李園でぱくつく

みなとみらいサッカーパークからの帰り道、ていうか寄り道して、おなじみ「李園」にいく。
元町から本牧に行く通り、トンネルを抜けて、信号7つ目の左側、赤い看板の小さな店だ。
クルマは夜なら通りの路上でも大丈夫だと思う。

教え子たちと4人でいく。
Jr.ユース監督の竜太、ジュニア6年コーチの太一、そして法政現役1年の嵩太と。
李園はあいかわらずこんでいるが、運良くテーブルが空く。

おいしそうには撮れていないが、とりあえずご紹介
もちろん、「蒸し鶏」だ
いくらでもおなかにはいる。絶品だ
b0005596_6282124.jpg

次は「エビ、いか、アスパラ炒め」
これもいけるぞ。
b0005596_6292163.jpg

「モツねぎピリ辛炒め」
おらの一押しだ
b0005596_6301921.jpg

お次は「えびはるまき」新メニューだ。
「めちゃんこプリンプリンですよ」と太一がのたまう
b0005596_6311869.jpg

そして、定番の「トマトタンメン」「岩のりタンメン」と続く。
b0005596_6331086.jpg
b0005596_6332570.jpg

食べ始めたら、写真も撮るのも忘れ、一同がっつく。
これを食べたら、他のチャーハンは食べられないと云う「パイコウチャーハン」
「チャーシュー冷やし中華」もオーダー
そして、冷やし中華を平らげた嵩太が別腹でまだいけるということなんで、さいごに
「エビ入チャーハン」を食べる。
オラは満腹だったが、嵩太なんぞは頼めばまだいけるような感じだったが、ほどほどにしとかないと際限がない。
若い時って、食べたはなから、消化するんで、いくらもたべられるのである。

ひたすら食べたので、30分ほどで店を出る。
この店は、ゆったり食べるという雰囲気はなく、料理が出たら、おしゃべりする間もなく、食べないといけない。
10皿食べた。
お値段もおてごろで8000円。
もちろん、ビールも紹興酒も飲んでいない。
ひたすらたべるためである。

思い出すとまた行きたくなるなるだいね!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/5339649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2006-07-27 02:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gsfc_aoshima at 2006-07-27 05:57
コメントありがとうございます。嵩太君頑張っているようです。マリノスとの練習試合よかったです。だから、その後の早稲田戦のは、てっきり出ると思ってました。
今は、夏のオフで7月いっぱいは横浜にいて、中学生を教えてくれています。
Commented at 2006-07-28 15:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by gsfc_aoshima | 2006-07-25 06:49 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(3)