ホ抜きがズタズタにキリサカレた!

メール会員 各位

お世話になっております。早稲田大学ア式蹴球部主務の坂本亮太と申します。
本日行われました、関東大学サッカーリーグ戦1部 第7節 vs 筑波大学との試合結果をお知らせいたします。

早稲田大学 2(2−3、0−1)4 筑波大学
得点: 16分(早)兵藤慎剛(PK)
    22分(早)横山知伸
    24分(筑)室橋宝
33分(筑)金正智也
    37分(筑)小川司(室橋宝)
    62分(筑)三澤純一    
   

【早稲田大学メンバー】
スタメン
1.伊藤拓真(スポ3)
4.金守貴紀(社4)
5.横山知伸(スポ4)
2.塗師亮(スポ3))→79分 前田亮
12.松本征也(スポ3)
7.鈴木修人(スポ4)
6.中島健太(社4)→62分 糸井正
14.首藤 豪(スポ4)→62分 松本怜
10.兵藤慎剛(スポ4
8.山本脩斗(スポ4)
9.渡邉千真(スポ3

SUB
16.河野猛(スポ2)
23.藤森渉(教4)
31.幸田一亮(スポ1)
13.松本怜(スポ2)
25.中野大輔(スポ2)
26.糸井正(国教4)
19.前田 亮(教4)

関東リーグ第7節。対戦相手は前節で今季初勝利を挙げ波に乗っている筑波大学。
早稲田は立ち上がりこそなかなか自分たちのペースをつかめなかったものの、徐々にボールが
収まり始め、前半16分に兵藤が個人技でゴール前に抜け出すと相手DFがたまらずファールをして
PKを得ます。これを兵藤が落ち着いて決め、先制点を挙げます。そして、続く22分には右からのCK
のこぼれ球を横山が押し込み追加点を奪い、早い段階で2点差とします。しかし、ここから筑波の
怒涛のカウンターの餌食となります。24分に個人技からDFが振り回され打たれたシュートが運悪く
DFの体にあたりコースが変わって1点を奪われます。33分にはフリーにした選手にゴール前に切り込まれ
追加点を奪われます。続く37分にも、ゴール前でうまくパスを回され前半のうちにスコアをひっくり返されて
しまい、3−2で折り返しました。後半に入り、前節の教訓を活かし立ち上がり集中して臨んでいたはずの
早稲田でしたが、62分に一瞬の隙をつかれ、相手の10番三澤に個人技から追加点を与えてしまい、
万事休す。失点後に両サイドを交替し、その後もMFをFWに代えるなどの策を試みますが最後まで得点は
奪えず、前節に続き、守備に課題の残る痛い一敗となりました。


【次節予定】

2007年5月6日(日) vs 明治大学 14:10 Kick Off @夢の島競技場

前節駒澤大学に敗れはしたものの、昨年度の勢いを保ち続ける好調明治との対戦。
6節、7節の2試合で7失点と守備に課題の残る結果ですので、完封できるよう調整して
次節に望みます。応援よろしくお願いします。

以上

もはや、アホ式なんて冗談を言ってられなくなってきた。
今回から呼び名もきちんとア式と呼ばないと、ほんとのアホ式になっちまうでよ。
9時に家を出る。
2試合目は法政VS国士舘もあるんで、笠原監督のクルマに便乗させていただく。
笠原監督は法政の出身なんでよ。

12時から試合なんだが10時にはグランドに着いた。
ふたりともものすごいくらいの入れこみようだ。
大榎監督とも会ったので暫し歓談。
いつまでもかっこいい青年監督だぞ!

グランドコンディションも相当いいが何せ暑い。
足が止まった方が負けるのかな。
試合のほうは坂本主務の言ったまんまだが、守備陣はボロボロで修復不可能なぐらいひどかった。
寄せが甘いしと接触プレー(タックルやらショルダー)が軽く足先だけなので、プレッシャーもなく、まさにズタズタと云おうか、チンチンと云おうか、ハタメタと云おうか、まあいいようにやられた。
相手の筑波も、そんなに強いチームだと思われなかったが2点先取した事で気が緩んだとしかいいようのないくずれかたであったし、反撃するもなぜか中途半端だし、お互いに精度が悪く、ボールがスマートボールのように敵味方で行ったり来たりである。
3試合で9点の失点はチぃ〜〜ッとキツいかもな。

とはいえ、6日も試合なんでみんな気持を入れ替えて頑張ってほしいずら!
負けた時はひたすら控えめがいい!
b0005596_693250.jpg
b0005596_694753.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/6812065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2007-05-04 05:55 | ワセダ | Trackback | Comments(0)