イタリア119分目のドラマ

ほとんどPK戦かと思っていた残り1分。
こんなドラマが待っていようとは凄すぎる!
デルピエロが出た時、なにかの予感があった。

1点目のピルロのスルーパスからグロッソのシュート
絶対とれない。
あすこにDFのグロッソが入ってくるか!
あの時間帯でよ!

そしてカルナバーロからジラルディーノそしてキープからはしりこんだデルピエロ
見事なまでのタイミングのいいシュート
これも絶対レーマンがとれないコース

あれじゃあドイツ国民にしてもドイツの選手にしてもあっぱれすぎて文句のつけようがないよナ。
なまじPK 戦で敗れたりするよりよっぽど納得できるドラマではなかったか
凄すぎて言葉も出んとはこんな事なんだろうな。
今大会、最高のゲームだ。

明日のもうひとつの準決勝はどんなドラマになるだろう。
楽しみだ!
by gsfc_aoshima | 2006-07-05 06:45 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/5188477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< フィーゴとジダン 世界の中田ヒデ >>