平山の決定力

エールディビジョン第17節 ウィレムvsヘラクレスの一戦を27:55分から見る。
朝3時起床だ。
まあ、風邪ッピキで21時には寝たんで、3時は自然と目が覚める時間でもある。
格段、平山の試合を見るために起きたのではなく、確か、ヘラクレスの試合が有るよなあという感じである。
結果は、ウィレム1(1−1)2ヘラクレス
決勝点は平山

この試合はどちらも出来がほんと悪かったぞ。
パスが3本つながらない。
野洲のほうが正確だぞ。
平山も前半シュートなし、ていうかまともにパスが来ん!

65分、右サイドを上がった7番からゴールフォアにいた平山にクロスが上がる。
ドフリーの平山、ヘッドだと思ったら、ジャンピングで胸トラップ。
正確に下に落としてサイドキックでGKのまたの間を通して、決勝点となる。

平山の働きはこれ1回と云ってもよいだろう。
でも絶対、マンオブザマッチは平山だいね。
なんなんだろう、この決定力は!
これでは、ボス監督もレギュラーで使わないわけにはいかんずら。
相太君!
どこかの日本代表のFWにシュートの仕方を教えて上げたら!

このシュートのあとはやっぱり味方もゲンキンなもんで、平山にボールを集めだした。
最初からきちんとパスしなさいよ。

やっぱり、FWはシュート決めてなんぼの世界だ。
いいわけばっかりでははなしにならんぞ。
ジーコも一度、平山でもなんでも新しい選手を使うべきである。
競争の原理が今の日本代表にはなくなっているし、スポーツの世界は結果が全てであるはずだ。
強い選手が試合に出る。
これだと誰も文句が出ない。
1年前はよかったんだがというのは評価の対象にならんだいね。

高原がジュビロで得点王になったなんていうのは古すぎて忘れてしまったぞ。
その後、何年たったかしらんが、以後はもうボロボロだもんな。
活きのいい、旬のプレーヤーを大抜擢したらいい。
FWは特にである。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/4020639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2006-01-12 06:16 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)