外池選手と李園

湘南ベルマーレの外池選手とおなじみの李園に行く。

奥さんが出産で実家に戻っているとのことだが、出産予定日は今月25日で、いつうまれてもおかしくないそうだが、こうなったら10月までのあと1日頑張ってもらいたいとの事。
なんでも、10月に生まれた時は、国からの出産補助金が一気に50000円アップの35万円になるらしい。
そりゃあ、頑張ってほしいよなと、なんだが奇妙な同調なんぞしてしまったがよ。
3人目のお子が無事、生まれる事を願いつつ、ふたりでガンガン食べた。

て云うより、外池のすさまじい食欲に感嘆の声を上げんといかんぐらいの見事なたべっぷりだった。
まづ、定番の蒸し鶏の「大」を、2皿
白菜の甘酢、
イカの1夜干し炒め
トマト牛肉炒め
アサリ青菜炒め
タマゴザーサイ炒め
パイコウ炒飯
トマトタンメン

ふたりともクルマだったんでもちろん、アルコール類はなくて、水だけでバクバクだ!
オーダーはこんなとこだったと記憶しているが、このほかに1品ぐらいは頼んだかもしれん。
普通のお客さんだと、炒飯と蒸し鶏「小」でオーケーぐらいだぞ。
「残すとお店の人にも失礼なんで、全部食べましょう」ー見事なもんだ。

とにかく、このお店の蒸し鶏は絶品で、これを食べたら、中華街には行けません!!
中華街で3年間、朝から晩までお仕事していたオラがいうんだから間違いない!
その中華街で「美味しい店ありませんか」としょっちゅう尋ねられていた。
「クルマで来たなら李園がいいよ」と教えていた。
外れた事はなかったぞ。
中華街に食べにきたお客さんに中華街の外の店教えちゃうおいらもめちゃめちゃなんだけんどよ!

外池選手も30を過ぎ、微妙な立場にいるのは事実なわけで、ここんとこ、完全にメンバーから外されている。
チームも残り9試合でJ1昇格の目もなくなり、これからは消化試合になっちまうわけだ。
そういった難しい状況のなかでも気持の強さを持っている。

彼のすごいとこは、どんな状況になってもいつも前向きで、絶対めげないし、あきらめないところだ。
いつ、お声がかかってもいいように、たえず精進している。
かなりの年上のオラぁがチームの事で相談乗ってもらっているようなわけでしてね!
とにかく、節制もみごとなようだし、からだも切れ切れのように感じた。
これだけ食っても、無駄な肉がほとんどないような、からだつきだぞ

フレーフレー外池
無事、3人目が明日アタリ産まれますように!
by gsfc_aoshima | 2006-09-30 07:51 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/5780472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 磐田見附天神の裸祭り 刺身盛り合わせ3990円 >>