母校の見学

東京に行ったついでに、大学の練習を見にいった。エスパルスのコーチだった大榎が監督になったので、どんな具合か楽しみにしていたからである。
 まだ、現役を引退してから2年ぐらいしか経ってないので体もスリムだし、精力的に動いていた。現役よりうまそうである。学生達も監督が変わり、まっさらな目で見てもらえるのでシーズン当初なのにけっこうモチベーション高そうにみえる。
 新入生も入ってきてけっこう賑やかしくやっていた。
 今年は昨年同様生きのいいのが入ってくるので期待しよう。
 
 ジェフ市原の社長に同期の淀川君がなったとのこと。16球団で観客数最低で1試合あたり1万人いってないそうだ。3万人から2千人上乗せははしんどいが8千人から1万人にするのはそんなに難しくない。死ぬ気でやれば簡単なはずである。頑張っ
てもらいたい。
by gsfc_aoshima | 2004-02-07 19:33 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/5978139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< マレーシア戦見て発熱! 国見の小嶺監督のお言葉 >>