです。もちろん募金も必要です。私学助成金は年々カットされ(私学600校に対し3180億円、国公立100に対し1兆2千億円)私学として、学生のためを考え授業料を頼りにしないためにも外部資金、寄付等が必要となってくるのです。
Commented by ハナオ3 at 2007-05-29 11:49 x
ただ「寄付をくれ!」といっているのではなくて、「後輩の学生たちのためにご協力いただけませんか?」というのが本音です。われわれが学生時代過ごしたキャンパスの建物等は先輩方からのご寄付により建てられたものが数多くあります。現代の若者には、インフラが整備された建物ではないとだめなのです。黒板とチョークでは学生は満足しません。そのインフラ整備が、今回の創立125周年記念事業の一つになっているわけです。その他事業はいろいろありますが。長々と申し訳ございません。最後になりますが、早稲田大学は、理念に立ち戻り、さまざまな分野で活躍する学生を輩出することに今後も邁進努力していきますので、よろしくお願いいたします。(容量の関係のため3回に分けたことをお詫びいたします)
Commented by ぽち at 2007-05-31 22:07 x
ご無沙汰しております。日曜、観に行くつもりです。今度は是非勝ち試合を観たいです。
<< エェ!あの子が世界一かよ ア式の痛快サッカー決定版 >>