欽ちゃんのこと

欽ちゃん球団の事って、けっして他人事じゃあない。
競技は違えど、同じクラブチームなんだし。
まして、オラ達のチームはトップチームは社会人だし。
それが強いとか弱いとか、あるいは有名チームだとか無名チームだとか、で判断するンじゃあなく、いつも緊張感は持っていないとね!

今回の1件でも、詳細はわからなので、安易な発言はいけないけんど、ここまで事が大きくなるなんて思っても見なかったということかな。
だからこそ、制裁があったということだな。
でも、欽ちゃんチームは残ってもらいたいな。
いままで光が届かなかった野球のクラブチームに一筋の風穴をあけたもん。
あとに続くひとたちが出来てきたもんな。

それにしても野球って、あれだけチームが多いはずなのに、クラブチームで登録されているのはわずか230チームなそうな。
サッカーの組織がすべていいとはおもわないが、野球ももうすこし、プロを頂点としたピラミッド型の組織にかえていかないと、発展はない。
プロ野球界こそがもっと謙虚になって、少年の育成や、社会人への還元なんかをしていかないとあかんとちゃいますか。

OBのひとだけでは限界があるとおもう。
現役選手こそがオフシーズンはいそがしく地域のひとたちと交流の輪を広げて、野球の普及をする必要があるな。
けっこうサッカーってそういうことやってるもんな。

せっかく欽ちゃんが野球界に風穴をあけてくれたんだから、みんなで考えた方がいい。
いろんな議論をすればいい。

そういえば、あの野茂のつくった「のもクラブ」もがんばっているんだろうか。
大リーガーの大家投手もクラブを立ち上げたんだよな。
長嶋さんなんかを北京にはめこもうなんて話があるようだが、こういうクラブに長嶋さんが入り込んでくれたら、カネも選手も集まるのはまちがいない。
いい話になるのにね!
野球が変わるかもな。
by gsfc_aoshima | 2006-07-21 05:25 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/5310645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 保土ヶ谷大会Lの部始まる 荒井コーチと飲む >>