外池の話

ヴァンホ−レ甲府の外池から新年早々の電話がある。新年早々から挨拶してくるなんて律儀な
やっちゃである。なんじゃいGSFの初蹴りに今年も来てくれるのかいなんて思ったら
ぜんぜんちがっていた。
「サンフィレッチェ広島に行くことになりました!」
ーおいおい、そりゃあすごいぞ。たしか1年前の今頃はマリノスを首になり、どこもいくとこないと
いってのに。
やっと甲府に拾われ、1年ボランチで頑張り通した結果がでた〜〜ぁ
広島はJ1だ。このオフシーズンにJ2からJ1によばれた選手は何人いるだろうか。
それも移籍金が発生するオファーである。
甲府のフロントしてやったりであろう。本人もそうだがみんなが喜ぶ移籍である。
他のプレーヤーの励みにもなる。
彼の長男の陽丸君は小瀬のマスコットとして有名であり、サポーターにはすこしさびしいお話
かもしれないが甲府のリーグのなかでの位置づけからするとこれはおおいに「あり」の話である。
広島は遠いけど、横国で会おう!ー三ツ沢ではない
なお、このはなし、発表はまだされていないのでマスコミには話さないように
by gsfc_aoshima | 2004-01-03 14:52 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/5977126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 初蹴り 今年は磐田に行きません >>