天皇杯かよ

大阪のキノシタサンから手紙が届いた。
中に天皇杯のプログラムが入っていた。
b0005596_7211978.jpg

付箋がついている。
あんまりきれいではない字で、「タクマ」「コウタ」と書いてある。
字がふるえている。

ていうことは、
ぎへぇ〜〜〜〜〜〜!

このふたりが天皇杯のメンバーに登録されているという事かっっっぁ!

今年、三重中京大と法政に入ったふたりだが、うれしいじゃんかよぉ!
感動じゃん!
試合に出るのも大事だが、記録に残るのも大事じゃん!
じゃんじゃんじゃんの3拍子じゃん!!!!!

おかあさんもあまりのうれしさに、オラに見せたかったんだろうな。
ええこんだよ!

うちのチームにとっても、天皇杯にメンバーとして名前が出るのは初めてだぞ。
20年で初めてだが、こつこつやってれば、そういう選手もでてくるという、いい見本だいね。
1年でそういう選手と巡り会える指導者もいれば、おらんみたいに20年かかるのもいる。
そりゃあ早くに、そういう選手を育てたいのはやまやまだけんど、そう簡単でもない。
巡り合わせという事もある。
オラの力不足もあるのは間違いない。

でも、やっと20年でこういうプレーヤーが出てくれた事は、オラ達チームのスタッフにとってはかけがえのない財産であるし、おおいに勇気をもらったというか、
モチベーション、
グぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ンと急上昇間違いない!

中京は関大に1回戦で敗れてしまったのは残念だが、法政は3回戦に進出した。
がんばってほしいな。
キノシタママ、ありがとうね!
by gsfc_aoshima | 2006-09-24 07:34 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/5743555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< サッカーやるには最高の季節だな 昭和44年夏その2 >>