仲間の死

朝から衝撃的なニュースが入った。

ラグビーの宿沢がなくなったというニュースだ。
今朝も早よから起きてからに、イタリアvsアメリカの試合を見る。
すさまじいほどの試合で3人の退場者は出すわ、アメリカのとどめのシュートがオフサイドになるわ、まあ、今朝も堪能させてくれた。
その試合後、感想でも書こうかと思ってなにげに、インターネットのニュースを見始めたら、この記事だった。

宿沢は大学の同期だ。
ご存知の通り、宿沢は日本代表のSHであり、日本代表の監督を務め、住友銀行のエリートサラリーマンでもあり、まさにオラ達の鑑のような奴である。
まさに、オラなんかとは高対照の位置にある。
すべてにおいてだ。
勉強出来るし、ラグビーめちゃくちゃあうまいし、おれがおれがというタイプでは無し、
謙虚だし、いつもにこにこしているし、おこった顔を見た事なかった。
髪型なんか気にせず、18のときから変わっていなかった。

まあ、オラが勝てるのは身長ぐらいだ。
学部は違うけんど、部室は隣、グランドも隣だった。
「大学出てから25年」という体育会のクラブ卒業者が集まった飲み会をやった時に、同席し、いろいろ話をした。
今から8年ほど前のことだ。
懐かしく、大いに飲んだ。
その時の、にこやかな顔が浮かんできて、たまらず切ない。

まだまだ、日本ラグビーにはなくてはならない人材だったし、ラグビー協会の会長は既定の路線だったし、ひいては日本スポーツ界の今後を背負ってたつ人材のひとりだった。
登山中に倒れたというのも宿沢らしいが、ほんと残念でならない。

ラグビーの1年生に無名で牛若丸みたいなのが入って、もう、1ヶ月でレギュラー取っちまったという凄い奴という思い出は消えない。
ついこの間は、水泳部でインカレもとった新井到君が亡くなったばかりだ。
あまりにも早い旅立ちだ。

合掌
by gsfc_aoshima | 2006-06-18 06:40 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/5046185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 第2戦も消化不良だよな 開幕から1週間 >>