元気な姿はうれしいこんだ!

仕事で浜松に行く。
終わったあと、磐田で入院しているおっかさの顔を見に行く。
肺がんに肺炎を併発して入院してから、すでに40日。

4人部屋から2人部屋に移っていた。
なぜかって?
同室のブラジル人の若い子なんだが、ブラジル男が見舞いに来ては3時間でも4時間でもああでもないこうでもないと、べちゃくちゃあしゃべりまくりなんで、頭に来て「まったくもって、うるさいだに、こんブラジル人は!」と言ったら、日本語でそのブラジル女が「ばばあ!お前の方がうるさい!」と言われたらしく、それが発端で罵りあいに発展。
ついにおっかさは「こんな部屋にはいられないだに!婦長さん部屋替えてくれんかね!」

元気じゃあないかね!
おうおう、そのぐらいがんがん言わんとオフクロらしくないだいね。
ストレス溜めてちゃぁ、治るもんも治らんだに。

そんな、病人ばかりの部屋にいちゃア、変な菌もいっぱいだから、抗がん剤で白血球も減っているわけで、容易に治らんのは間違いない。
二人部屋だが、誰も入ってくる事もなく、ひとり部屋みたいなもんだそうでよ。
婦長さんも、うるさい婆様で、他の患者さんをこん部屋に入れたら、しゃべりっぱなしで、病気がひどくなるとでも思っているんだろうな。

てなわけで、病室が替わってから、劇的に症状がよくなったらしく、真っ白だった肺のX線写真ももうほとんど全快だし、肺のガンも小さくなっているとのこんで、夕食をばかばか食べていた。
オラが買っていった「東京ばななチーズ味」も1個ぺロリだしよ
ええこんだぁ。
飯食えてリャア、くたばらん。

2週間前、4人部屋にいた時は、見舞いに来てくれた人たちに「わたしゃあ、もうだめだに!御飯もたべられん。体重が10キロ減ってもう33キロになっちまっただに!」
翌週、体重測ったら43キロだったそうだがよ!
1週間で10キロ増えるか!
10桁の3と4を間違えるな!
10キロも減ったら見舞い人に報告せんでいいからナースさんに言えよ!


今月半ばには退院できるようで、まあよかったと思っている。
オラの元気は、こんおっかさの血のおかげずら。
感謝だな!
by gsfc_aoshima | 2006-12-05 06:45 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/6145364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 国見と見付の比較論 それぞれの結果 >>