春の嵐か、それとも時代の変革の予兆の嵐か!

昨夜は日本vsペルーの試合を後半16分から見る。
高原のシュートはトラップがよかったな。
俊輔を筆頭にプロンターレの中村といい、短い時間だったが若手の家長、藤本、水野も意気がよかったな!
ただ、加地のサイドはあいかわらずの手抜きだし、駒野のプレーもイマイチ垢抜けしないし、ほかに選手はいないのかね!と云いたい

それにしても、ペルーがひどすぎたんではないかい!
ボールが足元で納まりきらんし、はっきしいって南米のチームにしては個人技へただし、どうなってるの?といいたい。
コンディションが悪いのか、やる気がないのか、それともへたなやつばっかしなのか、高い金だけ払ってこれでは、川淵キャプテンなめられてんのとちゃいますかあ!

選手も15人しか来ていないといってるし、完全になめられている。
勝った勝ったとぬか喜びはできても、そんなに評価はできないと思うよ。
ペルー人の応援団なんぞはいるんだろうか。
完全アウエーで選手達も日本に勝つわけにはいかんだいね。
こんなチーム呼ぶべきではないな。
韓国とやったほうが、まだ勉強になるし、韓国なら真剣勝負で来る。
ていうか、もう国際マッチデーに海外に出るべきではないだろうか。
呼んでくれなければ、金払ってでも海外にいくべきだ。
そんな風に思いましたです。ハイ!

そして、見終わったら、コトンと逝ってしまった。
気がついたら、コタツの中で3時起床となっちまった。
あまりの風の強さで目が覚めたのである。
ただ今3時半、朝というにはちと早いが、雨も強くなってきて、ほとんど嵐状態である。
これでは、今日のこどもたちのグランドでのお別れ会も中止だな。
残念だ。

そして、保土ヶ谷サッカー場での社会人決勝はもちろん中止にはならない。
この嵐が単なる春の嵐か、はたまた県社会人サッカーに風雲急を告げる嵐なのか、後者になることを願うばかりである。

うちの選手はまだ寝ていてオーケーだよ。
グランドはすぐそこだからよ!

相模原は西から吹きこんでくる強風をさえぎるものはないだろうから、ものすごい嵐になっているだろう。
大沢の選手の皆さんは、みんなまともに寝ていないかも。
そして、国道16号の鵜野森あたりの渋滞を鑑みると、大沢の皆さんは早く起きて準備しないといけませんぞ。
電車もいけませんぞ。横浜線はよく止まるから、当てになりませんぞ。
試合やる前から大沢さんにはハンディがあるみたいで申し訳ないけんど、それも運も実力のうちということで、このぐらいのハンディをいただかないと、まともには勝ち目がないと思うわけです。

とにかく、うちらしいサッカーができればいいとおもっているし、県リーグに新しい風を送りたいもんである。
by gsfc_aoshima | 2007-03-25 03:40 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/6646591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 県社会人選手権決勝 0−1 桜も開花宣言、もうやるしかない! >>