朝っぱらから雷鳴とどろき、なんじゃあ!

真夏日の昨日、そして今朝は真っ暗いうちから、雷の音で目を覚ます。
昼間の温度が夜になっても下がらず、まさに熱帯夜。
そしてこのうるさい雷の落ちる音。

ちょっとばっかし、異常気象じゃあないかいな。
て云うより、世の中、おかしなことばっかしおこっているんで、なんか異常とも云えなくなってきたぞ。
台風はがんがんやってくるし、寒くなったり、暑くなったり。
台風も世界的に大型化しているし、これからどうなっていくんだろうな。
物騒な事件やらも日常茶飯事で、こんな時代になるとは思わなかった。
子ども達はちょっとしたことですぐ切れちゃうし、人を殺めるなんて引きも切らない。

学校の先生の権威もなくなり、問題を起こす先生すら出てきた。
先生に威厳があったよな。
びしばし殴られても生徒は文句ひとつ言わなかったよな。

今じゃあ、生徒が問題起こしても、先生がなんも云えなくなっちまった。
手を出そうもんなら、先生が処罰される。
生徒になめられちゃうよな。
「文句あんなら殴ってみなよ!」
これじゃあ先生もストレスたまる。

なんか違うよなあ。
それから、親も子どもを殴らなくなったよな。
殴らないまでも、押し入れやら、お蔵に入れられるのは当たり前だったよな。
中学生までは「オヤジはこわい」ものだった。

今、そういうのがなくなっているよな。
おやじというよりもおとうさんだよな。
やさしい人になってるよな。
そういえば『雷親父』なんぞの言葉はもう私語になってるよな。
そういう人っていまでは邪魔者扱いだもんな。
家庭内では孤独の人になっちまってるよな。

雷落とす人がほんといなくなった。

少年サッカーの現場で、けっこう怖い人はいる。
だけんど、サンダルで、ランニング、半パンで指示だしている監督さんはちょっとばっかし、いただけないよな。
サンダルはないよな。
怒るのはいいと思うけんど、怒る側もそれなりの身だしなみは必要だな!
それから、負けたからと云って意味なく雷落とすのもいただけない。
反省は必要だけんどな。

まだまだ、雷がとどろいている。
by gsfc_aoshima | 2006-09-11 06:09 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/5661155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 明るいガンとの暮らし 2次予選は始まっていた。トホホ >>