うれしいメール

アホ式サッカー部からのメール!
うれしいじゃあないかい!
12日のインカレ女子準決勝で日体大に勝つと、アベックでインカレ決勝に進出だぞ。
もう、やるしかないな
アベックでインカレ奪取だ。
14日はなにがなんでも自他ともに認めるアホは国立へゴーゴーゴー!
チケットもタダ券いっぱいあるようだから、観たい方は遠慮なさらず、僕までご連絡下さい。

以下の通りだ。


第55回全日本大学サッカー選手権大会準決勝vs流通経済大学との試合結果をお知らせいたします。

早稲田大学 2(0−0、2−0)0 流通経済大学
得点:56分 (早)鈴木修人(兵藤慎剛)
    65分 (早)山口貴弘      

準決勝の相手は同じ関東勢の流通経済大学。
今期関東リーグでは1勝1敗と互角の戦いが繰り広げられていました。

互いにパスで相手を崩すサッカースタイル。試合はやや流経大ペースで始まりましたが、決定的な場面は作らせず、徐々に流れが変わってくると早稲田もチャンスを作れるようになり、渡邉のシュートが惜しくもバーに当たるなどしました。
両チームとも得点は奪えず0−0で前半は終了します。

後半になると、早稲田がサイドから攻める展開が多くなり、右サイド松本のクロスに松橋が飛び込んでシュートしますが、GKのファインセーブにあい得点は奪えません。
しかし、56分、右サイドから細かいパス回しで相手DFを翻弄し、最後は鈴木修が左足でミドルシュートを突き刺し早稲田が待望の先制点をあげます。
65分にはゴール正面からのFKを兵藤が蹴り、相手GKがはじいたところに山口が詰め、勝ち越し点を上げます。
その後80分、89分には早稲田が自陣ペナルティエリアで反則を犯しPKを与えてしまいますが、これをGK伊藤が2本とも止め、得点を許しませんでした。
流経大は、82分にGKが反則を犯し一発レッドカードで退場となり、交代の枠も使い切っていたため、フィールドプレイヤーがGKをやることになり、最後は終始早稲田ペースでした。そしてそのままタイムアップとなりました!

これでついに決勝進出です!決勝の舞台は平成8年以来、実に10年ぶりとなります。
この10年間早稲田は2部や都リーグなど様々な経験をしました。
その経験を経てついに在るべき場所へと戻ってきました!
優勝し、真の早稲田復活となるよう全力を尽くします!

<その他の試合結果>
駒澤大○ 2−0 ●関西大

詳しい情報は
インカレ特設HP→ http://www.in-colle.com をご覧下さい。

決勝は、1月14日(日)vs駒澤大 14:00キックオフ@国立競技場
です。
駒澤大学には、今期1敗1分と勝っていませんが、3度目の正直、
必ず勝利し日本一になりたいと思います。

OBの方には招待券をお配りしております。
また今回は招待券がたくさんありますので、ご親族、ご友人などたくさんの方をお誘いいただいても構いません。
千駄ヶ谷門または青山門にいる部員に一声おかけ下さい。
応援よろしくお願いします。

女子部の12日のインカレ準決勝の結果次第では、11:30から女子が国立で決勝を戦うこともあります!
こちらも応援よろしくお願いします。
by gsfc_aoshima | 2007-01-11 06:23 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/6320843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< うれしいメール その2 仲間と一緒 >>