森顧問、ベンチに座るその2

笠原さんが監督に就任して2年目の春、こんだけ一生懸命、頑張ってくれてるんでなんとかせにゃあと思っていろいろ考えた。

監督はFマリノスの前身である日産サッカー部のOBだ。
加茂さんが監督で、清水さんやら、水沼さんやら、和司さんがいた黄金時代のメンバーだ。
森顧問が三菱にいた時,戦ったことがあると森顧問も云っていた。
b0005596_615181.jpg

もう、GSFに関係してから10年以上がたつ。
GSFのジダンとも云われている。
サッカーの虫だ。
サッカー好きさではオラ以上かも。

森さんとも、7年ぐらい前から,五光牧場でのジュニアの森杯を通じて顔なじみでもある。
だから、ここは森さんしか選択肢はなかったのである。
うちのチームを森さんもよくご存知だし、ひょっとしたらとも思ったが、万に一つでもと思って、接触をしたわけである。

栄区の住友電工のグランドは前日の雨で田んぼのようにぼこぼこだった。
野球兼用なんで外野の一部に芝生が残っているが両翼にわずかだけだ。
森顧問グランドを見て云った一言
「直助、草が生えているなぁ」
「一応芝なんですけど」
「芝かぁ!」

土のグランドでのサッカーなんぞはここ何年か見てないんだろうな。
観客席のない試合も見た事ないし、クラブハウスはどこにあるんかいとも云っていた。
「そんならもん、ありゃあせんだいね!」
「ロッカーもないんかい?」
「もちろん、ありませんよ。トイレはグランド脇です。」

ベンチといってもさびついたシロモノで、雨に濡れていた。
座ったらびしょびしょになるんで、GKの小林の持ってたタオルで拭いちまう。
小林、あぜんとするもこの際、どうちゅうこともない。
「森さん、座ってください」

まあ、まさかこんなに早く、グランドに来てくれるとは思っても見なかったんで、こちらサイドの対応もそりゃあ準備不足は否めないのは仕方なかった。
でも顧問、けっこう喜んでくれたかもな。
選手達のいきいきした姿をみて、寒かったけど、楽しんでくれたかもな。
サッカー選手にうまいへたはあっても、サッカーが好きという点では、Jリーガー以上なんて
ごろごろいるはずだしよ。
先週と違って、ほんと活き活きやってたもんな。

昨日も云ったけんどよ、
Jリーグの元監督がふたりも関係してしている県レベルのチームなんて絶対ないぞ。
県の上の地域リーグでもないぞ。
JFLでもないかもしれんぞ。

今井はJ1のときのフロンターレの元監督、現台湾代表監督
森顧問は、日本代表監督、初代レッズ監督、アビスパ福岡監督だぞ。
FマリノスでもレッズでもGMだった。
ブッフバルトを連れてきたのも森さんだ。
日本代表監督のときのプレーヤーと云えば、原や加藤久やら、和司さんやらだったはず。
ワールドカップも韓国に敗れたもののあと一歩だった。

いくら、オラが詐欺師みたいに口うまいといってもだ、相手だって、そのぐらい読めるって。
まして、オラがいい条件なんて出せるもんかい。
ていうか、条件なんてだせないずら。
カネなんにもないんだから。
出しようがないだいね。もう威張って云うしかない。
「顧問していただけませんか」
オンリ−ワンだ!

森さんから云われた一言がある。
「俺みたいのが入って、みんなに迷惑にならんか?」

もう声がなかっただいね。
人間の大きさやら、格の違いを感じた。

いつか、こういった地域で頑張っているチームを見てみたかったともいわれた。
きっとタイミングも良かったんだと思う。
これ以上の笠原監督への支援はないはずだ。

たぶん、そう遠くない時期に川淵さんに取って代わって、日本のサッカー界をリードしていくのは間違いない。
それまでは、オラのチームで身柄拘束だぞぉ。

横浜GSFCコブラではいま、あり得ない事が起っている。
一昔前、社民党の党首が全盛期だった頃、云ってた言葉を思い出す。
「山が動いている」
まさに、今のうちのチームがそれだ。

高い志を持った選手を募集しています。
アツいハートのある若者を募集しています。
だけんど、生半可な気持じゃあついてこれんぞ。
今いる連中も必死なんだからよ!
b0005596_6473850.jpg

森顧問には美人がよく似合うなあ。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/4284248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2006-03-21 06:47 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)