今夜は矢島を観に行く予定です

同期の工藤からの電話で、今夜は連れ立って三ツ沢にナビスコカップ、マリノスVSエスパルスの試合を観にいく事になった。

もちろん、ふたりで矢島を観に行くわけである。
今シーズン、矢島は点を入れていない。
プロは結果こそがすべてなんで、なにがなんでも入れないといけないのは、はっきりしている。
だからこそ、矢島がゴールするとこを見たいわけである。

前節の大宮戦では後半20分過ぎに西澤と交代して入って来た。
良い落としなんぞはあったが、強引に持ち込むといったようなプレーがなかった。
今夜はとにかくぶっちぎりのプレーをしてほしいと思っている。

僕が学生時代、3級下のラグビー部に日川高校出身の藤原優という選手がいた。
もちろん、歴史に残る日本を代表する名選手だ。
相手にタックルされてもひきずってでも前に行く選手だった。
1年生ですでに日本代表で、東伏見のグランドでもタックルされてもひきずったまま、ひきちぎって突進していた。

まさにバッファローだった。「アニマル藤原」と呼ばれていたと思うが僕には猛牛にしか見えなかった。
この藤原に僕は矢島をだぶらせるんだな。
ていうか、よく似ている気がしてならないのである。
風貌も雰囲気も似ているんだな

そんな強引なプレーを矢島にお願いしたい。
味方にパスなんぞ必要ない。
どんどん、強引に持ち込んでシュート打ってほしい。
ポストする顔して、振り向きざまのシュートを打ってほしい。
藤本に落とす事はないぞ!
枝村にリターンするな!
唯我独尊、シュートだ。
お前にはそれしか選択肢がないと思え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っだ!

笑顔のすてきな君のおとうさんや、みるからにやさしそうなおかあさんはきっと、「みんなと、なかよくやってくれたらええし、ケガさせたらあかんし!」とやさしいかもしれん。
でも、その優しさに甘える事なくえげつなくやったらええ!
滋賀の大津の出なんだから、近江商人らしくえげつなく、ブイブイいわしたプレーしてほしいな。
今夜はほんと楽しみだ。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/6689636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2007-04-04 06:51 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)