昨夜のつけたし、ナビスコ初戦

ガーロのサッカーが悪いとは云ってない。
ガーロがいいなと思っているシステムでも、選手達がついてこれていないという事だな。
ルーカスがあの調子だとちょいと厳しいかな。

川口も裏に走ってチャンスを作っていたが、90分通して同じようになはなかなか出来ない。
スピード系だから、前を向いたときは強いが、足元はけっしてうまくないし、ジュビロにいたときでも、あくまでもスーパーサブ的な使われ方をしていたんで、90分先発で、ましてフルとなると
、まだまだ未知数な分野ではないかいな。

ルーカスに関してはワシントンと比較しちゃあ、いかんだろうが、ためが出来ないし、前向いてもスピードないしと、これでは、点入らん。

それから、昨夜も云ったように、今野がエスクデロ、ジャーンがワシントンにワンマークなんで、
中盤で、今野の良さは消えるは、まんなかがら空きで、レッズにいいようにやられていたぞ。
惜しい場面もあった。
でもそんな事云えば、レッズはもっと点が入ってもよかったといえちゃう。
サッカーの質という点でレッズと大きな差があるということだ。
Jリーグの次節はマリノスのようだけんど、これではマリノスにチンチンに回されるのは必定だ。
10回やれば、1回ぐらいはレッズやマリノスに勝てるかもしれない。
でもあとの9回はやられる。
フロントもこのままでいいとは思えないのだがよ。

ところで、エスパルスの新人、矢島が初得点を決めたようでうれしい限りだいね。
こいつは、将来の日本を背負って立つ逸材だと思っている。
CFとしての風格がある。
タッパがあって、スピードと柔らかさがある。
普通のパターンはスピードと剛となる。
分かりやすい表現ずら!
こういうタイプのFWは日本にはなかなかいない。

だから、おらぁ期待しているわけで、釜本さんとだぶってくる。
まあ、あそこまで(右45度みたいな)、シュートのツボみたいなもんはないかもしれんけんど。
タイプ的には似ていると思う。
次節が楽しみでだ。

この調子だと徳永、矢島、そして学生NO1にのしあがった兵藤の、3人に連名で書いてもらったサインも貴重になってくるというもんずら。

オラぁがモノを見る目は近眼かつ老眼で、ひっちゃかめっちゃかだが、サッカー選手を見る目だけは、だれよりも、いい目をもってると自画自賛しちゃってごめんなさい。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/4316260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2006-03-30 06:16 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)