高円宮杯で思った事

高円宮杯U-15県1次リーグが始まった。
うちのチームはこの大会を年間を通して1番と位置づけている。
どの大会も大事なんだが、夏の合宿での成果をみるのにちょうどいいし、チームとして熟成しつつある時期なんで、そう思っているわけである。
春だとまだ、新チーム結成して間もないし、なかなかモチベーションも上がってこないのが現状だ。
今年の1次リーグは5チームでの戦い。
だんだんチーム数も増えてきて大変な数でのにぎわいだ。
うちのブロックはジェニオ青葉、綾瀬中、上溝南中、大和中、そしてGSFC。
この26日から始まってすでに綾瀬に1−3で敗れている。
27日の上溝南に敗れると、2位までに入る事は絶望になるんで、なんとしてでも勝たんとならんわけである。

出発前に集合段階で庄司コーチよりハッパとゲキが飛ぶ。
ほとんど怒っているんだがよ
中学生はといえば、その時はもちろん神妙ではあるがクルマにのっちまうと携帯をカチャカチャやりだす。
まあ、今時の子どもはこんなもんかいな。

グランドに到着したら、またしても再度の庄司コーチのゲキ。

こうなったら、オラも一発かまさんといかんと思って、3年生を招集する。
オラは庄司コーチのようにボロクソには言わん。
「いままでで今年のチームは一番強いと確信していた。
集中さえすればおまえらならできるぞ」ととりあえずのほめ殺しだ。
そのあとは更に石川監督の駄目出しがあったようだな。
集合の笛がかかっても体育館のかげからでてこない。
この体育館の裏に行くのがいいんだな!
気合いの一発の蹴りがはいったんかいな。
あるいは気合いの張り手がはいったのかは定かでないがよ。

結果は前半は0−0だが相手にシュートらしいもんは1本も打たせない。
後半は1点先取して、PKで追いつかれるも、相手の足が止まって追加点。
結局、最後まで集中力が途切れず、相手にサッカーをさせなかったし、こちらの動きだしやら、労をいとわないつぶしがあったことで相手に走り勝ちをしたということで、完勝じゃあないかよ。
やれば出来るじゃないかよ。

次の試合も体育館の裏に連れて行ってカツをいれたらいいな!
大事な事である。
持ち上げたり、落としたり、はたまた褒め殺したり、まあ今日の中学生をその気にさせるのは大変な事であるわけでしてね!
b0005596_229961.jpg
b0005596_2293932.jpg

とりあえず、行きも帰りも、オラぁがクルマになった輩どもには一応、アイスなぞを配ったりして機嫌をとったことも報告させてもらいますわ!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/5576957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2006-08-28 23:27 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)