開幕2連勝

ワセダが順調に序盤を戦っている。
大学リーグというのは力以上に、乗りとか運とかが大きく左右されるところがある。
ちょっとつまづくとズルズルいってしまうのが特長で、いったん落ち込むとなかなか這い上がれないのだ。
昔は8チームで秋だけの7試合だったのでなおさら出だしが大事だった。
今はチーム数は12になったり、総当たり22試合で結果を争うが、やっぱし序盤はほんと大事だし、今シーズンはなんとかやってほしいもんである。
悲願の関東リーグ優勝をよ!

そんなこんなで主務の坂本君から恒例のメール配信だ。
勝った時はこの場で大々的にご披露して、うっかし負けた時は静かにしていようと思っている。
それでは坂本君の論評も含めてレッツラゴー!

いつもお世話になっております。ア式蹴球部主務の坂本亮太です。
本日行われました、関東大学サッカーリーグ戦1部 第2節 vs 東京学芸大学との試合結果をお知らせいたします。

早稲田大学 3(3−0、0−0)0 東京学芸大学
得点: 1分(早)渡邉千真(山本脩斗)
    29分(早)山本脩斗
    36分(早)渡邉千真(松本怜)

【早稲田大学メンバー】
スタメン
1.伊藤拓真(スポ3)
4.金守貴紀(社4)
5.横山知伸(スポ4)
23.藤森 渉(教4)
2.塗師 亮(スポ3)
12.松本征也(スポ3)
6.中島健太(社4)
17.中川翔平(スポ2)
8.山本脩斗(スポ4)
10.兵藤慎剛(スポ4)
9.渡邉千真(スポ3)

SUB
21.臼見拓磨(スポ2)
3.中川裕平(社2)
32.岡根直哉(スポ1)
31.幸田一亮(スポ1)
13.松本 怜(スポ3)
14.首藤 豪(スポ4)
19.前田 亮(教4)

関東リーグ第2節。昨年度リーグ戦後期では0−1と負けを喫している学芸大学との対戦。
早稲田大学は第1節にスタメン出場した鈴木修人が怪我の影響でメンバーから外れ、前回控えで出場機会の無かった
松本征也が初スタメンに名を連ねました。その他のスターティングメンバーは開幕戦と同じ。
スタメンに回った松本征のサブには新入生の幸田一亮(横浜マリノスユース出身)が入りました。
試合は開始早々から動きました。相手のキックオフで始まった前半開始早々、相手のロングパスを横山がカットし、山本につなぐと
山本は前線へロングフィード。これに素早い反応を見せた渡邉が相手DFと一対一になり、冷静に一人をかわし
インサイドでゴール右隅へと流し込み、開始20秒で先制点を挙げます。エースの一撃で波に乗るかと思われた早稲田でしたが
その後はなかなか相手ゴールを脅かすことが出来ず、攻めてのないまま時間だけが経過しました。そして、迎えた29分徐々に
攻撃のペースを掴みかけていた中でゴール前の混戦から山本がうまく抜け出し、待望の追加点を挙げます。
これで勢いに乗った早稲田は36分にも松本のクロスから渡邉が今日2点目となるゴールを奪い前半にして試合を決定付けます。
3−0のスコアで前半は終了しました。
後半に入ると、早稲田は前半の勢いが嘘の様に攻め手を欠き攻めあぐねました。
後半はお互い良いところなく時間ばかりが過ぎ、早稲田がシュート2本、学芸大学が4本と守備合戦になり
スコアレスドローでした。
結果的に前半に試合を決定付けた早稲田が、完封勝利を収め開幕2連勝を飾りました。

                                                                                 以上

うれしいじゃあないかい!
2連勝ずら!
次の東海戦にももちろん勝ってだぁ、3連勝といこうじゃないの!
そして18日の法政戦にはぜったい観に行くぞ。
夢の島でチィッと遠いけんど、いい夢みさしてもらおうじゃあないの!
法政にはコウタがここ2戦サブでメンバー入っているんで、是非とも関東リーグでデビューするのをこの目でみたいのである。
出てきたら、ワセダも応援するが法政を応援しないわけにはいけないよな!

その法政も2連勝で相当いいチームのようだが、公式記録に笠原の名前が載っており、これはこれでほんと感慨もんずらよ!
by gsfc_aoshima | 2007-04-10 07:00 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/6714750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 横浜市リーグも1部昇格した サッカーの町?磐田 >>