国内リーグで56500人かよ!

スコットランドリーグ、セルティックVSフォルカークの試合を見る。
結果は2(0−1)フォルカーク

あいかわらず、中村俊輔のタッチの柔らかさ、廻りを見れる高い能力、ボールコントロールのうまさ、正確さには脱帽だ。

また、メンバーもロイキーンが入って、中盤の底が安定したし、FW以外はほとんどメンバー固定で、どこへ出したら、誰が走るか、理解度が相当高くなっているので、面白いほどうまくボールが廻る。
キーンからナカムラ、右サイドのシェルファーの上がりを待っての柔らかいパス、そして中へのクロス、ゼラウスキーのシュートと絵に描いたような場面が後半、連続して続く。

ここで、入れなかったのが終盤の失点と、最後のドタバタに続いた。
どうも、終盤になると、DFラインが安定しない。
前からのボールに強いんだがサイドからのくずしに極端に弱いし、オタオタブリが非常に目につく。
俊輔が、トンプソンに変わってのすぐの決定的な相手のシュート場面はまさに、ここ2戦のオタオタを象徴するかのようなシーンでもあった。
ゴール横をころころ抜けていって助かったけんど、完全にやられたと思ったほどであった。

俊輔は得点には絡まなかったけんど、あいかわらずの個人技の高さはチーム一なのは間違いない活躍ぶりで、まさに「お金のとれる選手」だとおもう 。

それにしてもだ。
2月の一番寒い時期のそれもナイターでだ、56500人もよくまあ見に行くよな!
もう感動もんだよな。
スコットランドは寒いぞ〜〜〜〜〜!
行った事ないけど絶対寒いはずだ。
ロンドンよりずっと上の方なんだからよ。
ロンドンはこの時期は行った事あるんでわかっている。エヘン!

グランド状態は素晴らしいし、スタジアム全体の雰囲気と言うか環境はほんと申し分ない。
埼玉スタジアムよりはぜったい良さそうだ。
なにが絶対いいかと云うとだ。ゴール裏がいいのである。
サッカー場で一番大切な場所、それはゴール裏だと思う。
サポーターが気持よく応援できるゴール裏がセルティックのホームスタジアムにはあるような気がするのである。

最高のスタジアムと、最高のサポーター、そしてスコットランドで一番裕福なクラブで、思う存分ボールをさばく事の出来るナカムラは素晴らしいなあ。
だれがお膳立てしたわけでもなく、本人の努力以外のなにものでもないのは間違いない!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/4133184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2006-02-09 07:21 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)